水槽と川

昆布は大陸の果ての海辺にあり、初期位置からは山や谷を経ないとそこにはたどり着かない。昆布を水の中で育てるのと、ピストンと組み合わせてボタンで収穫する仕組みを作る。レールにはディテクターレールは感圧板と鉄が必要になる。トロッコのレールはパソコン版では乗り物が使えるので、あまり活用してこなかった。トロッコのレールの分岐を切り替える回路もまた、工夫のし甲斐がある。ハーフブロックという、通常のブロックの高さが半分くらいのブロックに、水をためられるようになった。そのお陰で、畑の地下に倉庫を作ったりなどが可能になった。ハーフブロックにも水が溜まることを活用して、ピストンで昆布のブロックを押し出すが、水は同じ高さに補充するというフィルターの役割を持たせて、資源とスペースを節約して、ホッパーの役割を水の流れで代替することにした。棚田を作る要領で、バケツ一杯の水が流れるマス目が縦3マス、横5マスだったので、ピストンも2連続あれば広さをカバーできる。ハーフブロックに昆布が引っかかることがあり、それはメンテナンス用の非常口を必要とした。そのようにして回路がむき出しになっているところにカーペットを、段差が急な所に階段をつけると、材料は鉄も節約して砂から作ったガラスと、川の水、土や石ブロックを組み合わせるだけで、まるで工場のような様相になっていて、配管がむき出しなところを家具で覆うことで、あたかも家のようになってきた。棚田は水平同じ高さに作り、ピストンの近くにあソウルサンドで上昇気流を作って上に流す仕組みはあるが、水の流れは高いところから順に流れる。2段ピストンの遅延リピーターは向かい合わせにして2対のピストンで共有することにした。回路は一台のリピーターにレッドストーン回路が付いているだけでも、ピストンが動作するときには回路が瞬くのと連動している。昆布は水パイプを通って、チェストに流れてくる。かまどは2口にして、乾燥昆布ブロックを作る効率を上げようとした。竈にはホッパーが付く、上には加工用の材料が、横には燃料ブロックが付いている。ホッパーにはレバーで信号を流しておくと、輸送をストップしてチェストに貯蓄する。なんだか2台の竈が賃貸住宅の2口コンロのようにも見えてきた。

スマートフォンとパソコン版では、似ているようで動作が異なる部分がある。スマートフォン版では昆布はガラスブロックの上に植えることができない、または、パソコンでは水中にレールを敷くことができない。ガラスブロックの回路の通しやすさもそれぞれ異なっている。共通している部分では、ブロックのドットグラフィックや、水や空の透明度がある。スマートフォンでも気候によって水の色はすこしずつ異なり、通常は半透明な青色だけれど、緑がかった渓流の水の色のように見えたことがあった。空が青いのは大気が散乱しているからで、水が青いのはそれを鏡のように映しているからだという。その点ではスマートフォンは同じスペックのグラフィックボードのパソコンなら処理落ちしそうなくらい鮮やかな画面を省電力で実現している、しかしながらそれが万能でもなく、ドットグラフィックのっハーフブロックの違いなどはタッチパネルでなく、マウスとキーボードのほうが使いやすくもある。

昆布の水槽をガラスで作ると、水の流れは確かめやすいが、3つ並べてもかなり存在感を取る。棚田のように、水を流すパイプを水槽に含めて、山の斜面に作ることで景観と調和させようとした。思い付いたときには、パソコンが手元になかったので、スマートフォンで大まかな概要を作ってみると、3つあるうちの一つしが稼働する中で、ガラスブロックより雰囲気がある木目ブロックにして、木の葉で水槽を覆ってみると、回路はコンパクトにならず入り組んでもいないが、景観と色やテクスチャが似ているのか、そこまで場所を取らないように見えた。とはいえ、ハーフブロックが昆布ブロックを通すか通さないかがパソコン版よりシビアで、いくつかは水槽内に収穫できずに残ってしまう、とはいえハーフブロックの間隔を詰めてしまうと、昆布に必要な水も締め出してしまう。できればガラスのハーフブロックや階段ブロックがあれば、四角いブロックにもベベルなどの角が取れてまろやかになった造形ができると考えている。水ブロックの上にさらに流れを作ろうとすると、あまり流れの向きが決められないので、水源をあらかじめ乾いたブロックで流れを作ってから昆布が水の流れを変えないようなストッパーとしてハーフブロックを設置する。あるいはソウルサンドのように下から上に泡でアイテムを運ぶ仕組みの代わりに、滝のように上から下にアイテムを流すパターンも試してみたが、その場合だとホッパーに必要な鉄鉱石が節約できないので、多少ブロックが引っ掛かってもそうでなくても、プレイヤーがバリアフリーで設備をメンテナンスできるようには工夫していきたい。 0

暮らしに合ったプロトタイプを見つける

注意力と体力をどのように両立させるか、僕自身がひとりであれば、そこまで気にしなくてもやっていけるけれど、相手がいるとどうしても相反する2つの性質をやり繰りする必要が出てくる。刺激が何かと多い月だった。僕は内気な分あまり刺激は好まないけれど、べつの意味では雨が降っている日に代わりに部屋で何をするかを考えるのも、気分転換になると客観的にはそうあるべきと思っていてもなかなか、なぜ6時間くらいじっとしているのに晴れないのかと思ってしまう、それでも冷静に考えればカシオの電卓についている太陽電池は日の当たる公園まで運ばなくても室内で充電できる、それでも実際に太陽電池を付けてみないと分からなかったというより、数字でそのように書いてあったとしても、それがプロダクトで実際に数字の通りだったとしても、実のところは手に取って見てみたいところもあった。
スマートフォンを持っていて、リチウムイオン電池の仕組みを知りながら18650というペンケースに入るくらいの電池を秋葉原の探していると、なかなか街では誰もがスマートフォンを使っているのに、なかなか部品が探せない、プラモデルなどは家で図鑑を暗記して、おもちゃ屋ではそのことを一切考えず、その時々に気づいたことなどを目で確かめようとする。もし図鑑に載っていないことがあっても、それは自分がもともと欲しいものではなかったと諦めがつく。ビックリマンチョコはあまり集めてはいないけれど、カードダスでキラキラしたカードがほとんど引けなかった。そこにあまり期待しないことで注意力が散漫になるのを予防できていたのかもしれない。自分以外の誰かが良いモデルに会えるならというところはあった。あるメディア事業部では、あまり花形商品のレビューはできなかったけれど、非常用電源のベゼルの角が手に馴染むように丸いとそこに魅力を感じる。また、イベントでもブランドもので限定〇〇個というようなプレミアがつくタイプは、たとえその分野に詳しくてもあまり間に合ったことがない。18650の電池はamazonなどのインターネット通販でも国産のプロダクトなのに、なかなか実際の電気街では取り扱いが少なく、自分の価値観が地に足がついていないバーチャルなもので、それでいてEスポーツに出られるくらいに洗練されていない。秋月電子ではなるべくそのホームページで確認したことを元に、エクセルの表をコピーアンドペーストで貼り付けてアドバイスを元に必要な部品を買ってきては巷に出ているプロダクトの仕組みを学ぶという目的を実践しようと思った、充電池の型が合わず、かといって電気二重層キャパシタを市販の充電池と同じ容量にするには量産されていない分コストがかさむ。そういったときに、石垣のように積んであったのが、LONGというバッテリーで、値段も1000円代からあって、僕は免許は持っていても、原動機付自転車などを乗ったことがなく、電圧と電流といえばパソコンの横に付いているUSBからしか馴染みがなかった。iPadなどのタブレットにはボタンと液晶画面があっても、USB端子が充電用にのみ付いている。もし自転車から原付に変えていれば見える世界も変わったかもしれないが、それでも僕は一駅分くらいなら歩くのが性に合っていった。
続きを読む 暮らしに合ったプロトタイプを見つける