巷の素描

男性構成比が放送作家という業種が仲間内でスラングのように使うセックスという言葉は、異性が交わるというそのままの意味合いではどうやらないようだ。また、そのようなざっくばらんなやり取りが滞ると、大げさに少子化うんぬんと言ったりもする。ともかく、クラスで一人はいるような人気を取ったり、他人から注目されたいという性格がある。

SNSではとっつきにくい専門家より、多少チグハグなところがあっても、寛容なパーソナリティのほうが、巷を明るくするという。とはいえ、発信元の本人が詭弁を弄し、人の性であるかのように、世間一般はではなくで、あなたがでしょうという、太宰治の問答のような堂々巡りになる。だれでも、得意げに当たり前といえる分野があれば、専門家でなくてもセミプロのようになれて一目置かれるようになりたい。しかしながら、どのような世界観かと尋ねると、織田信長かアドルフ・ヒトラーや第二次世界大戦という、およそお笑い芸人や放送作家のイメージとかけ離れた極端な例だった。そういえば子供でも怖がったりする、もしそこそこ判断力のあるマセガキだったら、振り向いてくれないとして、どんどん狼少年のようになる。満たされない心が、苦労の後に幼稚なキャラクターをひそめる。

芸能関係では、演者も目立つけれど、それを収集する編集者もまた、舞台を支える。とはいえ、編集者は定年の65歳をを過ぎた権威がおり、その界隈では徒弟制度がまだ残っているのか、あるいは、編集だけではオリジナリティが出しにくいのか、喫煙所で交わされるような、愚痴に関係者が合わせている。

また、高齢者の麻雀のサークルが、にわかに雰囲気を粟だだせると、関係ないとはおもいながらも、高齢者層が英雄譚を語り始める。それは若い層が関心がないのか、高齢者が干渉してくるのか、なんともいえない。

続きを読む 巷の素描