データの保存手段としてのUSB

データの保存形式を、DVD-Rから大容量のUSBメモリに変更を試みる。USBメモリはUSB端子と本体の幅が同じだったので、intelNUCのパソコンの端子にスムーズに収まった。USBの規格はDVD-ROMが2.0だったことに比べると、USB3.0になり転送が高速になった、データの容量としてはスマートフォンで撮っておいた画像のアーカイブが重いかと思ったが、ファイルを分けて保存すると、転送が分散して効率が良くならないようだ。なるべくフォルダにまとめて転送するほうが転送のタスクが集中してデータ転送の効率が良くなった。USBメモリにはキーホルダーを付けるところがあり、文房具のタグを付けて視覚的にも識別しやすくしておく。今のところ容量256GB以上のUSBメモリは、家電量販店には売っておらず、amazonでの購入になる。USBメモリの作りはしっかりした金属製で防水でもあるようだけれど、説明書は付いておらず、USBメモリを差し込むと中のフォルダが読み込まれる。一応最初の段階でフォーマットしておき、windowsPCで必要なデータを選定して保存する。macOSでも中のフォルダ構造やファイルが文字化けすることなくデータを読み込むことができた。とくに重かったデータはスマートフォンで撮りためた画像などのデータと動画ファイルなどになる。MMDやblenderなどのデータも容量が1GB以上でファイル容量は大きかった。blenderでは参考書の元データと、自分で作成した3Dポリゴンのデータを保存しておいた。普段書いている文章は、パソコンを移行した関係で2017-2018年のドキュメントファイルが残っておらず、ブログ形式のwordPressのSQLデータに保管されている。Officeのワード文章のファイルサイズや形式も変化している。はじめはメモ帳のテキストファイルで書き始めていたが、2000字に達していないものもあった。

2020年からブログのwordPressがアップデートした関係か、SQLファイルをリスト化してエクスポートすると、リストが重複されるようになった。そこで詳細のエクスポートを選んで文字コードをSJISにしてCSVファイルをエクスポートする。次にExcelでそのファイルを開き、重複するCSVの行を整理すると、記事データの重複は解決された。画像は1期の間につき、2点を選ぶようにしていたが、CSVにすると“”が2重になっていたで、テキストエディタのsublimeTextの置換で画像が表示できるようにする。それまでは画像ファイルは後から該当箇所にコピー&ペーストして追加していたが、一度のエクスポートの後の置換で、画像まで表示されるようになった。また、記事のタイトルの日付を記号文字の半角の|の区切り線で識別していたが、正規表現で置き換えられないため、デフォルトのCSVのカンマ区切りに戻して置いた。一連の更新によって、2017年4月後半から2020年6月30日までの雑記の展開が繫がったことになる。なるべくデータの特長を把握して、効率的な文章の繋げ方をしていこうと考えている。

続きを読む データの保存手段としてのUSB

水路と仕組みの変遷

mineCraftのバージョンアップに伴い、今まで作った建物や仕組みなどのセーブデータをバックアップすることにした。昆布の養殖は2019年の5月にソウルサンドと2マスのピストンを組み合わせて概形を作っていた、木炭の代わりに海藻を燃料にすることで資源を節約しようとしていた。水路を作り、ホッパーに使う鉄鉱石をも節約することも視野に入れていた。ピストンで採取された昆布はソウルサンドの上昇気流にのりどんぶらこと水路を流れてくる。中には、マンション状に縦に積み上げたものもあり、その場合は昆布の葉っぱが空からパイプを伝って地下のチェストボックスに降ってくるという変わったものもあった。ピストンを2マス動かせる仕組みをgoogleとyoutubeを駆使して検索して、オブザーバーと遅延リピーターを組み合わせるとスマートフォン版とパソコン版で同じように1マスのピストンが2マスブロックを押せるようになる。そのため当時の昆布畑にはバリエーションは陸上や高層などがあるが、すべて2マス分の2列が限度だった。またホッパーとコンパレータとチェストトロッコを組み合わせた荷下ろしでは、コンパレータとリピーターを一つずつ組み合わせる手法がシンプルで、スマートフォン版では信号が伝わるタイミングがずれるため、パソコン版でしか小麦やジャガイモなどの自動化ができなかった。チェストトロッコの荷下ろしでは、シンプルな回路にすることでどれだけ創造的になれたかは感謝すべき多と考えている。また、なかにはサバイバルモードでは、水中でライフと息に限度があるにも関わらず、海底にトンネルを掘っているという変わったセーブデータもあった。バージョンが変わってしまったたけれど、海底トンネルから見た昆布と、その間から登ってくる朝日を見るのは格別なものがあった。ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物をピストンの代わりにするまでは、昆布の収穫量が竈の処理量を上回ることはなく、レバーでホッパーにストッパーを掛けていた。竈が乾燥昆布を生成するペースと、昆布が収穫されるペースをレバーによって調整していた。それがついに竈の生成量に追いついたのはつい昨日が初めてだった。

水路では、氷ブロックと看板を使うことで、同じ高さでアイテムを輸送する水路を作ることができるとあった、参考;段差を作らない水路の延長(アイテム用)https://w.atwiki.jp/minecraft/?cmd=word&word=%E6%B0%B4%E8%B7%AF&type=&pageid=44#id_ffdb8745これがあれば、ローマ式の上水道のような建築物もより水平に近く作ることができる。氷ブロックがサバイバルモードではシルクタッチしか対応していないので、エンチャントを繰り返さないと実現できない。氷と言えばペルチェ素子とラジエーターなどの水冷ユニットを組み合わせた冷却ユニットでも実際に作ることができるが、以前より大きく硬い氷になった要素としては、耐熱性の接着剤クリヤボンドがあった。工具店だけでなく、コンビニエンスストアなどの文房具コーナーにも売っている。接着剤を変えてペルチェ素子と水冷ブロックを薄く接着できたために、熱が伝わりやすくなり、氷が比較的早く形成された。空気の泡も氷に含まれており、冷却性能は上がっていた。既存の接着剤が剥がれたために、あり合わせであった接着剤がペルチェ素子とセラミックをよくくっ付けていた。

続きを読む 水路と仕組みの変遷