義務感と対応力

2月の末尾が金曜日だったので、翌月に向けての準備なども含めていろいろと用心していたつもりだったが、かえってぎこちない動きになってしまった。朝起きて着替える時についつい髭剃りを忘れていたことを駅に着くまでに思い出す、そこで駅に鏡があったので予備の髭剃りを使って髭を剃った。駅から降りて7時10分に控室でのゴミ捨ての当番があり、7時30分から作業場の開発号機の立ち上げがあることを伝えると隣の同僚が思い出そうとしていたとのことで、ともかく間に合ってよかった。僕も付いていき、作業場での開発号機の立ち上げがつつがなく進行した。そのあとに朝礼の当番があり、事前に2人が休むことを伝えられるのでメモしておく、また進行係の伝言があったためそれをメモして朝礼の議事録を纏める。朝礼の段階では特に伝言の聞き逃しはなかったようで、そのまま作業場に向かう。またそのときに指示書にLTOの表記と回付票があったので、LTOを受領するためにテープ室に向かう、そのとき2枚あったはずの指示書が1枚になっていて、もう一枚の指示書の所在を確かめるべく、作業場から控室に戻った。守衛にはなにか忘れ物があったのかと疑問に思われる。指示書の忘れ物があったと伝えて控室に戻る。控室に戻ると議事録と指示書の忘れ物はなかったので、リーダーに指示書の所在を質問すると、朝礼のときに2枚から1枚に差し替えて置いたという。未受領の指示書を除けば、その時点で担当している指示書はLTOの1件だけだったが、LTOの受領から読み取り、返却に至るまでの間にVOL名とマウントとその後の件数確認で二重チェックが必要になる。前回は、二重チェックの確認が漏れていたので、該当のプログラムを実行する前に教わったように全員に周知して使用中のマグネットを付ける。コマンドラインを確認してLTOのVOL名と読み取り機のドライブ名、プログラム名にそれぞれレ点チェックをしたうえで二重チェックをリーダーに依頼した。

続きを読む 義務感と対応力