付箋と受像

デジタルカメラとスマートフォンの関係は、微妙なところになった。デジタルカメラでは高解像度になるが、小型のアクションカメラGoProHero7でも、視野を固定する装備が必要になる。それに比べると、スマートフォンの2014年から2017年くらいまでのモデルは、リチウムイオンバッテリーも小型で、液晶画面のサイズとポケットに収納しやすさからして、バランスがいい。確かに最新のスマートフォンでは、カメラも高精度になり液晶も小型テレビのように大きくなったけれど、それに伴ってバッテリー消費量も増えてきた。パーツショップに足を運んだ時、ポケットに電子タバコにつかう単三乾電池より一回り大きいリチウムイオンの乾電池を6本片手にもって、それを購入してレジ袋に入れて持ち帰り、半田で保護回路を付けて、およそ合計で50wの電力バッテリーにして、キャタピラクローラーのバッテリーにしていたことも懐かしい。今では最新の動向をチェックしてPSE認証のついたリチウムポリマー電池のモバイルバッテリーに換装している。最近のスマートフォンに替える前に、デジタルカメラの設定を学ぶためにGoProHero7を購入した。ちょうどブラウザやPDFの閲覧は、従来のスマートフォンでも可能だけれど、カメラの部分だけを単体で動して検証しようと試みた。スマートフォンのバッテリーの大容量化は、ここ数年で起きたことだった。

また、ワードで数百ページのドキュメントを読むことは大変だけれど、キーワードや付箋を付けることで検索のようなことができる。かつては分からないことがあったら辞書で引く、辞書は50音順になっているので、しおりを挟んだ位置がほぼ検索結果と同じようになっていた。いまではインターネット上の検索結果は、マスメディアの影響や、それを伝えようとする人物の思惑もあってか、体系的にはなっていない。かなりの部分が断片的で、いつでも、またどこでもアクセスできる代わりに利用者が想像で補っている部分もある。辞書や本に付箋を貼ったり、アンダーラインを付けることはデータベースではないけれど、見慣れないものや知らない単語を理解しようとするために必要な記録ではある。本に折り目を付けると跡が残るので、変更可能な栞にする、栞はページに応じて位置と枚数を変えていく。

続きを読む 付箋と受像

デジタルカメラとDIY基盤

カメラを持っておくことで、風景を撮ったり、なにかのときに役に立つと考えた。一眼レフカメラはレンズを選んだことが無かったこともあり、スマートフォンのiPhoneでも高解像度の写真を撮ることができる、ホワイトボードやメモ帳に書いてあることを画像にして、後で見直すといった文字を画像にして取っておくというような使い方もある。

WebカメラとraspberryPiを繋げてブラウザにプレビュー画像を送信して、キャタピラー式のクローラーに載せて、クローラーの目の代わりにしたことがあった。ブラウザは基盤にも画像ビューワーにもなった。また軽量化したバッテリーを含めた稼働時間は3時間と長く、webカメラの画質も多少ぼやけることがあっても見えるくらいだった。肉眼で遠景を見たときより、ブラウザとwebカメラ越しに見た状態では視野の範囲が狭くなっていた。

そこでGoProというアクションカメラをスマートフォンとは別のデジタルカメラとして一台持つことにした。スマートフォンでは取ることができなかった写真の詳細や、夜景などの光源が限られているところの写真を残してみたい。また、カメラを勧めてくれるユーザーや、家電量販店のサポートも手厚く、スマートフォンの最新機種からカメラの機能だけに特化したデバイスを持っておくことを支えてくれた。店舗ではメモリーカードが付いておらず、wifiを経由してスマートフォンと連携するという仕組みを確かめることができたものの、実際にどのような画像が取れるかは、持ってみないと分からなかった。

デジタルカメラとスマートフォンは光学センサーの様式が似ているので、レンズや液晶ビューでは、スマートフォンと同じように保護ガラスを付ける。スマートフォンでは三脚を持っていくことがほとんどないが、カメラの位置が固定される状態で起動するとピントが合わせやすくなる。GoProのネジはホームセンターで合わせるとM5ネジで、M3より二回り大きい。またM5でもプラスチックネジや、フラットネジがあるようだ。三脚は足の長さを個々に調整することで、水平でない場面でも水平な視座を獲得する、アクションカメラでもそれは共通している。また、スマートフォンでも固定されたピントがあれば記録は取りやすくなる。

続きを読む デジタルカメラとDIY基盤