メッセージの送り方

2017年から書き始めている雑記が今日で1000本目になる。とりとめのない随筆から、科学やDIYに興味を持ったこともあった。現在では書いたことをもとに相手の意見を取り入れながら、目標を新たに探していこうと思う。パソコンもメモ帳からWordに、macBookからwindowsPCに変遷している。ダイヤフラムポンプを使った水冷ユニットでパソコンを起動させる前に循環させてパソコンの表面温度を平熱に保っていた時期もあった。キャタピラクローラーをraspberryPiとarduinoなどのマイコンとスマートフォンでリモコンのように動かしていたことも行っていた。Blenderで3Dモデルを作ってキャタピラーの動きを再現したこともあった。そういったことは空いた時間に行っていたスマートフォンのキーワード検索が契機になっていた。webデザイナーからプログラマに転向する時期に時間が空いていた時に身の回りで気になったことを調べる機会があった。技術的なことは詳しく教えてくれなかったけれど、気が付いてみるとアルミニウム板で足場を作っていたり、キャタピラクローラーを中国から部品を輸入して組み立てていたりした。それらはDIYとして行っていたが、実際には身の回りの人の支援が折り重なってできていたと思われる。

今日は朝起きて、新聞小説を書き写して、すこし時間が空いていたので雑記のアーカイブを整理しようとしたら、作業半ばで時間が足りなくなって、就労支援施設への通所を優先させた。その判断には理由があったが、どこかさきほどこうしていれば良かったとあれこれ考えるようになった。こういった作業は手を付ける前にまとまった予定を立てることを行った方が良かった。新聞小説の足りない画像を見つけたことはよく気が付いたと思うが、そのまま他の作業に移行する前にひと段落置くべきだった。2018年の半ばから、WordPressのバージョンが変わり、記事のエクスポートのときに出力されるHTMLタグが変わっている。テキストはメモ帳に張り付けるとフォントがデフォルトになって、Wordでも読みやすくなる。Wordのファイルサイズでも2018年と2019年では同じ文字数でもクラウドサービスが普及した影響で、ファイルサイズが変わっている。クラウドサービスによって家で文章を作成しても、外出したところでスマートフォンを開いてもその文章の続きを見ることができる。MicrosoftのOneDriveというクラウドに一つのアカウントごとに割り当てられた無料の容量は5GBだった。以前は水冷ユニットを組み込んだ小型PCのデスクトップとマイドキュメントの容量そのものだったので、常に仮想の鞄に書類がたくさん入った状態になっている。文章はパソコンのキーボードで作成する、スマートフォンでは文章をブラウザのスクロールで読むことはできても書くことができない。メールやショートメッセージの文章はそれぞれが限られた心理状態で、相手に伝えることを優先して送ってくれたものだとも考えられる。Googleのキーワード検索を分からない漢字を調べる漢和辞典のように使えるが、なるべくは語彙を豊かに持っていられるようにメモで字を書く練習をしても効果的になる。

続きを読む メッセージの送り方