電子書籍と読書灯

ろうそくの明かりで電子書籍を読むことが一つの目標ではあった。LEDはそれに近い色再現性を持っており、とくに平面なLEDダイオードより、自然光に近いLEDフィラメントはかなりろうそくの光でありながらも、燃料を消費せずに電気で賄える。またマグネットケーブルが、なにかの端子と磁力でくっつくと、モバイルバッテリーが自動的にONになり、磁石を離すとOFFになることから、LEDフィラメントもUSBの5Vで、マグネット端子と合わせれば、モバイルバッテリーでもクランク発電機でも読書灯を使うことができる。月の明かりで本を読みたくなったこともある、本屋で漫画や小説の単行本を買って、電柱の街頭に寄りかかって続きを読むことが楽しみだったこともある。

今回は、kindleに青空文庫をインストールすることにした。著作権も気にならず、図書館にあるような一般的な書籍で、今まではスマートフォンでスクロールさせながらテキストを流し読みするのがもっとも効率がよく、ポケットにも収まった。デスクトップの液晶画面で青空文庫を移すと、確かに文章量は多く映るけれど、背景の白地にLEDの最も明るい白色が敷き詰められるので目がチカチカしてくる。そういったこともあり、設計図が紙媒体になることもしばしあばある。クラウドファンディングのINDIE GOGOでは、白黒のE-inkを活用した文章や図形を共有するモニターもあるが、カラーの液晶に比べるとコストがかかり、表示スピードもそれほど早くない。実のところ、電子書籍を読むのにiPhoneのsafariやGoogle Chrome指先をつかったフリップでの閲覧が最も一覧性が高いが、それでも読書に特化したkindleのE-inkの滑らかさを活用してみたかった。LEDバックライトを夜間でも読めるくらいに明るくできるが、できれば灯りを自前で用意して、バックライトを節約することにした。

クランク発電機にLEDフィラメントをつなげると、クランクを数分回すと、30分くらい点灯している。その間にkindleで数十ページくらい捲れる。まるで紙芝居をめくるように地味でもクランクを回すことが苦にならない。

ゲームではアクションゲームではキャラクターが動いたりシビアな動きをする。とくに白熱するのは、スーパーファミコンのマリオカートで、これは3D版で動きが滑らかな最新版がでてもなお、駐車場のようなブロックのステージでカートの周りの風船を割るルールと、上下にプレイヤーの視点が分かれているレイアウトが、プレイヤーだけでなく、それを応援する人にも没入感を与える。これがバーチャルボーイのようにゴーグルで個人の視点になったら、ドライバーの運転のリアリティやシビアさは増すけれど、そこまで感情移入しにくくなる。とはいえ、白熱していてもかならずしもそれが好きとは限らないが、それだけ一生懸命になれるなら、だれとでも友達になれそうな元気のもとになる。

かつて、アメリカのマークトゥウェインはまだ普及するとわかっていたわけではないが、グーテンベルクの活版印刷の未来の形として、パズルのようにアルファベットを組み合わせっるワードプロセッサーの原型を作ったという、講演ではそれが善意からだとしても、法螺やジョークも交えていた著者にはプリントの仕組みを作るのは意外なことだった。

ヨーロッパではゲーテがガラス管の中の水が、天候によって水位が異なることから気圧計を作ったという、フラスコからちょうどガラスのチューブが伸びていて、気圧に応じて水位が変わるという。19世紀でアナログがまだ主流であった時代にも文章は確かにコミュニケーションの手段ではあったが、物理的なガジェットを拵えることにも一定のニーズがあることが今から振り返るとかえって新鮮だ。

続きを読む 電子書籍と読書灯

ステンレスソケットとトロイダルコイル

室内でクランクを回して発電をしながら、ポケットラジオに充電する仕組みを作っていると、トロイダルコイルのついた降圧モジュールが故障してしまった。定格電圧は5Aだったけれど、電気二重層キャパシタを並列につなげていたのか保護回路がショートした。蓄電池の容量は、分流計によると5A以上あったが、分流計は電流の累計の値で、蓄電池そのものの容量ではないようだ、ポケットラジオであれば、30分から1時間くらい電気二重層キャパシタの容量で稼働するけれど、スマートフォンの充電を試みている。そこでシガーソケットのステンレス製の筒があった。筒自体が金属でできているのでアースや放熱フィンの代わりになる。シガーソケットに収まるUSBポートは、12vから5vを取り出すモジュールとしては市販のものでも十分小型になっている。ステンレスが分厚く半田付けができない、もし半田ごての出力があれば溶接のようなこともできるかもしれない。トロイダルコイルのついた降圧モジュールの故障した要因は、実の所特定されていない。蓄電池の端子を充電の際に付け替えることがあり、外れそうになるくらいなら半田付けをして端子の交換が頻繁にならないように配線を固定して整頓しながら、クランクの発電機の出力を効率的に引き出していきたい。同じ電流と電圧で故障しないモジュールもある。そこでモジュールにプラスチックのケースを被せて、埃や衝撃で回路が壊れないようにしようとした。プラスチックのキャリーケースにキャタピラーの付いたクローラーも入るかと思って箱を掃除すると、箱が空になってみてキャタピラーと箱のサイズよりやや大きく、箱の埃や掃除され、部屋の整頓に役立った。そこで透明なリュックにキャタピラーを入れると、ピッタリと収まった。その状態でリュックように背負うわけにもいかず、収まりは良くなった。半田付けの出力はあまり良くなく、半田が剥がれたりすることもある。もしはんだごての出力が高出力で調整できるものがあれば、ニクロム線ヒーターもケースや配線も試行錯誤しなくて済んだかもしれない。マグネットの端子は熱で溶け、紙パックもUSB端子との相性がよく、紙パックにイヤホンジャックを付けるというデザインがツイッターでちょっとした話題を呼んだものの、ホッカイロとして使うには耐久性が足りなかった。ニクロム線ヒーターはmicroUSBのDIP化基盤を使って電気を取り出しているが、その部分は小型のプラスチックケースで保護しており、1月から3月の寒い時期に布団に入れていると、寒さが和らいだ。外側から温めると大きなエネルギーが必要になるが、服や布団の内側から温めると少ない熱量でも温まる。

続きを読む ステンレスソケットとトロイダルコイル

発電機とUSBの間

発電機が昨日届いた、思ったより早く到着して驚いている。発電機は自転車や電動車椅子を動かすために作られていたもので、回転をギア比でゆっくりにするようになっている。そのため、逆に発電する場合ならゆっくり回してもモーターはその分早く回る。風力発電のギアと同じ仕組みだけれど、ミニ四駆のモーターを回してもLEDを点灯するくらいの発電には至らないので、ある程度想像で新しいものを輸入したという不安な要素もあった。以前のかつて日本製のモーターを発電機に転用した20wの出力のモーターも、それが届いてからは部屋の様子が一変した。こんなに錆びた鉄の塊にネジやボルトを通しただけで、だんだんとレゴブロックができるように形が組み上がっていく、クランクの部分は同じ工場製の鉄のパーツを溶接したもので、凹凸の金属片をシャフトにつけて回していく、よくみると、クランク自体もベアリングで回転するようになっており、軸を握って回すだけでは手がしびれてくる。ボルトとナットを組み合わせても回転するような仕組みが作れず、amazonで検索するとM8ボルトにフライス盤用の握る部分が回転するハンドルが合った、それもこれも、発電機は重いけれど、底が円盤になっており、水平に立てることができない、以前の発電機は木の台にボルトとネジで固定してついには片手で回せるくらいに安定した。とはいえ、回転の間エンジン音が大きく、出力はスマートフォンを再生しながらそれを充電できるくらいで、出力は太陽電池の12v-14vくらいだった。防音用のスポンジを纏わせたことで、かなり着ぶくれた風になっている。とはいえ、新たな発電機にボルトとナットと金具で足を付けてせめて地面に水平に立つようにはしたい。それを少し離れたところからその様子を眺めたい、眺めるだけでは飽き足らず、それを試しに回してソーラーチャージコントローラーに光が灯るくらいに繋げてみたい。なにはともあれ発電機を動かしてみたかった。新しい発電機を素手で回すとわずかに電気が出ている。次にホームセンターで金具を買ってハンドルが回るところまで進めると、6vくらいの電圧が出力された。6v6wのシリコンラバーヒーターがハンドルを回すだけでほんのり温まる。駆動音も比較的静かだった。次に、6vを12vに昇圧するのに、かつて日陰の太陽電池を昇圧させようとしてできなかった時のモジュールがあった、aliexpressでも20w以上の発電機にその基盤を使っていたので、それを繋げてみると6vは12vから24vくらいに昇圧された。太陽電池はそのように発電されなかったので、何かが6vの電圧に含まれている要素があるのかもしれない。 太陽電池用に買っておいた昇圧モジュールは、手で電気を発電するという発想が当時はなかったので、燃えないゴミ箱に入ってしまっていた。それを取り出して繋げて復活することになった。
続きを読む 発電機とUSBの間