ハードウェアとソフトウェアの選択肢

リュックサックの肩ベルトの右側の利き腕の方の合成皮が剥がれかかっていた。そこで、膠のような革製品の補修用パーツをホームセンターで購入した。補修用テープを肩ベルトのささくれだったところに塗ると、ベルトと同じ色の薄い膜ができて、摩耗した表面が目立たくなった。また、パソコンを収納しているメタルラックの土台がライトスタンドの重みで重心がやや不安定でグラグラしていたので、エアコンパテの粘土を土台に付けて補強することにした。これらはホームセンターならではの品物で、地味ではあるが既存のものを使い続けるための工夫になった。

パソコンのセガサターンのエミュレーターを試して見ると、CD-ROMをISOイメージに変換して、仮想ドライブがエミュレーターのドライブと合っていると、セガサターンのゲームが起動するようになっている。セガサターンのゲームはアーケードゲームを移植したラインナップもある。しかしながら、実機を中古で入手したとしても、ハードウェアが発売当時とは変わっているためにそのまま起動させることができない。USBとHDMIケーブルで動くミニファミコンなどもあるけれど、ソフトウェアにあたるディスクを交換することができず、予めインストールされたラインナップを再現するに留まっている。プレイステーションやネオジオアーケードも小型化したが、同様にソフトウェアを入れ替えることができない。

セガサターンのエミュレーターは案内用のウェブサイトに最新版のエミュレーターがあり、exeファイルを起動させると、セガサターン用のBIOSが無くても、CD-ROMドライブを指定すると読み込みが開始される。もしセガサターンを持っていれば、テレビ画面がCDコンポになるような近未来的なインターフェースではあったが、ソフトウェアの読み込みを優先したために見ることはできなかった。ゲームといえばカセットテープにパソコン部品のメモリーボードのようなユニットをゲーム機のハードウェアに設置する形で、カセットテープを入れ替えると、同じハードウェアのままで異なるソフトウェアを実行することができる。パソコンが高価だった時代においては、デジタルコンテンツでは最も効果的だった。現代ではスマートフォンでは中国や韓国のキャラクターが多いけれど、かつては日本でも表現の自由があった。時代というと世代交代を踏まえると昭和時代が圧倒的な存在感を持っているが、平成の30年余りのなかでも、アナログがデジタルになる試みがなされていた。

続きを読む ハードウェアとソフトウェアの選択肢

箱と竃のある風景

mineCraftでネザーポータルにも明かりがある、太陽光を最大に、松明を15とレッドストーン トーチを7とすると、その間の11で、モンスターが湧いてこない明るさを確保できるようだ。ネザーポータル は縦5マス横4マスで、やや中途半端な大きさのサイズになる。黒曜石の額縁を自然なブロックで隠すと、大きな門のようになる、その門にピストンでドアを開閉できるようにすると、そのピストンの分もさりげなく隠す必要があるので、大がかりになってしまうようだ。ピストンの動力を伝えるレッドストーン トーチを中世のお城の間接照明のように使うという事例がある。構造材を何かを覆うだけでなく、その仕組みがわかるように調和させることを工夫してみたい。

縦にネザーポータル を配置するとブラックライトのような紫の光があたりを明るくする、それがもし横方向なら床暖房のように目立たず、氷ブロックも解けないので、その界隈では実現できなような場所に住みかを作っていることになる。またネザーポータル は試してみると縦方向にしか置けないことがわかり、氷で覆うにも大きな門は、地の底の入り口にはなり得なかったものの、氷を溶かさずに明かりだけを確保する手段としては有効であるようだ。またレッドストーン トーチの明るさだけでなく、回路を延長させるレッドストーン リピーターはやや明るくなるので、氷の中に回路が入っているという光景は、なんだかデータセンターのようだけれど、要素としては成立するようだ。MacBookも数年前までは、mineCraftのブロックやオブジェクトのバリエーションも今ほど多くなく、水も風景を透過しない水色だった頃は、MacBookを蓋を閉じることも考え付かず、むしろノートパソコンのディスプレイは視野が狭いので、デスクトップ並みの大型ディスプレイをHDMIケーブルで増設しようと考えていた。MacBookはリュックに入るように13インチの比較的小型のディスプレイでメモリを16GBにしているも、かつてはappleがCPUを内製したというけれど、intelのCPU を使っているインテルMacというタイプでどちらかというとMacOSとWindowsOSのハーフのようなものだった。mineCraftがホーキンズ博士の宇宙論のようにアップデートごとに木や葉っぱ、海藻のテクスチャが増えたりなど、風船のように膨張を続けて、ゲームアプリの立ち上げが重くなってきた。Macの場合はフォントを読みやすくするために通常の4倍の画面を、半分に圧縮している。実際には13インチの画面でもピクセル単位ではポスターのように大きい。そういったときにraspberryPi のミニディスプレイにmacBookのミニチュアが写っていた、その頃任天堂のミニファミコンがアダプターという家庭用コンセントから交流電源をファコンにつなげるためのポケットに入れるには大きめの塊を、スマートフォンでも使えるようなUSBケーブルに変える事で小型化を実現した、ファミコンは子供の頃はテレビのチャンネルをビデオ用の2チャンネルに変えて、音声と映像のケーブルを繋げていたけれど、パソコンの余った外部ディスプレイにHDMIケーブルをつなぐだけで、かつてのゲームが再現されるという。外部ディスプレイは小型のものがあまりなく、ディスプレイにもアダプターが必要なこともあるものの、もしVCC+とGND –の2本のGPIOピンで接続されたり、フレキシブルで紙のようにしなやかに曲面なるようなディスプレイになれば、その分景色や夜空を見ることに視野を広げられるかもしれない。

デスクトップパソコンはノートパソコンに比べて、比較的大きな看板のような画面を扱うので、消費電力などが大きいけれど、画面を最適化して、CPUとデバイスを分業させることで、持ち運べたり、紙媒体の代わりに図とテキストで何かを組み立てたり、伝えたりすることができる。

続きを読む 箱と竃のある風景