自主性の在り方

mineCraftの軽量化MOD、Optifineの改修がtwitterのタイムラインの英字を読んでいると難航しているようだ。2020に入って順調に進捗を進めていたけれど、2月下旬になってから95%あたりから進まなくなってきた。そしてそれから2週間はなにも音沙汰がなく、つい昨日になって、進捗をスクリーンショットで明示した方がいいかを投票することになっている。Optifineは、公式のmineCraftをサポートするソフトウェアになり、ボランティアのエンジニアも多く参画している。画素を構成するブロックを数えることを分担して行っているのかもしれない。mineCraftは特に広大なマップでテクスチャーは平面のドットグラフィックだけれど位置関係は縦と横だけでなく奥行きがある3次元になっている。デジタルに見えて意外にアナログな要素もあるのかもしれない。これまでmineCraftのアップデートに合わせて、1.7から順に1.15まで実績を重ねてきている。ブロックの要素のひとつひとつの整合性に比べれば、水や空気の透明度をレタッチしたシェーダーパックは飾りなのかもしれない。また公式のmineCraftは1.16にアップデートするに際して、ネザーランドという並行世界を大幅に拡張している。1.15の世界観もいずれアップデートされる流れにある。とはいえ、twitterに寄せられた改修の進捗へのコメントを見ると、日本より寛容でそれぞれが自主的に意見を出し合っているように見えた。現在のバージョンでもOptifineで実行することはできるが、1.14のようにシェーダーパックで見た目を変えることはまだ調整中のようだ。1.15ではミツバチやハニカムブロックが追加された。公式のmineCraftがブロックのパターンを増やしているため、Optifineやシェーダーパックでもレタッチが間に合わせている。通常アニメや漫画のキャラクターに同人作品が付く形だけれど、ドットグラフィックにも改変版が有志によって作られるようになっている。

Amazonから折り畳み傘の安心メールが届いた。傘がジャンプ式折り畳み傘のバネで思わぬケガをしないようにとのことメッセージだった。国民生活センターから注意喚起があったとのこと。Amazonで買った折り畳み傘は、バネとボタンによる自動での開閉でなく、手動での開閉式で金属の部分は錆びにくいアルミ製になっている。軽くて丈夫で、傘の骨の数が多いため雨が降っても濡れにくかった。また折り畳み傘のケースにはファイバー繊維が内側についており、バッグに折り畳み傘を入れても濡れにくくなっている。こういったニッチな商品がロングテールとして並んでいると、こちらとしても選び甲斐がある。

続きを読む 自主性の在り方