時事問題と日常

新聞には中国の新型コロナウィルスの船内感染についての、ニュースがあり、一般的にはうがいと手洗い、アルコール消毒の実施を習慣づけることが追加されている。中国の内陸部の都市、湖北省武漢に渡航した旅行客を媒介して肺炎が伝染して、死亡した例もみられている。中国と日本を行き来するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では集団感染が起きて、感染対策が不十分だったことを指摘するYouTube動画で告発した神戸大学の岩田教授の動画は議論を呼び、やがて動画自体が削除されることになったという。

クルーズ船の船内の感染予防対策が、厚労省でも議論されるようになっていた。中国本土の死者は2000人を超え、社会問題となっている。イギリスのBBCでは検疫の過程が不十分だったと見解を示している。テレビを付けるとニュースでも新型コロナウィルスと国内の感染例について特集が組まれている。Twitterでは、クルーズ船の様子が中継されているが、問題がある様子は見られない。中国国内を除けば、日本国内では最大の集団感染の場所になっているために、注目が集まっているが、専門家の間でも責任の所在や意見が分かれている。ウィルスが存在するとみられる区画と存在しない区画が明確でなく、そのために集団感染のリスクが高まったという。死亡する感染者の割合で高いものは高齢者や既往症のある感染者になるという。

大阪に在住する中国人の華僑団体や中華系企業が、日本全国の協力企業や個人から寄せ集めたマスクや医療用手袋を母国・中国に送ったという。中国国内では新型コロナウィルス感染者を受け入れる医療従事者の院内感染も深刻な問題になっている。院内の病院長が感染して死亡に至るケースもあるという、新型コロナウィルスの感染ルートとして霧状に浮遊する粒子に混じったウィルスを吸引する「エアロゾル感染」の可能性があるという。その場合、日常でも手洗いやうがいマスクの着用の習慣が意味を持ってくる。このように世論にさらされるなかでモチベーション(士気)を保つことは理性だけでなく、実践的な方法に基づいたアドバイスも必要になると考える。

日本国内ではまだ症例は少ないが、作業場でも告知が出ていたりと世情の変化を感じる。産経新聞のアプリケーションを開いてみると、解説の記事があった。またBBCの日本語に訳された記事でも、まったく医療的な予備知識がないなかでも実情に寄り添える想像力が養われる気がした。そのきっかけはTwitterの写真とテキストだった。今回は新聞だけでなく、写真や動画を踏まえたインタビュー記事が役に立った。

続きを読む 時事問題と日常

時代の変遷とアジア圏のファンタジー

時事問題でLINEとヤフーの経営統合があった。LINEは電話番号に対応しているようで、スマートフォンをiOSからandroidOSに移行するときに、メッセンジャーがどっちに届くか分からなくなったことがあった。Kakao talkというメッセンジャーアプリがあったけれど、そこに付いていたシューティングゲームのミニゲームのアカウントはログインできなくなっていた。韓流のコミックでチーズインザトラップはLINEの漫画サービスで読むことができた。実写化すると韓流の端正なキャストが演じているが、コミックでは素朴な表情になっている。作者のスンキの最新作はクッキーヒーローという、オンラインゲームのアバターと少年の物語を書いている。クッキーというお菓子の味付けにキャラクターの性格が反映されている。かつてはkakaoTalkにもローソンやヱヴァンゲリヲンの公式アカウントもあったけれど、メッセンジャーは統合されてきている。ちょうど野球チームのスポンサーがかつては鉄道会社が多かったが、昨今では楽天やソフトバンクに変わっているのと似ているのかもしれない。イギリスのBBCという放送機関では、whatsappというメッセンジャーアプリのアドレスを、periscopeという実況中継のアプリにキャスターのヌーラ・マカバーンがアカウントを手書きのメモに走り書きしたものが公式のアカウントだったのはすこし驚いた。そんなアドリブで物事は決まっていくのかとちょっとしたサプライズだった。また、ゲームのアプリも韓国だけでインストール可能で、国内ではインストールもできなくなってしまった。韓国のアバターは2Dのキャラクターでも、丸っこくて愛嬌があった。また角丸の枠組みは、四角いテーブルに丸のパーツを組み合わせた見た目はシンプルでも手間が掛かるものだった。日本でiPhoneが携帯電話に変わる2010年代に、サムスンがgalaxyというandroidPhoneを国際展開していたことが有名だった。もしLINEやnavorまとめを使いこなしていたなら、galaxyがスタンダードになるという選択肢もあったかもしれない。そのころ僕は国内のスマートフォンの料金体系の兼ね合いで、携帯電話かiPhoneの他に選択肢がなかった。また2017年の年明けには、ファンタジー風のキャラクターと翌年を組み合わせたカレンダーも商品化されていた。それを見ると、韓国の商店街ではキャラクターがどんな風に映るのかと関心が湧いた。しかしながら、ハングル語の表記と、円とウォンの違いからそれは買うことができなかった。ゲームはできなくなったにしても、韓国のアバターの屈託のない笑顔がまたなんらかの形で見ることができればと思っている。

続きを読む 時代の変遷とアジア圏のファンタジー

時事問題に見る、短い効果、長い見方

トランプ米大統領がアフガニスタンで使ったMOABはわかりやすい。
しかしながら爆弾の用途と威力より、
兵器にかかるコスト、準備費の方が高くつくと心配する見方もある、
もしかしたらこの人が本物かもしれないという根拠のない励ましを感じることがある
少なくとも日本やイスラム圏のネチネチした嫌がらせはない
ただ、抗がん剤が癌の根本治療になりにくいように
ただ漢方はいいところばかりと言っても体験的には難しい
漢方の抗がん剤は、副作用がなく長期で治る
西洋の外科手術は、短期で患部をやっつけるが、副作用がある
という構図の嘘にショックを隠せない。
インディアンや黒人なら生命の秘薬を持っているというのも疑わしい。
ハイブリットであるべきと思う。
ハイブリットの半分は、ロクでもない。
不動産の半分は、縄張り争いだ。
そのようにして株価は、気が狂ったようなギザギザを持って推移した。
続きを読む 時事問題に見る、短い効果、長い見方