UVとドットグラフィック

猫のテクスチャーを張り替える作業をBlenderで試行した。mineCraftのテクスチャーの場所が該当のバージョンのjarの中のフォルダに、猫のテクスチャーがあった。ドット絵ナニカというwebサービスで、ドットグラフィックをエクセルに置き換えて、UVマッピングの画像を張り替えていく。まずは3Dマップでテクスチャーを置き換えると反映された。3Dモデルでテクスチャーを新しく作るとUVマッピングが上手く貼れなかった。そこでもともとは立方体の集まりであるため、新たに立方体を追加して、そこに新にUVマッピングを適用すると、上手く反映された。できれば方眼紙の寸法に合わせた配置ができれば、動きを付けるのはオブジェクトの原点移動を使うことになる。テクスチャーはすでにマップ上で買っていた赤い縞々の猫をモデルにしたが、実際にゲームを起動してみると、縞々のドットがドット絵に置き換える時に反映されていなかったのが少し残念だった。ドット一マスに相当するのが、0.625mとすると、方眼紙を立体的に組み立てることは可能なようだ。ドットグラフィックのグラデーションの部分はPixirというwebサービスでドットグラフィックの素になる画像を読み込んで拡大ツールでピクセルを拡大して、スクリーンショットをすると赤い猫の縞模様のグラデーションがUVマッピングでも再現された。解像度の最小単位の1ピクセルが1辺の長さがBlenderの上では0.625mの正方形に対応しているようだ。耳の部分で新たに立方体を追加して、ハーフブロックのようにした。後手足や鼻や尻尾にも同じように縞模様を適用していければと思っている。画像加工ソフトのPhotoShopを使わなくてもドットグラフィックの加工はパソコンがあれば可能になった。もともとはドットグラフィックは限られたメモリの中でテキストを視覚化するための工夫だった。そこでアイコンを作ったり画を書いたりすることにはるとは思わなかった。

続きを読む UVとドットグラフィック