キツネのポリゴンを作った動機

僕にできる工夫といえば、まず相手を批判せず、競合しないもので、これまでありそうでなかったことを追求することがポイントになる。変わり者だったり、引っ込み思案だったりすることもあるが、その分相手には親切にニュートラルに接したいと思っている。高校の数学でもそうで平均点を少し抜けると、ほとんど競争がなかった。僕としてはお互い切磋琢磨するということもモチベーションにはなりそうだけれど、お互いを認め合ったうえで、それぞれが個性を伸ばしていくという方法は今まで試されたことがないのかもしえない。それは僕の周りだけの知見で、外の世界ではまだ見ぬ可能性は探せばあるのかもしれない。

mineCraftのキツネのテクスチャーは、Googleで検索したところ、既存のポリゴンがなかったので、自分でテクスチャーから比率を定規で測って、blenderに雪だるまのように作ってみた。またチェストボックスの開閉などもポリゴンの原点移動によって作られた。ワイヤレスであれば便利ではあるが、テンキーがあった。かつてはボタンの配置がstepmaniaの十字キーに似ていたので、リズムゲームのインターフェースに使ったこともあった。また、聞きごたえのあるBGMを探しているが、メモしてみると日本の曲が4曲、海外の曲が2曲しかない。カラオケのレパートリーを電話帳からさがそうとしてもなかなか見つからない。自分で作った曲ではないけれど、聞き覚えのある曲は有名なで再生回数が多い曲でも、そうでない曲でも、繰り返し聞いていると何かが変わっている。たとえばDAMという通信カラオケの音源をMIDIというオルゴールのような音階にしたものは、街角のスーパーマーケットでも流れている。それを聞くと街を散歩したときの思い出を追体験できるという趣がある。同じようにゲームのBGMでも、それを聞くとゲームをプレイしたときの記憶を再生することができる。

キツネのキャラクターはマップ上でアイテムを与えると、口にアイテムを加えて持ち運ぶことができる。ところがアイテムのポリゴンは平面ではあるが、1ピクセルの厚みがあってカードの絵柄のようになっている。これをBlenderで再現するのは2Dの平面とはいえ、単純な四角ではなかったので、テクスチャーの貼り方が難しそうだ。またキツネは寝るときに瞼を閉じて、頭と尻尾を丸めるようになっている。

続きを読む キツネのポリゴンを作った動機