不具合と修復

クローラーで木場公園の走行データは雨に降られることなく行われたが、その午後には買い物に行っていると通り雨があった。天気予報には雨となかったので、自転車のカゴに入っていた雨具をかぶった。翌日には台風が来るという。ベランダの植木鉢を新聞紙やごみ袋を敷いて、室内に植物を退避させた。タイマースイッチはビニール袋とカゴに入れていた。台風の当日は異常検知が夜中に一件あっただけだったが、その後、定電圧モジュールと中型の蓄電池を試行しているのと同じタイミングでタイマーモジュールが異常動作していた。その以前にも雨は降っていたこともあったがここ数カ月は正常にログが取れていた。風と組み合わさると防水対策が不足していたと予測される。台風の影響で路線が運休していて、本数も減っていたので路線図通りに移動することが困難だった。また温湿度センサーを測ってみると、温度は正常だったが、湿度が極端な値になっていた。それが気になってUSBケーブルとarduinoIDEを繋ぐと、湿度が正常に取れていない、ところが、プログラムを再度書き込むと、IDEには正常になっているが、wifiの通信が遮られている。その日と前日はゲリラ豪雨と落雷があり、室内にいてもインターネットの下り回線が普段より遅くなっていた。arduinoIDEはなぜesp32の開発ボードに出力されないか分からず、バージョンを以前のesp8266のボードを物置から取り出すと、wifiが繋がって、時計が出力された。スマートフォンのアプリケーションはローディングバーが増えたり戻ったりと不思議な挙動をしていた。通信が不安定になっているようだ。

Esp32のIoTデバイスの基盤をamazonから購入した。PUチップには技適マークとメーカーのロゴがあり、また梱包も丁寧だったので、疑う余地がなかった。開封して、arduinoIDEに繋ぐとプログラムがコンパイルされても、端末では動作しなかった。ショップに問い合わせると、返品はしなくてもいいけれど返金はするという丁寧ではあったが、珍しい対応だった。区分がアカウント調整になっていたことが疑問だった。またarduinoIDEだけでなくC言語をベースにしたLuaにも対応しているようで、やりかたが違うのかと考えたが、返答が早く、返金処理も迅速だった。

Esp32はパーツショップには、DevKitCがあり同じ設定で動作するのでデバッグに有効になった。arduinoIDEの設定には選択肢があるが、依然としてEsp8266が使われている。Wifiが故障すると、どこかぽっかり穴が開いたようになる、それが気になってしまう。Esp32ではwifiによってルーターと通信しなければプログラムは正常に出力されている。そこでEsp8266に入れ替えるとwifiの通信やアクセスポイントの設定が依然として使える。タイマーモジュールの不具合から、湿度センサーの異常が気になったが、不具合を直そうとしても状況が解決しないのがもどかしかった。とはいえ、できるかぎり対応はしてみようと思った。そのうえでまたやり直せばいい。

続きを読む 不具合と修復

定電圧モジュールとネジ

DROK社の定電圧モジュールにはアルミニウムのヒートシンクがトランジスタに付いている。中心にはトロイダルコイルがあり、電磁誘導モジュールと共通するパーツもある。またヒューズも電流15Aのものが回路に付いている。電流と電圧の調整は可変抵抗で行うようだ。裏側にはマイクロチップが付いているところが異なっている。トランジスタを冷却するアルミニウムのヒートシンクが分厚く、特長的なモジュールになっている。で12vの電圧を上げていくと、電磁誘導モジュールの出力もそれに伴って上がり、パウンドケーキ型の容器の温度も上がりやすくなった。とはいえ容器の蓋は依然として必要で、段ボールをダクトテープで補強して内側にアルミニウム拍のテープを付けた。また温度計を入れる穴を空けてある。温度計は段ボールをダクトテープで補強すると温度計が固定されるようになった。アルミニウムを薄く伸ばしたアルミホイルなどには熱の伝えやすさの他に、放射熱という赤外線を反射する性質があり、魔法瓶のガラス瓶の内側にアルミニウムがコーティングされていたり、ジャガイモのホイル焼きのようにアルミニウム拍で熱する対象を包み込むと効果的に作用するようようだ。20vまで昇圧するとヒートシンクが熱くなってきたので、扇風機をあてて熱を冷やそうとする。誘導加熱以外にもトランジスタが熱くなることがあり、その部分にヒートシンクがあてがわれているが、扇風機でヒートシンクに風を当てると効果的になる。

ホームセンターで眼鏡用のネジがあった、現状使っている眼鏡と以前に使っていたメガネのフレームのネジが小型のドライバーで回して取り外すことができたが、ネジが3年ほどたって錆びていた。メガネのフレームはそのまま使えそうだったので、眼鏡用のネジに付け替えることにした。ところが、現状の眼鏡がホームセンターのネジより一回り太いネジだった。新しい眼鏡と古い眼鏡のネジを入れ替えて試して見てネジが入ったのは、ネジが錆びて細くなっていたからだった。眼鏡のレシートや購入履歴は眼鏡ケースに入っていたので、ネジを眼鏡ショップで修理していただいた。ネジにはドライバーがまだ使えるようになっていたが、ネジ自体を交換してフレームを修理することを思い付いたのはホームセンターに眼鏡用のネジが見つかったからだった。フレームが固定されたことで、メガネがずり落ちることが改善された、付け替えた前のネジも一応眼鏡ケースにしまっておこうと思う。現状の眼鏡のネジは眼鏡用のネジより一回り太いけれど、同じようにフレームと固定されてネジのゆるみが改善された。

続きを読む 定電圧モジュールとネジ

思いちがいから習慣を見直す

なんともうっかりして、iPhoneケースのサイズを買い間違えてしまった。Amazonでの返品はこれが初めてになった、とくにまだ破損していないのが幸いだったけれど、中古でゲームソフトを買ったとき、その保存状態の良さに驚いたことがあった。もし自分なら申し少し使い慣れているかもしれない、しかし元の持ち主にとって待望のゲームソフトが発売されて間もないのにもう誰かに譲ることが出来るのかとある種の畏敬の念を持っていた。
図書館の本でも、ほとんど新品に近いもので、唯一使い慣れたものは行きつけの古本か、海外のペーパバックのシナリオブックくらいだった。とは言え、いつものうっかりがではじめてしまったので、気を引き締めて行きたい。そうは言えど、そういったときには返って心の闇の声が響いてこないので、かなりホッとしている。孤独であることは慣れてくれば、あまり不足に感じない。そう思うと、闇の一面は、好調でも不調でも、突然やってくる。それでもマンネリがその人にとって良くないということは僕には難しい。
朝起きると、ブラウンの目覚まし時計からザーザーと音がしていた、昨晩に充電式の乾電池にUSBケーブルから充電できたので、電池を交換しさえすれば、数年ぶりに元どおりに使えるかと思ってみるものの、デジタル時計がやや薄く映るだけで、DCポートにケーブルを繋ぐと、デジタル時計の白がより濃くハッキリする。黒を基調にした角丸の外見から何かwebデザインと日用品を結びつけるヒントが得られるかもしれないと思って何年か前に買ってみるけれど、デジタル時計はパソコンの右下のツールバーをじっと見るような習慣が身についていた。かえって腕時計のような機能が限定されている方が活用しやすいのかもしれない。
Amazonでしか買えないものだけでなく、その体験が出来ることが、新鮮なことのように思う、通常スーパーマーケットにいけば、その場で用意できる品揃えの中から、予算と相談しながら必要なものを買い揃える。しかしながら、ネットショップでは必要な要素が現実に届いた時のことを想像しながら買う。それでも限られた情報の中で、逆にその必要性が強調されることもある。かつては無印良品で竹の籠が売っていて、それが必要とは限らなかったが、それが部屋にある時の雰囲気を思い浮かべて売り場に足を運んでしまったこともあった。また、なんとも注文した商品を間違えるこれまでは、数を揃えて購入した中に不良品があっても、そういうこともあると黙っていた。もし何か要望があるとしたら相手に負担をかけないように段取りを必要なことを準備して行きたい。僕の中にあるのが、少しでも損しそうになると焦りだして、よく調べれば自己解決しそうな質問もついつい聞いてしまうことがある。そういったときは場の流れを乱しやすい。何も喋らなければ、見逃してもらえたのにという圧力は多少なりともミスが呼び水になっている。
続きを読む 思いちがいから習慣を見直す