無線と有線のイヤホン

東方紅魔郷は2002年に同人ゲームとして、配布されたものの、現在でもアップデートパッチが適用されており、virtualBoxで配布当時のwindowsXPを再現しなくても、フレームレートを60fpsにして互換モードにすると、最新版のwindows10でも動作するようだ。シューティングゲームでは花火のようなエフェクトでBGMも諧調が聴きごたえがあり、グラフィックはPIXIVにあるような美麗なものではないが、どこか味があり見ごたえがある。10数年経ってもその魅力は色あせることがない。

スマートフォンでワイヤレスイヤホンをamazonから購入した。ワイヤレスイヤホンは防水で、イヤーピースをLとRの左右の2組をそれぞれ耳に装着する。有線のイヤホンでは電車のガタゴトする音が大きかったので聞き取りにくかったものが、ワイヤレスイヤホンにすると環境音があるなかでも音声を聞き取りやすくなっている。とはいえイヤーピースが耳から外れやすいこともあり、歩きながら装着するより、椅子に座って使った方が外れる心配がない。また蓋が付いたプラスチックのイヤホンケースは容量3500mAhあり、モバイルバッテリーとしても動作するようだ。モバイルバッテリーに比べるとサイズと容量は一回り小さい、amazonの商品サムネイルの印象では大きめに感じたが、実物が届くと手のひらに収まるくらいだった。スマートフォンにはイヤホンジャックが付いていないため、BlueToothを経由したワイヤレスイヤホンが音声を聞く唯一の方法になる。イヤホンジャックがスマートフォンに無ければ、スマートフォン自体が防塵、防水化する傾向もある。イヤホンケースから取り出すと、connectedという英語の音声が起動して、スマートフォンの音声の音符のアイコンに、BlueToothのアイコンが重なる。起動の時には左右両方のイヤホンが必要だが、それからどちらか片方をケースに入れても音声は保持されるようだ。はじめから片方だけにすると起動しなかった。また、イヤホンケースのモバイルバッテリー部にある充電用のmicroUSBケーブルの端子は、マグネットケーブルにしたけれど、充電アダプターが家電量販店で揃えたものでは、満充電ができず92%くらいで留まっていた、充電アダプターは、OPPO AX7の純正アダプターにすると100%まで充電できた。充電アダプターはマグネットケーブルを活用して、microUSBアダプターを抜き差ししなくても使えるようにしているため、googlePixel3の純正のアダプターはUSB-TypeCのケーブルの両端がオス-オスになっているタイプで、家電量販店でなくamazonの方が、バリエーションが豊富になっている。またできれば被覆がゴムでなく布製のケーブルの方が絡みにくく便利ではある。

続きを読む 無線と有線のイヤホン