蕎麦つゆとポンプ

こちらから連絡しても、繋がりにくいこともある。催促に感じられてしまったならすまないと思っている。電話番号が登録できたのは、weiboとQQとwechatが可能だったが、他のサービスでは事情が分からない。家族のLINEはクリスマスに届いたことを忘れていたが、メッセージを送ったものはなにか返事を期待しているのかそわそわしてしまう、そういうときにかぎって空振りもしばしばある。スマートフォンでできることは、写真を撮ったり、文章を書くことくらいだ。OPPOのColorOSが国内の第四のキャリア、楽天モバイルのWiFi無線に対応したアップデートを施してくれた。バッテリーはiPhone6sのときに比べて1日持つようになったこともあり、androidでできることを模索しているのかもしれない、しかしながらけして不正なことをしているわけではない。今までがandroidで中国語のアプリケーションがインストールできたことが偶然の産物なのかもしれない。

デジタル式の秤は単四の乾電池で動くようだ。microUSBで充電するタイプの乾電池を2本入れて繰り返し使えるようにした。デジタル式の秤は乾電池でも防水性があり、丸洗いができるようだ。その秤を用いて調味量を測って、ザラメ糖とみりんと醤油でそば汁の素を計画的に作ってみることにした。醤油は200mlに対して、ザラメ糖を50g、みりんを100mlそれぞれ鍋で温める。今までのように感覚でその都度すこしずつ加えていくと、どれくらい足したら十分かを判断しきれないために、全体的にやや醤油がしょっぱくなってしまうが、ある程度分量を決めてから、調理すると今までになく味の角が取れてまろやかになった。蕎麦つゆだけでなく、お刺身や海苔巻きの付けつゆに使っても甘みがコクになって、ただの醤油を付けるより深みが出ているように思われた。またそのレシピは調味料の比率をもとに味を再現することができる。蕎麦つゆのかえしは、和風だけでなくほかの調理にも応用できるため、ただ醤油を甘くしただけなのに、なにかと入用になる。まただし汁は厚削りを用いている。花かつおにすると出汁をとったあとの出し殻がのこってしまうため、それを無駄にすまいとして厚削りにしている。

続きを読む 蕎麦つゆとポンプ