進路とプログラミング

時折雨が降るものの、それほど涼しくは感じなかった。長袖だったこともあり少し暑かった。台風が九州に接近しているので、天気がやや不安定になっている。晴れ間が見えているのに雨が降ったりしていた。事務書類では去年分の源泉徴収票が保管してあることが見つかった。離職票はまだもらっておらず、コロナウイルスに伴う退職勧告を受けている段階になっている。3級の障がい者手帳をもとに定期を無料で引き渡してもらう準備をしている。発達障害と統合失調症のため、それを和らげる薬を服用している。独り言があるというアドバイスから定期的にカウンセリングを受けるようになった。障がい者手帳もそのカウンセリングが前提になっている。なるべく正常な状態に戻れるように努力していきたい。

JAVAのプログラムではJavaFXを用いた図形の描画やボタンの配置を行った。ボタンを押したときにイベントが起こるプログラムは、JavaScriptでは簡易化されており、actionScript3.0のそれに近かった。また、図形の配置ではボーダーペインとグリッドペインというウィンドウ内の領域の定義があり、それぞれの区画には一つの要素が描画されるようだ。参考書のサンプルプログラムではテキストエリアとキャンバスの要素が同時に重なってCenter区画に設置されていたので、テキストエリアが表示されていなかった。キャンバス要素をRight区画にすると、テキストエリアと重複されずに表示されるようになった。また、ボタンを押して、チェックボックスを選択したときの動作で、コンソール画面に文字列として結果を渡すプログラムを追加した。これもJavaScriptやJQueryなどのフレームワークではなかったタイプのプログラムになった。とはいえ、JAVAのプログラムはパソコンのローカル環境でしか動かないので、実際には別の言語やシチュエーションに置き換えて当てはめる必要がありそうだ。ウィンドウ上に配置されたボタンを押してからデータの受け渡しだけでなく、そこからイベントとして図形の描画もできるようだった。参考書のプログラムを実行すると、黒い四角形が描画されるだけだったので、それに対応する描画の部分を特定しないと意味合いが分かりにくかった。結果的にはテキストエリアと図形の描画を同時に行えるようにプログラムを修正することができた。

続きを読む 進路とプログラミング

セクハラと自主性の絡まり

セクハラ問題は、一つ上の世代にしばしば見られる。グループと個人のやる気を餌でも釣るように操る。アニメでも白人で金髪が多いと、実際には不可能な事をやや理想的に描いているという事がしばしばある。負担を他人に擦りつけようとするあたりが社会に対してあまり生産性を感じない。産業が農業からサービス業に移行している。歴史的にはイスラム王朝の後半あたりから、農本主義が矛盾をきたしているとされた。イギリスではクローバーを使った三圃制によって休耕地を入れ替えながら耕す自営農民ができた。歴史はオセロや囲碁の勝ち方だけでも治りきらず、産業史や企業史と異なるところがある。高校卒業してから大学より、専門学校か、あるいは実業に入ると、おそらく法律や自然科学のノウハウが必要になる場面もしばしばある。もしお子さんに勉強をさせたいのなら、強制するべきかという問題になる。
ワンピースの映画では生き生きとした人物の作画や建築も見た目では素晴らしかったが、金融の知識を必要とする場面があった。モナコのようにカジノが運営される町に貸金庫があって、それを貸した人が分配するための仕組みとして、貸し借りの慣習が形成されていく。広告代理店のお涙頂戴的な雰囲気は、ややもするとヤラセに近いところがあり、少なくともそれは作られた感情だ。それが無かったとして本当の感動があるかというとそうとも言い切れないが、騙されるよりはマシだと思う。嘘や作り話は時として暴力になる。世の中が弱肉強食とは決め付けられないが、社会的に立場が弱い人が搾取される様子がしばしばある。とはいえ、それらは初見では難しい、経験は記憶によって造られるという説と、立場や目線を低くしてなるべく被害を受けないようにするという備えが必要になってくる。しかしながら日本ではそれが村社会のような因習になっている。ふと海外に目をやると必ずしもそうでもない。また、日本独自のものを説明するのに大部分が英語の勉強が要求されるものが多い。そこで難しい事を難しく説明することよりも、少しでも理解者が増えるように、簡単な例え話にできるかによって行動の自由度が異なってくる。
続きを読む セクハラと自主性の絡まり