DCモーターとバランス

ブロワーファンにUSBを通じて稼働させようとするときに、手持ちの回路でもUSBケーブルから昇圧できるモジュールを保管していた。DROK社からUSBの電圧を昇圧と降圧ができるモジュールを輸入していたことがあった。2つの昇降圧モジュールのうち1つはキャタピラクローラーのモーターの馬力改善に使っていた。もう一台は予備として保管していた。amazonではDROK社がアメリカ向けだけに販売するようになり日本で輸入できなくなっていたこともあり、持っていた2個が珍しいパーツになっている。USBの5Vから9Vにのみ昇圧するモジュールもあるけれど、DROK社の昇圧降圧モジュールでは、5Vから12Vまでをポテンションメーターのツマミによってデジタル表示で調整できる。ブロワーファンに接続すると9Vだけでなく7V前後でもある程度の風量で動くようだ。ブロワーファンを二重反転ファンが付いた扇風機と交換しようとしたところ、ブロワーファンとダイヤフラムポンプの組み合わせを1本のUSBケーブルの電気量で維持することが難しく、出力が安定して確保されず途切れ途切れになっていた。ブロワーファンは電圧12V、電流0.6Aでダイヤフラムポンプも同じDCモーターを使っており、出力も同じくらいだった。おそらく12V、0.6AのDCモーターを2台、USBケーブルの電圧5V、電流2Aで持続的に賄うのに無理があった。またプロペラの重さがブロワーファンは二重反転プロペラに比べて重く、空気抵抗から電流の消費量が高かったことが要因として考えられる。ダイヤフラムポンプと同じ回路に付けていても風量が大きかったので、DCモーターを使った扇風機なら汎用的に動くかと思っていたが、プロペラ自体の形状や材質による空気抵抗が風力と電力消費量に現れた形になった。

続きを読む DCモーターとバランス