海に浮かんだカゴ

昆布の栽培を試した中で、スマートフォンとパソコン版で、できることとできないことがある。LEDの縦横5マスでもスマートフォン版では縦の5列目が収まるが、パソコン版では、動力ブロックが動力を通してしまうので、一列だけ突き出たようになる。コンパレーターにガラスブロックで回路の減産が利いてフェードアウトする仕組みは、スマートフォン版ではガラスブロックが使えるので、コンパレーターが隠れずに間接照明にもなる。とはいえスマートフォン版ではトロッコが水中でも動くのに、ピストンで動かしたレールの上ではレールとトロッコが滑り落ちてしまう。しかしながら水中にレールを敷いて移動やアイテムの運搬ができるので、不思議ではある。パソコン版でも1.14にバージョンアップしたときにAIの機能も充実したけれど、作物の成長スピードは独特のもどかしさがあるが、仕組みを作り、別の作業をしていると作物がチェストに溜まっている。ピストンとオブザーバーを使った乗り物には、以前はオブザーバーに水ブロックを向かわせると、波の微妙な変化を感知して信号が乱発されるという症状があったが、それをクロック回路の動力に使うという方法もある、あるいはスライムブロックを防水ブロックのようにオブザーバーにつけると陸上と同じように動作する。このバージョンからオブザーバーの顔が水に使っていても問題なく動作するようだ。またトロッコはレールを水中に向けると、トロッコが水の底に沈み、そこからはレールがないので動かないが、トロッコの箱のなかには乗ることができあたりを見回すことができる。昆布が水ブロックを少しずつ自動生成するため、水ブロックをせき止めても昆布の周りに水源ができている。あたかも三角の容器で野菜の水分だけでスープや蒸し煮をつくるタジン鍋にも似ていたが、スマートフォン版では水ブロックが綺麗にピラミッド状になるが、パソコン版では水が水平になり、昆布は引っかかってしまうようだった。

サバイバルモードで海底トンネルを作った時は、水流でプレイヤーが流されそうになりながら、トンネルを開通させるという砂場で抱くような造形意欲からか、またはドットグラフィックでも見通しのいい透明なブロックと、昆布などの海藻や魚が泳いでいる様子が垣間見えるので、水族館のようにもなる。通常では鉱物資源が採掘できるのは地表から海抜深いところなので、仮にwebサービスでminealtasのように村と大陸の地図があったとしても、資源が取れることにはピッケルを当てると、地下水が噴出してトロッコの坑道が水びだしになることもしばしばあった。その地下水も資源に拘らなければ井戸水として風情があるものではある。また実際に高速道路のインターチェンジでトンネルの資料を調べてみると、地下水を抜いて坑道を掘り進めるようにして道を切り開いたという事例もいくつかある。

続きを読む 海に浮かんだカゴ

ガジェットと既存のブロック

mineCraftのバージョンが1.14になり、ブロックが増えた、ストーンカッターや溶鉱炉など、中世から近代にかけて産業化を象徴になったようなブロックたちだ。PC版のほうが、バージョンアップが遅いけれど乗り物は1マスずつ動く、工業mod通称forge という拡張パッケージがバージョンアップでは統合されたようだった。またコンポスターという籠状のブロックが加わった、これはピストンにくっ付く上にプレイヤーが乗ることができるので、スライムブロックで移動中に支えを作っていたものが1マスでプレイヤーが乗れる、実際には篭のような物体には、落ち葉などの堆肥を入れて腐葉土を作るための入れ物のようだ、ガイコツのモンスターを倒さないと肥料が得られないような設定だったので、落ち葉をリサイクルして、肥料を作ることができるようになった。スマートフォンのiOS版ではオブザーバーとピストンは連続動作しないけれど、日照センサーがスライムブロックやピストンにくっ付く、レゴのパーツでも大陽電池はあるとレッドストーン ランプをLEDライトのように使える、乗り物には照明が付いていると、夜になって移動するごとに辺りを照らして松明が節約される。しかしながら、バージョンアップでオブジェクトは充実してきたものの、macBookのCPUの熱が上がりやすくなり、今のところ動作が重いのはmineCraftのバリエーション豊かなドットグラフィックと縦と横、奥行きに3次元のように広がるマップをどのように探検できるかが目的にはなる。とはいえ、通常文章を書いたり、グラフィックを見る分には、そこまでスペックを使わない、デスクトップは看板のようにピクセルあたりの画面が大きいのでノートパソコンに比べて電力を消費するものの、仕組みとデータの積み重ね自体はそこまで難しくない、ボタンとパルサー回路は入力して信号を送る点では共通しているが、パルサー回路で動作する信号も体感できるくらいにするには動作を長くしたほうが分かりやすい。一周回ってパルサー回路がボタンに戻ってきた、コンポスターには堆肥だけでなく、プレイヤーも乗れるものの、雨水を貯める大釜もピストンで運ぶことができる。バージョンが更新されても、従来通り使える組み合わせもある。昆布やサンゴ礁や空の透明さは格段に良くなっている。

続きを読む ガジェットと既存のブロック

レバーとピストンの組み合わせ

手動レバーによるピストンを作ってから翌朝になって、片方のレバーをオブザーバーに置き換えると、今までタイミングが合わなかった2対のピストンがかみ合うようになり、レバーをONにすると、オブザーバーが信号を送りピストンを戻してくれる。レバーのONOFFを交互に切り替えるので、それを前後で覚えておく必要がある分だけ、効率が良くなりブロックを空中に置くペースが向上した。両方センサーを内蔵したオブザーバーにすると壁を用意して止めるまで毎秒一マスずる連続で動き続ける。それによって崖や川などを渡ったりできるものの、その間にブロックを置くことができる速さではなかったので、移動というよりワープに近かった。

レバーは丸石と木の棒でできているので、資源を採掘せずに供給することができる。とはいえ、手動レバーだけにすると、1マス動くごとに2本のレバーが下に落ちる、溶岩に落ちるとアイテムは消失する。ダイヤモンドや金などの希少素材は捨てると採掘をやり直すことになるものの、景観を構成しているありふれた要素は日常生活を組み立てる基本的なアイテムであるものの、逆に全てを保存することが難しい。mineCraftにゴミ箱があれば、プレイヤーはあまりメリットがないものの、無駄なブロックが浮かんでいるとメモリを消費することもあるかもしれない、かつてFlashというゲームプログラム用の言語があった。当時のパソコンではアニメーションを動かすのに容量に限りがあった、そこで処理が終わったものをゴミ箱に捨てることで次の動作を軽くするというガベージコレクションというプログラムがあった。なぜだかそれがどういうわけか共感される。願望というのは自分で持っていると大切にも思えるがひとたび他人が持っていると途端に輝きや価値が曇ってしまうのかもしれない。冷静に考えれば自分が持っていても、それが他の人のものでもオブジェクトは同じものだ、価値はともかく機能は変わらない。

続きを読む レバーとピストンの組み合わせ

MineCraftともう一つの空間

mineCraftでスライムブロック とディテクターを組み合わせて乗り物を作ることになった、ネザーポータルというもう一つの空間では線路を引くにも鉄鉱石がどれだけ必要になるかわからず、もしレッドストーン さえ動いていれば、探索の幅を広げることができる。できればキテレツ大百科のようにスライムブロック の塊ごとネザーゲートを潜りたかったが、ネザーポータルには乗り物は入れないようだった。水はどういうわけかたちまち無くなってしまう、とはいえ調べてみると水がなくても鍬と土があれば畑を耕すことができ、木を植えて植林することもできるようだった。ネザーゲートから得られるものでは日照センサーや、グローランプ、クオーツなどの回路に必要な素材がある。もう一つの世界ではコンパスが目まぐるしく回転して、方向感覚を見失う。そこで直線や道しるべの構造物を作ったり、丁目を数えたりして迷わないようにする。なんだか磁北と北極星の緯度経度がずれていたので建築方式が変わったという逸話も関係はあるかもしれない。

mineCraftがアップデートされることで、魚や木の幹のテクスチャーなどが増え、ワールドマップも広くなったことでドットグラフィックのシンプルな外見に似合わず、CPUスペックをどうすれば活用できるかという課題に向き合うことになった。銅なまし管で水冷ユニットを作り、設定の描画範囲や、外部ミニディスプレイを活用することで、狭い窓から広い世界を垣間見るような仕組みにはなっているがより長く、より広い世界を旅できるようになった。ただ以前のようにレッドストーン の乗り物で30分くらい空中を移動することができず、フレームレートにずれを来して中断されることもしばしばだった。籠状のブロックをスライムピストンで押したり牽引したりして、ものや動物を運ぶことを試みた。初めてディテクターでサトウキビの収穫を自動化した時は、それが自動販売機のように見えたのか、洞窟の川沿いの一角に灯りと紙の材料を供出していた、ときおり鹿おどしのようにディテクターが動くそんな仕組みだった。

氷山があるマップでは、木材はあったものの、畑や動物は村まで海を渡るか、海底トンネルを掘る必要があった。水中では陸上ほど動けないものの、アップデートされる前より深い地層にも水が流れていた。ネザーポータルがまるでSF

の平面世界のように、面と裏の座標が対応しており、移動の短縮に使えるかもしれないという、これは実際に一つ以上のゲートを作ってそこで位置関係を確かめる必要がある。氷山から南下して開拓すると、どれだけかかるか分からない。またむやみに開発をしても効果がわからない。とはいえ、氷山をくり抜いて家を作ったとしても、そこでレッドストーン ランプが灯っていたら絵になると思っていても、それは思い込みで、mineCraftの世界では光と熱はほぼ同じで、氷を溶かしてしまうという。あるいは囲炉裏ができるくらいの空間を作って、氷の中でも暖がどれるようにすれば、生活感が出てより実際的になりそうだ。日照センサーはガラスは透過するけれど、氷は半透明で外の景色も透けて見えるけれどもセンサーには反応しないようだ。天井の氷を一マス、ガラスに置き換えると日照センサーがピストンを押しており動作はしているようだ。

続きを読む MineCraftともう一つの空間

乗り物が運ぶもの

自動車に乗ったことは、大学を出て免許の教習所に行ったくらいだった。子供の頃に絵本を見て何かの乗り物のパイロットになりたいと思ったと作文が書いたこともあったが、程なくして視力が低下して、眼鏡が欠かせなくなり、それは断念した。ゲームもそうだけれど本も目の焦点がぼやけるので、図鑑を見ることで雑学の知識はできるものの、そればかりに集中せずに気分転換では遠くの景色を見たり、夜空の星を見るようにとアドバイスしてくれた父は眼鏡がなくても黒板の文字が読めるようだった。

子供の頃に趣味はあまり無かった、買い物ついでにいくガンダムのカードダスが、じゃんけんの3すくみの構造になっている。架空のヒーローものやロボットアニメの勢力図が、敵と味方、またどちらでもないような第三勢力がある。また、量産という言葉は、このカードダスで知った。同じものをたい焼きの型に入れて、たくさん作ることだ。僕はあまり主役にもなれる柄でも無かったので、脇役にも思い入れがあった。また、たい焼きがそのように誰が作っても同じ味と仕上がりになるのに、周りではそれはご馳走だと思われていた。手作りと同じように受け入れられている。それと同じようにモビルスーツの量産型も、作業着を金型に入れたような仕組みでありながらも、それによって人々が物を運んだり、スペースコロニーを補修したりできる可能性を広げるための道具になる。

フォルクスワーゲンのカブト虫という車は、シルエットが四角い自動車ばかりの中で、丸いフォルムをしていたので印象に残った、しかしながらそれはヒトラーという恐ろしい独裁者が作ったもので、ユダヤ人などの差別の上に成り立っていたという伝記を読んで怖くなった。

戦車が量産されたのは、第二次世界大戦の後で、それまでにはキャタピラーは芋虫や尺取り虫と呼ばれていて、塹壕に足を取られて動けなくなったところに兵隊が取り囲んでいるという構図が思い浮かぶ。街を走る車は作業用の車は履帯をはいているのに、乗用車は車輪が動物と同じように4本足だ。とはいえ、作業用の車の動きを折に触れて観察していると、物を運ぶのにキャタピラーは負荷を分散させる効率的な仕組みをしている。自動車には内輪差があり、制動距離が速さの分だけ掛かる。キャタピラーがあれば、道路がない場所でも馬力があれば進むことができる。道路には標識が付いている。歯車が動く仕組みだけでなく、道路や街の看板に書かれたメッセージからも論理的な線路が延びている。その風景を形にしたのが空飛ぶモノレールだという、道路の代わりにプログラムで作られたレールがあり、意思を計画にしながら道を作るという。

続きを読む 乗り物が運ぶもの

Minecraftでの素朴な疑問の内訳

mineCraftでスライムピストンとオブザーバーを組み合わせると、スライムピストンが2通りの動き方をするので切り替えスイッチになったり、乗り物の一部になったりすることを質問しようと思った。もともとはスライムブロックエレベーターを動画通りに作ろうとして、その仕組みを確認してゆくうちに、気が付いた。それは偶然だった。オブザーバーは作物が伸びたりブロックが移動したり変更されたりを0.1秒ごとに検知している。ピストンにはスイッチなどではそれよりやや長い信号が送られるので、通常は接着剤がついたピストンとして動く。それならそれで、wikiにスライムピストンの性質について書かれていたほうが、ピストンやスライムを集める手間が省けるので、他のプレイヤーにも為になると思われた。MacBookにインストールするJAVAEditionでは、ピストンの仕組みがコンシュマー機とやや異なる動き方をすることと、僕自身が立体的にドットグラフィックを組み立てることに慣れていないので、回路と向きの作用によって、グラフィックをアニメーションのように更新する仕組みをトライエンドエラーをしている。
例えばドローンは、パソコンの空調ファンを組み合わせて、それを連動させて作られている。空調ファン自体は、モーターを回して風を送るシンプルな構造。ところがそれが、鳥の視点で物事の新たな側面に気がついたなど、映像分野での応用が近年では盛んになった。Minecraftでもブロックとピストンを更新すると、空中を一定の間隔で移動する乗り物が作られる。実のところ、それを活用してエレベーターを作ってはいたものの、その部品の動き方がわからないまま進めてもなんだかわだかまりが残るような気がして、質問をしてみた、返事が返ってきて、親切な対応ではあったもののmojang運用サポートとテクニカル部門は別にあることを教えられた。そこで、さらに探してみると、類似したもので、2011年頃にピストンと動力の関係について、解説しているスレッドと動画を見つけた。組み合わせ次第では、マニュアルにありそうでないことができるけれど、結果をみるとわずかなタイミングをやりくりするので、いつもそのことばかりを考える訳にもいかない、しかしながら、2018年になっても、フライングマシーンにはプレイヤー一人分くらいの大きさにしかならず手摺りを付けると重量オーバーになってしまう。僕自身がそこまで凝ったことができないこともあるけれど、あり合わせの材料で、フライングマシーンが作れれば、ただ漠然と建物を作るよりリアリティがあり、何かのパズルのピースになる。ブロックが動くと、接着剤がついていないものは剥がれてしまうので、フライングマシーンにも、スイッチや手すりが付いているものはほとんどない。空飛ぶリフトは作れるものの、空飛ぶ家はまだ例がない。元々はMinecraftはその自由度から建築やシステムの自学自習に費やそうと思っていたけれど、そこには再現性や汎用性を考える余地がどこかしかにある。パソコンは確実な再設計ができそうだけれど、そこから新たな可能性や、手順を少なくすることで、他のだれかにもできるというモチベーションの向上に役立つ。
続きを読む Minecraftでの素朴な疑問の内訳