水路と仕組みの変遷

mineCraftのバージョンアップに伴い、今まで作った建物や仕組みなどのセーブデータをバックアップすることにした。昆布の養殖は2019年の5月にソウルサンドと2マスのピストンを組み合わせて概形を作っていた、木炭の代わりに海藻を燃料にすることで資源を節約しようとしていた。水路を作り、ホッパーに使う鉄鉱石をも節約することも視野に入れていた。ピストンで採取された昆布はソウルサンドの上昇気流にのりどんぶらこと水路を流れてくる。中には、マンション状に縦に積み上げたものもあり、その場合は昆布の葉っぱが空からパイプを伝って地下のチェストボックスに降ってくるという変わったものもあった。ピストンを2マス動かせる仕組みをgoogleとyoutubeを駆使して検索して、オブザーバーと遅延リピーターを組み合わせるとスマートフォン版とパソコン版で同じように1マスのピストンが2マスブロックを押せるようになる。そのため当時の昆布畑にはバリエーションは陸上や高層などがあるが、すべて2マス分の2列が限度だった。またホッパーとコンパレータとチェストトロッコを組み合わせた荷下ろしでは、コンパレータとリピーターを一つずつ組み合わせる手法がシンプルで、スマートフォン版では信号が伝わるタイミングがずれるため、パソコン版でしか小麦やジャガイモなどの自動化ができなかった。チェストトロッコの荷下ろしでは、シンプルな回路にすることでどれだけ創造的になれたかは感謝すべき多と考えている。また、なかにはサバイバルモードでは、水中でライフと息に限度があるにも関わらず、海底にトンネルを掘っているという変わったセーブデータもあった。バージョンが変わってしまったたけれど、海底トンネルから見た昆布と、その間から登ってくる朝日を見るのは格別なものがあった。ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物をピストンの代わりにするまでは、昆布の収穫量が竈の処理量を上回ることはなく、レバーでホッパーにストッパーを掛けていた。竈が乾燥昆布を生成するペースと、昆布が収穫されるペースをレバーによって調整していた。それがついに竈の生成量に追いついたのはつい昨日が初めてだった。

水路では、氷ブロックと看板を使うことで、同じ高さでアイテムを輸送する水路を作ることができるとあった、参考;段差を作らない水路の延長(アイテム用)https://w.atwiki.jp/minecraft/?cmd=word&word=%E6%B0%B4%E8%B7%AF&type=&pageid=44#id_ffdb8745これがあれば、ローマ式の上水道のような建築物もより水平に近く作ることができる。氷ブロックがサバイバルモードではシルクタッチしか対応していないので、エンチャントを繰り返さないと実現できない。氷と言えばペルチェ素子とラジエーターなどの水冷ユニットを組み合わせた冷却ユニットでも実際に作ることができるが、以前より大きく硬い氷になった要素としては、耐熱性の接着剤クリヤボンドがあった。工具店だけでなく、コンビニエンスストアなどの文房具コーナーにも売っている。接着剤を変えてペルチェ素子と水冷ブロックを薄く接着できたために、熱が伝わりやすくなり、氷が比較的早く形成された。空気の泡も氷に含まれており、冷却性能は上がっていた。既存の接着剤が剥がれたために、あり合わせであった接着剤がペルチェ素子とセラミックをよくくっ付けていた。

続きを読む 水路と仕組みの変遷

アイデアの試行錯誤とそこからの調整

先週の土曜日にamazonからのソーラーバッテリー2.5wと秋月電子のソーラーバッテリー2wをUSBケーブルの2股にするパーツで補おうと思いつく、検索してみるとヨドバシカメラに在庫があるという、時計をみると20時半、10時まで開店しているので、電車を使って、9時ごろにつく、USBケーブルは色々ある中で、探していた品物が見つからない、店員さんにヨドバシカメラのホームページの画面を手持ちのスマートフォンで示して質問すると、2FのPCパーツにあるという、ようやく付いてみると、2股のケーブルがある、345円とUSBケーブルの中では比較的安価で、購入してから袋を開けてみると大体のサイズ感や、ケーブルの長さを確かめると、ホッとして帰路に着く。早速家に帰ってソーラーバッテリーのUSBポートに接続すると、モバイルバッテリーにmicro usbポートが繋がらない、よくよく見ると、パーツがmicro USBでなく、デジカメや外付けCD-ROMなどでかつて広く使われていたmini-USBだった。まさかそこで選び間違えるとは思ってもみなかった。もともと、どのような回路にしてということで頭が一杯で、そこまで気が回らなかった。SNSを見るとうっかりに気をつけようという趣旨の噂が流れていて、なんともドジを踏んでしまった。慌てて、mini-USBでも何か活用できないかとメーカーのホームページを見ると、2つに分かれたケーブルはUSB1.0で5V500mAの容量で、二本合わせて5V0900mAになるという、5V2A〜になるのはUSB3.0からになる。またappleシリーズ用に、5V1Aの昇圧モジュールを用意していたので、2つのソーラーパネルから電気が流れるのはいいけれど、もしUSBを給電用やデータ通信用に使うとしたら、USB1.0からUSB3.0に規格を揃える必要があることが明らかになった。しかしながら、もともとはもしそういったパーツがあれば便利だと思ったくらいで、そういったところで足を掬われてしまうのはツメの甘さだとも思うけれど、そういったところで体力を使うよりは少しでも何か自分が知らなかったことが新たに発見できればとも思っていた。あるところでは、習熟した分野やケアレスミスをなくそうとすると手間のわりにあるところからは伸び悩んでしまうこともある、それよりは自分が苦手だったり、知らない分野を平均的にする方が生産性は高い。それだけでなく、なんというか思いつきで衝動のままに動いていたところがあり、そういった姿は他の人に気がつかなかったりすることもある。自分もあまり完璧ではないけれど、他の人と力比べを示唆するような場の雰囲気や、アイデアを提案しあったり、何かを改善するためでなく、転んだ人をこきおろすようなルールになっている場合もある。
続きを読む アイデアの試行錯誤とそこからの調整