モニターの向こう側の猫

ルンバをなけなしの予算で買ったことがある、掃除をする時の話し相手になってくれればと思ったからだ。床掃除初めからやろうとすると大変だ。四角い部屋を丸いブラシで隙間なく掃除する必要がある。
ところが、ルンバのランダムなパターンによって、落ち着いて待っていれば自ずと床がきれいになる。床や玄関との段差で転ぶこともある。ルンバ用のスロープが自作できれば、お年寄りのためのバリアフリーにもなることもありそうだ。パターン化されない新しい作業を思いつくきっかけになる。それでも、部屋を片付けることを日常で行なっていると、自主的な範囲であれば、床を手で掃除するのもなんだか楽しくなってきた。髪の毛や微細は埃は取れども取れどもキリがない。それでも、相手にそれを強要したくはなかった。
そこでルンバを誰かに譲ろうと思ったけれど、なかなか折り合いがつかない。欲しくないのかというと、そうでもなさそうで、ではいつがいいかというと有耶無耶にされてしまう。そこで、ネットショップで引き取ってくれる業者があるというので、コンタクトを取ってみると、ところがルンバを譲ろうとして、本体の写真を送ると安く買い叩かれてしまいそうになった。冷蔵庫などもまだ使えるのに、引越しになると輸送費と人件費だけで本体価格がほどんど残らなくなってしまうという。まだ使えるのにもったいない。実のところ、このように物持ちが良くても、そうでなくても上手くいかないことは多い。基本的には挨拶が苦手で、その上で規則を都合よく解釈する人は、きっと僕より頭が良い。それでも、頭が良くても何もできない人でいるよりは、何かを行動にしたい。
他人が転ぶのを喜ぶ人は大抵その人自身もあまり上手くいっていない。その中で、どのようにグループの状態を良くしていくかを考える。それは、言葉にはならず理想的には姿勢に現れる。読書の時は寝転がっていた時には、多少行儀が悪くても柔軟な意見が出る。
続きを読む モニターの向こう側の猫