季節の変わり目と気温

ここ数日の温度と湿度をベランダに置いた温湿度センサーから、wifii通信でログを取ってみると、エアコンをつけなくても過ごせるような気温になっていた。蒸し暑く汗ばむ夏から過ごしやすい秋に変わった季節の節目があったと予想している。雨は16日(月曜日)と18日(水曜日)に降っていた。雲が比較的分厚かったこともあり、16日は雨具を羽織って徒歩と電車で移動した。17日(火曜日)は、雨が止んで、雲も少なく珍しく晴れていた。18日には雲がかかったと思うと雨が降って、自転車のカゴに入れていた雨具を道すがら使うこともしばしばあった。一般的に雨の日は夏でも気温が涼しく感じることもあるが、気圧の変化などをその日に該当する天気図に置き換えてみると、16日から17日にかけて台風16号が熱帯低気圧に変わっていた。秋雨前線は低気圧と高気圧の関係性からでき、雨雲が留まりやすくなる。湿度は湿度センサーの変化から観測されるところでは17日には日が昇って晴れ間がでてきたあたりから90から60前後になり、また日が沈んで夕方になると湿度は元に戻っていた。おおよそ気温の変化と、相似しているけれど、晴れと雨で湿度が変わるということも仮説ではある。天気は変わりやすく、雨を気にしていると外にでることが心配しすぎになって手間が掛かるし、また天気を気にしなさすぎると通り雨にあって身動きが取れなくなる。気象庁のXMLから台風や天候の情報も定期的に受信しているが、電話で台風のことを聞き、それを元に植木鉢をベランダから室内に移した。暴風によって木の葉が道端に散らばっている状態から復旧したが、それ以降も天気には通り雨があり、今年の9月はなにかと天気が変わりやすいようだ。自転車のカゴの雨具が欠かせなくなってきた。しかしながら雨具を着ていても視界や移動手段は晴れのときに比べると限定されてくる。

続きを読む 季節の変わり目と気温