ブログの様式

かつてブログを自宅サーバーで作っていたころの木目の画像はなくなってしまった。角丸のUIはベニヤ板が元になっていた。ブラウザの白い画面をベージュにしてテキストを読みやすくしたりと、それ自体は何ともなかったし、またデザインのセンスも必要ではなかったが、素養にはなるのかもしれない。movableTypeというPerlのCMSがPHPによるwordPressに比べて、HTMLファイルが実ファイルであるので、バックアップしやすいという仕組みも、サーバーやPHPのアップグレードによって、更新されていった。

キャタピラ式のモデルといえば、ジブリ美術館で買った、おもちゃの戦車のプラモデルを組み立てていたことがあった。プラスチックの爪を集めるとピアノの鍵盤のようなキャタピラになり、砲塔は中世の小屋が山に着いたような、まるでハウルの動く城の模型のようなものだった。プラモデルにはモーターは付いていないので自走することはできなかったが、動きだしそうな造形ではあった。そのプラモデルは塗装にラッカー系塗料を使い、ピアノのように白と黒に色分けしていたが、結局完成することはなく、数年後に中国から輸入したraspberryPiとモータードライバーに使ったキャタピラクローラーでその面影が蘇ることになろうとは思わなかった。森博嗣の科学読本というQ&A集に、キャタピラー式の乗り物がタイヤの自動車に比べて操作性が確保できるかという点で、2つのモーターを交互にコントロールできれば、科学的に道路を探索可能と記載があり、ブラウザ上にファミコンのように十字キーとブレーキを付けると、無線の伝わり方にもよるが、おおむね操作できそうだった。またキャタピラーはショベルカーなどの作業用車に使われることがあるが、バイクの前輪がタイヤで、後輪がキャタピラーという変わった乗り物もある。ともかくかつてはキャタピラーをひとつずつジョイントさせていたので、プラスチックのキャタピラーも、1ブロックずつ長さが調整できるようになった、とはいえ、微妙にベルトに撓みがあったほうがモーターに負担が掛からないようだ。森博嗣は、ジャイロモノレールのようにモーターの回転がバランスをとるのに有効だとしてその復刻を手掛けていたり、蒸気機関車を再現したりしているが、キャタピラー式の乗り物が意外にもエコロジーで、作業用だけでなく乗用車にも活用できることに着目できる観点があったことは想定されていたかはわからない。キャタピラー式のセグウェイがもしあったとしても、公道を走れずラジコンと同じ扱いになるけれど、自転車や自動車、電車だけが人や物を運ぶ乗り物とは限らないと考える。

続きを読む ブログの様式

特長を養う

社会人になってから、経験を通じてわかったこともあるけれど、もともと何がしたいかはあるいは、学生の頃にできることもあるのかもしれない。とはいってもそこまで勉強ができたわけでもなく、たたけば埃がでるようなものではあるけれど。僕はもともと引っ越すことが多かったので、あまり学生生活が馴染まなかった。進学校に行ける塾のことは、高卒の先輩がよく知っていた。勉強ができて、リーダーシップもあるような人もいるけれど、そういったケースは稀で、大抵はどちらかに偏っていた。部活に一生懸命になっていた頃や、またはそこから塾に通いだした頃を繰り返しているような感じだった。そうしてぼんやりと、特長を培っていったところがあった。

僕はしばしば勘違いをする、それは何かを失うこともあれば、返って思いがけないことが見つかることもある。一方で勘違いが少ない人は、常に他の誰かが気にかかっているのかもしれない。学校にはまっすぐ行ってまっすぐ変えるような、やや寂しい時代が続いた。当時のゲームはまるでヤクザのような台詞回しで、小説や詩ならそれが緩和されるかと思ったらそうでもなかった。その頃から変なように標準語を使うようになって行った。それでいい人を演じたいと思ったのだ。ちょっとしたことでからかわれて、よく泣かされていた。そのせいか、あまりドラマや漫画で感動する頃には涙が乾いていることがしばしばあった。

パソコンはワープロや家計簿くらいしか、活用の方法がなかった。ゲームに出てくるドットグラフィックは、絵の具やキャンバスが無くてもカスタマイズができたものの、それがどのような仕組みで動いているかを理解しても、それをパソコンとは別の実機にプログラムを移すような術を知らなかった。当時では図書館の貸し出しや検索システムが、データを扱う一般的な事例だった。それに比べると教科書に載っていることは、やや画一的で、時代の流れに沿って変化するほうが継続的な学びになると思われた。とはいえ変化の先端には、常識を覆すような新しい慣習が試みられていることも往往にしてある。

webサイトに必要なHTMLタグは大学の情報と、専門学校で基本的なところを学んでから、専ら検索サイトで調べていた。当時は施設の様子をデジカメにとって、それをホームページにまとめるという作業をしていた。隣ではカーテンなどの寸法をデータベースに変換していた。どうにもホームページビルダーのドリームウィーバーというツールが似合わなかった。データベースにも興味はあったけれど、それを教えてくれるような雰囲気でも無く、データを学んでいる場合はビジュアルが必要になり、ビジュアルを作ろうとする場合はそれを補強するデータが必要になるというどっちつかずの構図があった。それでも学生の頃にある程度自主的に何気無くしていたことが、社会人になると挫折や嫌がらせという通過儀礼が必要になることを、僕はまだ自分がそうだったとしても他人にもそれを強要する気になれなかった。おそらく世間は階層化しており、自分が苦労したところが楽にこなせることもあり、それがもしかすると効率化の助けになることもあるかもしれない。

続きを読む 特長を養う