温度と個体

ブロワーファンを12ⅴにしたところ、USBにつないだ5vのときより風量は大きくなったものの、音が存外大きくなった。音が掃除機のように大きいだけで消費電力はそこまで上がらない、おそらくブロワーファンの羽の空気抵抗がじゃっかんあるためだと予想される。消費電力の割に風力とノイズが大きいので存在感がある。逆に風量の割に消費電力がすくなく音が静かな扇風機では、無印良品のサーキュレーターがある。この場合、扇風機の羽が3つで流線形になっているだけでなく、風の幅がブロワーファンより太く広い、川に例えると、急流で細い川幅と、ゆっくりでも広い川幅があるとして、もし運ぶ液体の送料が同じと仮定すると、早く細いか太くゆっくりかの用途の違いがある。とはいえサーキュレーターもいいところばかりでもなく、広い風の動きで効果的に基盤が常温にもどるけれども、周りの温度まで下げてしまう。風量を強から弱にすると気にならなくなるが、CPUの温度もやや上がる。風の音があるていど抑えられれば、ピンポイントで基盤を常温に戻せればと理想的ではある。

電気を熱に変える試みは存外に暖かかった、かつては電子レンジでも食卓から温もりがなくなると思われていたが、電熱線はそれよりは出力が弱く、とろ火に近い。しかしながら、熱に耐えうる素材が存外少なく、熱の通りがよくなくても水やガラスが必要になる。ガラスは熱に強くなおかつ向こう側が透明で観察しやすくなる。それだけでなく、ニクロム線は水に直接触れると錆が溶け出してしまうので、ガラス管は水だけでなくニクロム線自体を清潔に保つための工夫でもあった。そのうえガラスは電気を通さないので、回路がシンプルに整う。このように耐熱用にするには、ほぼガラスの容器を用いるしかなくなるが、ガラスは丈夫で水や電気を通さないが、唯一衝撃に弱いという弱点がある。ステンレスの二重タンブラーがトールサイズであるのは、ガラス管がすっぽり収まる高さで、なおかつ暖かくなった空気は下から上に登るので、熱を閉じ込めるのに適していた。容量は250ccほどあり、USBケーブルにつないでおくと半日くらいでカップラーメン1杯分のお湯が温まる。USBケーブルの向こうに湯気がでるのはなんともいえない温かみがあった。またシリコンラバーヒーターは椅子のシートの布地の下に敷くと小型で省電力のホットカーペットになる。とはえ、小型のホットカーペットでも長時間付けていると温度が一時的にあがるので、熱に強い人工革やシリコンが必要になる。

続きを読む 温度と個体

植物がもたらす温度変化

水苔の養生用に保存容器を用意した。いずれも水滴が満遍なく着いて、枯れにくくなる。透明なプラスチック容器に入れた自然環境を模したモデルがあった、人口の植物であれば見栄えがするが、生きている苔が中にあると、水滴で容器が曇ってしまう。最初はがっかりしたが、
むしろ水滴が生態系を維持する上で、重要な役割を担っていると仮定して、水苔を保存する入れ物にした。
2週間ほどで、薄緑の芽が出て、中にはイトミミズもいた。成長が促進される背景にはなにがしかが蠢いている。もともと梅酒を作るための保存用の容器として売っていたが、サイズが大きくなると、用途を変えて米びつに変えたりできる。容量が4Lのプラスチック容器にはお米の計量カップがおまけでついてきた。コップは何に使えるか、液体を入れる容器か、それとも植木鉢か、はかまた建築の材料か。
例えば東急ハンズでは、ラベルのないペットボトルの容器が手作りの地ビールの醸造容器として売っていた。
気温 30.8度 湿度68%
現在は、昼過ぎで31度、湿度が70%近くあって、少し汗ばむ季節になった。スマートフォンには温度計がついていない。GPSで衛星からその地域のデータを受信している。天候や温度がある値になったとしても、体感温度と異なることもある。また、水滴が生まれる容器の温度や湿度がどのようになっているかを知りたくなった。そこで、センサーのついた温度計を使って、室内や外気の中で植えるのと容器の中で水苔を育てるのでは、どのように違うのかを温度から調べてみた。
スペアミントの温度
27.8度(-3度)
3Lの容器
30.2度(-0.6度)
1.7Lの容器
30.3度(-0.3度)
0.9Lの容器
33.1度(+2.3度)
0.5Lの容器
34.8度(+4度)
比較的乾燥を好む、ハーブ、スペアミントを土に植えてみると温度が3度下がって木漏れ日の涼やかさが生まれた。
スペアミントの保湿を保つための水苔は乾燥して、瑞々しさを失った。
手をかざすと少しひんやりしている。ただ、土に植える作物で成功した事例はあまりない。もし、ベランダでのハーブの栽培が上手くいった暁には、サバサバしたクールな落ち着いた空間が生まれる。それに比べると密閉容器に入れるとほんのり暖かくなる傾向がある、容器の容積が大きいものは変化が外気に近く、小さいものはわずかな植物でも温められる傾向にある。
続きを読む 植物がもたらす温度変化