予定外のすごし方

もし荷物の手違いがあっても、こちらが精神的、肉体的に疲れないようにする必要がある。こちらから問い合わせる手段がない、段ボール10個の配送にヤマト運輸が手間取っている。それともこちらが無駄足になることを予測していたとしたらちょっと奇妙だ。いい散歩になっていい運動になった。しかしながらこちらが困るのが、僕が数字を言ったり示したりするのを、期待しているのか名前を知らない人に数字をきかれることがある。数字はものの尺度を示すもので、その大小を比べるものではない。一方で、数字が通らないと、今度は言葉を使わずにただ寄り添ってくれという、これもまたあったことが無いけれど人が良さそうなひとに寄りかかるような感じですこし奇妙だった。僕はAIではないので、電話番号くらいしか数字は覚えていない。

例えばマクドナルドで待ち合わせ番号をうっかり間違えると、無銭飲食と間違えられそうになる。そのような意図はないけれど、以前にもヤマト運輸で再配達のフォームを開こうとすると、その地域の配送車に直接つながり、これから申し込もうとしている荷物を早めに届けてくれることがあった。とはいえ、気持ちは有り難いがこちらから頼んだものでなく、居酒屋のお通しのようですこし気が引けた。なんにしても待たなくて良くなったのですこし気が楽になった。相手が気になって、苦手な数字を読みあげたり数える作業を、急に振られて戸惑う心配を何とかしたかった。

自分では興味が無いが、人の気持ちが荒れると僕も煽りを受けるかもしれないので、若者の麻雀サークルのホームページを見るとやはり雲行きが良くない、ここの雰囲気はどういうわけか硬い雰囲気に影響する。硬い雰囲気なので公務員のような気質のほうが雰囲気としてはあっているのかと思うと、見た目と現実は異なるようだ。しかしながら、ギャンブラーは向いているかどうかは知る由もないが、経験も少なく仮に練習すればするだけそのスキルが付いたとしても、叶わないと思う。 相手を出し抜くより、その良さを引き出すような工夫があればと思う。

続きを読む 予定外のすごし方

見えない良識と生活学問

社会には不思議な力が働いている。その作用は、その場の空気の流れのように作用していて、時に、誰かを奮い立たせたり、また誰かを緊張させたりする。流れに沿って考えることで、グループの中でパフォーマンスを発揮できる。僕は、先のことが予測できない不安から、身構えてしまったところがあった。すると相手も、あまり気が進まなくなる。誰かを成長させようとする人の気持ちに気がつくことが、唯一の不調から脱する手段なのかもしれない、もし不調から抜ける手段がなかったとしても、相手に迷惑が及ぶことが少なくなる。
何事も卒なくこなして、相手をたてながら家族やグループのために貢献したいものの、その一方でシンプルに割り切れないこともある。しかしプログラムに限らず歌やドラマのセリフなどではサラリと言えてしまうものもある。その裏には多くのノウハウとそれを支えるチームワークがあるものがほとんどだ。そのためにも始まりと終わりの挨拶とその日その日の目標づけがペースメーカーになると思う。ペースメーカーも一つのエンジンから、ネットワーク化して、グループの常識という概念になった。
実際には、挨拶以前にも工夫する余地はあるけれど、初めはリズムに慣れることが大事だと思う。僕は体力と瞬発力がなく、功名心が前に出ると自滅するように転んでしまう。それでも、何も知らなくても要点を押さえてチームを引っ張ってくれる役割が見えることがある。それに打ち勝とうとだけ思わず、負けまいとすれば、あるところまでは緊張し、ある水準や結果に達すれば、やがてはだんだんど和んでくる。
特に人の性格に特長がつくのはその人の職場環境が大きく影響している。もし担当する仕事が上手くいかないこともあるとすると、そこから立ち直るための方法にはそれぞれの強みが現れる。今までは、予測を立てることで安心を確保してきたが、
予測や段取りが孤立を誘うこともある。グループで結果を出そうとする無言の圧力の中でせめて水を得た魚のように泳げるようになるように。
続きを読む 見えない良識と生活学問