マグネットとセンサー

マグネットケーブルとワイヤレス充電器に繋いでいた端子の金具が外れて、ランプは付いているものの、上手くUSBケーブルとして通電できなくなってしまった。金具の部分を接着剤で付けても状況は改善しなかった。そこでamazonでMANTIS社製のマグネットケーブルの金具が2つを組み合わせているものではなく、ひとまとまりのパーツを画像で選んで購入した。ケーブルは4本で3000円くらい。購入してから24カ月の保証期間が付いている。デバイスでなくケーブルに保証が付いたのはこれが初めてだった。珍しいケーブルを使っていたのでマグネットの金具が剥がれて機能しなくなったときはショックだった。パッケージはシンプルだったけれど、プラスチックのパーツが一回り大きめだった。microUSBの端子は同じ形だったが、マグネットの吸着力が強いためか、金具をくっ付いてきた。USB-TypeCの金具は端子が1㎜程ながく、マグネットの強い吸着力に対応したものになっている。ゲーミング仕様というマグネットケーブルが90度直角になっているタイプでは、microUSB端子を固定するプラスチックのパーツを2つ使うために接着剤が剥がれると使えなくなってしまう。とはいえマグネットケーブルの可能性を継続して試して見ようと考えて、USBケーブルをマグネット端子にしている。まだ国内では珍しいが、これも選択肢になればと思った。amazonの商品サムネイルでは端子のカバーがコンパクトであれば便利と思っているが、実際手に取ってみると、パーツの強度やマグネットの磁力など見ただけでは分からない魅力もある。これらのラインナップが家電量販店でも揃ってくれば、USBケーブルと周辺機器の位置づけはよりカジュアルになると思われる。なかでもUSB-TypeCの端子がよりしっかり接続できるようになったのは思わぬ収穫だった。

続きを読む マグネットとセンサー