今までの経緯と目的

朝起きて、新聞小説を書き写して、散歩にでると資源ゴミの日が今日でまだ8時前だったので、段ボールを梱包して出しておく、そのときに自転車ですこし散歩に出る。今年は2020年で、大学を卒業したのが2015年だったため、社会人になって15年目になるようだ。そのうち10年をwebデザイナーとして過ごし、4年を派遣社員のSEとして過ごしてきた。ちなみに社会人になって1年目では、専門学校に通って、そのスキルを活かしてアルバイトをしながら過ごしていた。2年目になって個人のプログラマの事務所に参加して、そのホームページを作ることを始めたが、社会保険などの福利厚生に加入しておらず、不安な日々を過ごしていた。続いて3年目ではITベンチャー企業に就職して、コーダーとして企業のホームページにコンテンツのデータを入力していた。社員の平均年齢が若く就業規則は比較的自由だったが、業務が深夜に及ぶこともあった。現在ではウェブサイト制作は行っておらず、スマートフォンのカバーを作る代理店になっているようだ。とはいえ、社員旅行に行く経験をして、レクリエーションをしたのもここでの経験が初めてだった。福利厚生も充実していた、専門学校で学んだスキルを活用すべく、転職エージェントと相談して、価格比較サービスのコーダーとして働くことになる。新卒のときはエントリーシートを書いても1次面接までしか進んだことがなかったが、エージェントの協力もあって2次面接まで進むことができた。

後楽園を歩いた道は、道の途中で東京ドームがあり、遊園地があってもそこに寄り道できずに、ただまっすぐ歩くしかなったことを覚えている。そこでの勤務は4年半に及んだ。初めの2年はコーダーとして、続いての2年はグラフィックも加工できるwebデザイナーとして勤務した。福利厚生が充実しており月々の手取りは前職に比べてやや少なかったが、積立をしていたので貯金を貯めることができた。また、自動掃除機のルンバやサイクロン掃除機、電子レンジを購入したものこの頃だった。アニメやゲームのコンテンツを購入することができたので、それを見て楽しむだけでなく、制作に参加したいと思うようになった。オンラインゲームで知り合った大学生とコミケに行くことができたのもこのあたりだった。この後にゲーム会社にも応募はするものの、webデザイナーの事務所で、企業のホームページ制作を請け負う業務につく。ブログをCMSとして活用してカスタマイズすることで、クライアントの要望を取り入れながら、個人でコンテンツを運用して作成することができる。海苔の商店のブログを年末年始に更新するのが、行事のようになっていた。

続きを読む 今までの経緯と目的

協業の接点

朝起きて、コンビニで前身入れ墨をした男性にお金を要求される。まるで以前にも合ったかのように覆いかぶさってくる。財布には500円玉が入っており、それで朝食代にと渡した。断ることもできたかもしれないが、凄まれるのも怖かった、彼は生活保護を受けているという、その真偽は確認できないが、断らないことで親切さを表そうとした。

怒っていることと叱っていることは異なるというアドバイスを受ける。同じ人でもいつまでも機嫌が悪いわけでもなく、要求したことと言動などにも影響されるという。僕は相手にこうすればという風に指示をしたことがなかったので、相手の立場に立てないことがある。業務である以上馴れ合いや学校のような和気あいあいとした雰囲気でもないけれど、ともかくは協力するためにできることを模索したい。

また僕は相手に伝言をしたことも経験がなく、僕のことは別に忘れてもらっても構わないというスタンスだった。そのため、どれだけ前かは知らないが一度言ったことを忘れたとは言わせないぞというメッセージの強さが分かりにくかった。僕個人では相手にそのような一方的な要求をしたことが無かったからだった。またボールペンが先輩と偶然同じ種類と形だったためにどちらのボールペンか分からなくなってしまった。後になって返してくれと言われて、慌てて作業机に同じボールペンが無いか探すことになった。偶然同じ種類の赤と黒と青の多色ボールペンの種類が被ってしまった。どちらかというと譲りたかったが、それがないとポケットに書くものが無く、指示書にチェックができない。ボーっとしていると忙しそうにしている先輩とうまく連携出来ないが、僕個人としては次にどう行動したらいいかを考えているときでもあった。専門用語が分からず、メモに書いたことを羅列しても通じなくなってきた。そういったときに上手く趣旨がまとまっていないと工夫できない、その方法は考えろとアドバイスを受ける。

続きを読む 協業の接点

誘導と向き合う

数にこだわっていたわけではなかった。一種の目安としてと言うところがあった。よくスポーツを見ていると、これっていいところまで引き分けにして最後に一点取ると効率良く勝てる。と言ってしまえば極論だろう。そこまで勝つことに拘れない。サッカーの場合、みんなで一つのボールを回してそれで協力して取っていて、まるで原住民の漁のような趣がある。もし、大きな獲物を捉えればそれだけ集落は貯蓄が増える。原始的には勇者は、ともすれば特定の役割を持たない、つかみどころのない者かもしれないが、そう言った儀礼的な側面もあったのかもしない。でもそれになりたいと言う人がたくさんいれば恐らくは競争になり、集落や部族トライブの誇りを守ると言うより、特定のグループの人物を陥れる方法を身につけようとすると言うリスクもある。自分にもそう言った部分が全くないかといえば嘘になるかもしれない。それでも世の中が善と悪、苦労と安楽だけで分けられない、割り切れないとしてもなんとも後味が良くない。

陶芸は土からできる原初的な文化というよりは、生活の手段だった。それでも今ではそう言った活動ができない、窯を作って火を起こすのも燃費が計り知れない。それでも土をセラミックに加工には熱と化学変化が必要ということだけは伝わっている。かつては多くのIT担当者がろくろを捏ねるようなしぐさをして、それでアイデアの形を伝えたという。昭和年代のように空き地がなく、ベーゴマを鉛で鍛造するということも、今ではできず、ベーゴマの形のプラモデルをカスタマイズするという別の体験に置き換えたという活動になっている。もし大学があったとして、その先に別の世界が拓けていれば、学ぶことに客観的になれた、自分を見つめ直すこともより容易だったかもしれない。

続きを読む 誘導と向き合う

入り口から出口までの過程

嫌がらせがものを知るための最善の方法なら、そうすればいいだろう。僕は本性さえ怪しいと思っている。勘も当たる事もあれば外れる事もある。お金が絡んでくると嫌がらせになりやすい、ではお金にこだわらなければいいかというと、博打の要素をタイミングよく受け流す必要がある。世の中の底辺でなかったとしても、現状に不満を持って、他人に寄りかかる人がいる。
社会人になるまでは、そう言った寄りかかりはなかったので、物珍しい部分はある。アイドルの人気投票も当たる事もあれば外れる事もあるが、それを誰かにモテている、ちやほやされているとするのは、あまり想像ができない。噂もされるより、する方にもリスクがある。人の口に戸は建てられないけれど、構ってちゃんというタイプがある。それは言葉や仕草が普段、話し合われたりすることがなかった事もある。それよりも遠因としては、作業とは関係のないところで誰かに操られているようなところがある。その影響力によっては、どっちに付けばいいかをそれぞれが知らないことが多いなりに気を使いあっている。不思議なことに大体においては、それほど的外れでもない、その精度も一宿一飯の恩義のようなもので絆が付いた方が、グループに対する定着率は高い、気がついたらそこにいるくらいの存在感がある。僕はあまりそういった依存をしないようにしているけれど、特に人間関係で困らない。
パソコンやゲームで関数を使うと、作業をまとめて自動化することができる。これはヴァーチャルな、液晶画面で、記号を用いて作業されるので、そこで同じように動作させれば、相手をコントロールできると思う人も中にいる。とにかく手癖を真似にしょうとする。業界ではセクハラと度胸試しと、我慢比べが信頼を図るためのものさしになっている。それらは、昭和年代の高度経済成長期に養われたものが多い。平成になって歴史の教科書にもコンピューターが出てくるけれど、まだエクセルと家計簿の違いは文系の資料からでは読み解けない。目的もないまま、下を向いてただやるべきことをやり切るとだけ教えられてきた。その過程で相手より優れていると思われる感覚は、隣の人よりも我慢したり正解数が多かったときに反応するようだ。しかしながら人生の目的はそれだけでは分からない。高校より暇を恐れて、売り場のレジに立って接客を覚えながら夜間学校に通う。戦前よりもハードワークとも言える環境で、そこでしか得られない価値観があるかもしれない。確かに短期的にはそれでやる気がつくけれど、それが持続する人は少ない。気持ちを持続されるためには、何かに依存していることが足枷になる。
また、自分のいうことを都合よく聞いてくれる相棒がいたとしても、それは友だとも家族とも違ったタイプでもある。民主主義は利益をグループにもたらさない、それでもそれ以外の制度では、ある種の独占になる。今までの経験では嫌がらせが一種のコミュニケーションツールになっている。丁寧で流暢な言葉ではそれがハッキリして正確なメッセージだとしてもなかなか素直に受け入れられない、パソコンでは手書きの文章と異なり、ボタンを押すだけで意図したことが出力されるので、なかなか有り難みがないとされている。アメリカのマーク・トゥウェインは各地を講演しながらも、ワープロのアイデアを考えていたり、イタリアのオリベッティ社は、タイプライターで文章を書くだけでなく、アスキーアートのような遊び心があるものにした。
続きを読む 入り口から出口までの過程