ミラーキャストの選択肢

先日iPhone6sからパソコンへのミラーキャストができて、スマートフォンの音声をパソコンの内部出力で録音できた。同じようにgooglePixel 3XLのandroidにもミラーキャストの機能が付いていたので、同じように試した見たところ、WiFiが繫がっても、画面の共有は上手く繋がらなかった。iPhone6sには、拡張バッテリーのケースが付いて少し重みがあった。macBookがメインだった時には、iTunesでmp3ファイルをドラック&ドロップすることで楽曲フォルダにコピーすることができたけれど、例えばニコニコフリー素材で東方アレンジの楽曲などは、iTunes経由でなく所定の場所にmp3のデータが直に置いてあるため、androidの方が再生には向いている。ここのところ、USBケーブルは使わずにWiFiを使うようになったのも、デジタルカメラのgoProのフィルムにあたるmicroSDカードを取り出すのに、防水キャップを開ける必要があり、もし開けてSDカードリーダーで画像ファイルを読み込もうとしたところ、ファイルサイズが大きくて読み取れなかった。デジタルカメラでも無線化の傾向があり、やがて同じようにデジタルカメラを搭載したスマートフォンにも無線WiFiでできる選択肢が増えるように思われた。とはいえ、無線にするとミラーキャストの場合でも、一度実機のスマートフォンとパソコンとルーターをそれぞれ組み合わせて、実際にアクセスして試して見ないことにはそれが感覚として分かりにくいことも確かだった。

mineCraftのモバイル版のhowto動画では、画面の録画にAZ Screen Recorderを使っていた。Az Screen Recorderは動画やゲームなどのスクリーン画面と音声を録画・録音することができる。録画ボタンが画面の端に残るため、アプリケーションの設定で非表示にすると、録画ボタンはスマートフォンの画面の上の部分がオレンジになっている。録画を停止する場合は、やや手間にはなるが指でスワイプしてアプリケーションを呼び出しなおすことにした。Bluestackでも、パソコンからスマートフォンの音声を鳴らすことはできるが、操作性の点では、タッチパネルがキーボードやコンロローラーになる分、間接的になる。BGMを録音する分には、これでも用途を果たすことができる。スマートフォンでベルトコンベアアクションができるのは、日本より中国のほうがバリエーションでは豊富になっている。日本ではかつてはアーケードゲームのメタルスラッグなどで2Dアクションゲームが100円玉がワンコインの従量課金方式でプレイすることができたが、現代ではスマートフォン版はまだラインナップが揃っていない。ファミコンのゲームやアーケードゲームの場合は、特長的なハードウェアと液晶というよりブラウン管テレビとの接続でテレビゲームが実現されていた。それがフラットな液晶パネルを持ったノートパソコンやスマートフォンに置き換わっても、やりこみ要素が見いだせなくなっている。僕としては次の画面が見たくて、スマートフォンにしがみついていたところがある。AZ Screen Recorderの録画ボタンを押すとキャストのアイコンもオレンジになっている。Webブラウザをテレビに映し出すChromeCastとandroidフォンには用途が異なるようだ。ともかくスマートフォンには内部音声だけを録音することができないため、録画中は息を潜めてじっとだまっていることにした。中国語のゲームアプリでも効果音や発声は一部日本語にすることができる。日本語の掛け声が中国に伝わるのだろうか、ともかくまったくの外国語というわけでもないようだ。

続きを読む ミラーキャストの選択肢