値のズレと想像

帳票の値を手書きでメモしていた数字は合っていたが、なにかの手違いでエクセルに入力した値が1だけ少なかった。これは原因が分からなかった。また、帳票の合計値を2で割った残数か、そうでないかは帳票を扱っていないために分からず、エクセルのリストの日付が合っているかどうかだけ確かめた。これには頭を悩ませた。エクセルに転記する箇所が重複していたものはエクセルのセルを見直すことで解消された。間違いがあってもその都度メモして、少しずつ精度を高めていければと思う。合計値の検算はまだ行っていなかったけれど自分でセルフチェックができていれば未然に防げたかもしれない。

動画ファイルをエンコードでは同じmp4の動画の拡張子でも、圧縮率と画像最適化の違いでH264とH265があった。動画ファイルをエンコードするとH264の指定にして、解像度を1280×720の画質にして3分程度のムービー出力をすると、パソコンが途中で止まってしまう。メモリの容量か、またはビデオカードのスペックが不足しているのだろうか、intelNUCにはビデオカードが省スペースになっている分、出力される画面のピクセル数を小型にすることで効率を上げている。スマートフォンのキャプチャではH264のまま、640×480に画質を落として対応していたが、H265の指定にすることで、現状のパソコンスペックでも1280×720の画質で動画を作成することができるようだ。ビットレートはH264のときに1280×720の画質にすると16Mbpsになり、エンコードが途中で停止した。H264のままで、640×480の画質にすると6Mbpsになる。H265では、1280×720の画質のままでも7Mbpsとデータ容量を節約しながら、画質を上げることができる。

続きを読む 値のズレと想像