今までの経緯と目的

朝起きて、新聞小説を書き写して、散歩にでると資源ゴミの日が今日でまだ8時前だったので、段ボールを梱包して出しておく、そのときに自転車ですこし散歩に出る。今年は2020年で、大学を卒業したのが2015年だったため、社会人になって15年目になるようだ。そのうち10年をwebデザイナーとして過ごし、4年を派遣社員のSEとして過ごしてきた。ちなみに社会人になって1年目では、専門学校に通って、そのスキルを活かしてアルバイトをしながら過ごしていた。2年目になって個人のプログラマの事務所に参加して、そのホームページを作ることを始めたが、社会保険などの福利厚生に加入しておらず、不安な日々を過ごしていた。続いて3年目ではITベンチャー企業に就職して、コーダーとして企業のホームページにコンテンツのデータを入力していた。社員の平均年齢が若く就業規則は比較的自由だったが、業務が深夜に及ぶこともあった。現在ではウェブサイト制作は行っておらず、スマートフォンのカバーを作る代理店になっているようだ。とはいえ、社員旅行に行く経験をして、レクリエーションをしたのもここでの経験が初めてだった。福利厚生も充実していた、専門学校で学んだスキルを活用すべく、転職エージェントと相談して、価格比較サービスのコーダーとして働くことになる。新卒のときはエントリーシートを書いても1次面接までしか進んだことがなかったが、エージェントの協力もあって2次面接まで進むことができた。

後楽園を歩いた道は、道の途中で東京ドームがあり、遊園地があってもそこに寄り道できずに、ただまっすぐ歩くしかなったことを覚えている。そこでの勤務は4年半に及んだ。初めの2年はコーダーとして、続いての2年はグラフィックも加工できるwebデザイナーとして勤務した。福利厚生が充実しており月々の手取りは前職に比べてやや少なかったが、積立をしていたので貯金を貯めることができた。また、自動掃除機のルンバやサイクロン掃除機、電子レンジを購入したものこの頃だった。アニメやゲームのコンテンツを購入することができたので、それを見て楽しむだけでなく、制作に参加したいと思うようになった。オンラインゲームで知り合った大学生とコミケに行くことができたのもこのあたりだった。この後にゲーム会社にも応募はするものの、webデザイナーの事務所で、企業のホームページ制作を請け負う業務につく。ブログをCMSとして活用してカスタマイズすることで、クライアントの要望を取り入れながら、個人でコンテンツを運用して作成することができる。海苔の商店のブログを年末年始に更新するのが、行事のようになっていた。

続きを読む 今までの経緯と目的

デバイスと原動力

テトリスは画面に降りてくるブロックを順番に揃えて、揃った行が消えるというシンプルな仕組みで、いろいろなプログラムで再現する事例がある。そのなかでも、ゲームセンターにあったブロックの音に質感があり、背景に風景の写実画がある、タイトー社のテトリスがひときわ存在感があった。レトロな雰囲気の旅館にも置いてあるかもしれない。どちらにしても街づくりを画一的に行うという前の独自性があったころのノスタルジーを誘う。NintendoSwitchのJoyConというレトロファミコンのコントローラーのようなものを段ボールなどの箱と組み合わせて、カジュアルにアレンジするNintendoLaboというDIYキットがある。コントローラーはNintendo64のように十字キーがキノコのような形をしているスティックになっているが、十字キーとボタンの配置は初代AとBボタンだけのファミコンに似ている。初代ファミコンではコンセントから交流電源をACアダプターで変換して、ゲーム機では直流電源で動いているようだ。USB対応になった新型のミニファミコンやNintendoSwitchでは5Vの直流になるが、初代ファミコンにも直流電源はあったという。映像と音声の端子が、液晶ディスプレイでなくブラウン管だったので、いまとは変わっている。ブラウン管とジョイスティックがあるアーケードゲームは、秋葉原の電気街や、郊外の雑居ビルにまだ稼働しているものもある。

JoyConはハンドルのように使うこともあるという、iPodTouchにもそういった使われ方があった。自動車の運転をシュミュレートするハンドルのような活用法になっている。しかしながらスマートフォンやノートパソコンが普及したことで、かつてのゲーム機やデジタル手帳のようなプロダクトは見られなくなっていった。DC端子は円筒形をしているが、中身は直流電源のプラスの極と、周りの筒のマイナスの極が組み合わさったもので、とくに保護回路が付いているわけでもない。とはいえ家庭用コンセントからデバイスに必要な直流電源を取り出すために返還を行なっているモジュールが、ACアダプターになる。アダプターはノートパソコンや携帯ゲーム機のメーカーごとに異なっていたので、それぞれ独自の規格で動いており互換性が無いように見えた。

続きを読む デバイスと原動力

心の扉とネットワークの関係

インターネット社会が憎しみを増すような怖さがあるという、かつては2ちゃんねるにも大学の時は怖くて書き込めなかった。相手から非難される事もそうだが、自分も気性が荒くなってもう一人の自分を演じようとしてしまうところがある。そこから耳寄りな情報を集めようとした事もあったけれど、いまでは2chビューアを見ることはあまりなくなっている。当時というより、1980年代のメディアや小説はかなり言葉が、不特定多数に向けるとトゲのようになることがあるかもしれない。日本の犯罪者数は世界に比べると驚くほど少ないというけれど、それでも潜在的なストレスがないわけではない。普段は温厚な人でも、大切な家族や友人のような人を損なわれたりするような場面では怒る事もある。先代から、無茶な喧嘩は良くないというけれど、かといってなんでも受け入れて、誰にでも気さくに接するというタイプでも理想的にはそういった形がいいけれど、あまり快く思われないというところもある。
僕は少し隙間時間があるとtwitterやSNSを見ていることがある。それでも執拗に監視するような人とは少し距離を置きたい、僕自身が全て正しいわけでもないけれど、何かあると同じことをする場合は、他のことが手につかなくなるような気がした。書籍やメディアでなく、ネット上の声にはその人となりが分かったとしても、不特定多数にプライベートを公表することになるので、なかなか難しい。社会人になってから自分を見失うことなく、誰かの役に立てるような場づくりができればとは思うけれど、集団の中で別に言いたい事があるわけでもない。
続きを読む 心の扉とネットワークの関係