再生可能エネルギーの養殖

mineCraftで昆布のブロックが足されたことでどのようなことが起こったか、まずは海の景色が改善された。mineCraftでは景観は重要で、影MODを導入するとただの土のブロックでさえクッションにして持ちたくなるような親近感がある。昆布はそれ自体が水源になるようで、バケツで作った水源でも滝のようになる。溶岩の場合は水源と異なって資源に限りがあるようで、丸石は可能ではあるが、性質が変化しないことから建物の基礎になる黒曜石は水のように無限に生成できないようになっている。溶岩が潤沢にあるネザーゲートに供給できるルートを設けて置くという手段もある。溶岩でも竈の燃料になるが、石油のように有限な資源ということができるのかもしれない。昆布をバイオエタノールのように燃料にすることで、石炭を採掘する必要がなくなる。昆布と燃料で検索をしても、おにぎりの海苔に使うような食品を石炭の代わりにつかうような食文化はなく、mineCraft独自の仕様だと思われた。そこで検索の幅を広げて、海藻と燃料にすると再生可能エネルギーというキーワードが発掘される。昆布ブロックはそれ自体が水源になる性質があり、海藻は波間を漂っている。上に浮かぶこともあれば、水の底に沈むこともある。養殖することを考えず、沖合に自然発生している昆布ブロックは、海底から水面まで縦に長くなっている。どこかで採取すると、その上がちぎれて昆布ブロックとしていくつか浮かんでくる。それを海女さんのように採取する。集めた昆布を竈に入れて、乾燥昆布にして9つ分を束にすると燃料の代わりになる。乾燥した昆布は食料にもなる、これは海苔のようなイメージなのかもしれない。石炭に代替する燃料として、木を栽培して木炭を得る方法もある。木を植えることは空いた場所と照明の灯りがあれば可能だ。日光が当たらない地下や洞窟で、十分な広さの空間を確保して適度に照明を当てると、閉じられた空間にも木を植えることができる。これはかなり癒しになったが、木炭にするほど生産量を確保することができなかった。また木はランダムに成長するため、プレイヤーが届く範囲で採取しようとするとかなり効率が悪い。そのため、密林が生い茂っている場所を開拓したときに余剰した資源として木材を確保するのが現実的なのかもしれない。

続きを読む 再生可能エネルギーの養殖

秋晴れの気候

秋晴れという言葉はいつ頃からあるのだろうか、真夏の台風や入道雲がすぎて、空が青々しく澄み渡る様子を描いている。学生の頃も真夏には3日以上の猶予があったけれど、それでも残暑をいかにやり過ごすかばかり考えていた。温暖化がそれほど喧しく言われない頃から夏はうだるような暑さだった記憶がある。土がある道は少なく、物心ついた頃にはあるファルトで覆われてゆらゆらと陽炎が立っている。中にはその先に蜃気楼が見えるというファンタジーもあったという。近年では道端や工事現場にもソーラーパネルがある。大きさは畳半畳くらいでおよそ50Wくらいだと思われる。その電力で信号が動いたり、案内板が点灯したりしている。今年のはじめにやりこんでいたマインクラフトではソーラーパネルは、日照センサーとして、キャラクターが2マスのグリッドとすると、その半分くらいで、組み合わせて日時計に使ったり、照明に使ったりするようだ。とはいえ、ソーラーパネルの原型はここ10年くらいでほとんど変わっていない。

秋晴れというくらいだから、夏には晴れ渡る日ばかりではないようだ。それでも入道雲は水蒸気が固まっており、そこから通り雨が降っても隣町に移動すれば、雨を回避することもできるということもあった。光化学スモッグは工場の煙や自動車の排気ガスが空気中に排出されて起こるようだ。それでも夏にはそこまで空の色がグレーになっていたこともあまり多くなかった。スモッグは気温25度あれば、不透明なもやもやとなって地表にかかってくる。本当の秋晴れは、25度くらいになる10月に見られるということかもしれない。体温は36度、その前後になるととても蒸し暑く感じる。逆に25度いないではおそらく肌寒く感じることだろう。温暖化の影響で、ただ暑くなるだけというより、気温の寒暖差がより極端になった。例えば、冷蔵庫に冷たい水と温かい水を入れると、湯気がある分温かい水の方が早く氷になるという。一様に温暖化を見ることは難しい。マッチの火でも科学的な見方をすれば、モノの酸化を促進するプラズマの一種と言えなくもない。

続きを読む 秋晴れの気候