透明なブロックと猫

ガラスブロックにレッドストーン回路が使えるようになった、実際の電子工作でもプラスチックやアクリルなどの透明なパーツは電気を通さないが光を通し、中の変化を見やすくすることができる。またレッドストーントーチはLEDダイオードで、たいまつがLEDランプだとすると、回路があるところにはなんらかの灯りがある、ガラスの上に回路がのれば、その分灯りの材料を節約しながら当たりを照らすことができる。木材や土ブロックはツルハシなどの道具がなくてもプレイヤーの素手でブロックを付け替えできる。透明でないブロックには動力を伝える効果がある。1マス回路がなかったとしても隣り合わせのブロックがあれば、動力が伝わる。回路は混線しないように1マス開ける必要があるが、ホッパーとコンパレーターを使った回路はアイテムのフィルターに役立つが、いくつかの作例ではスペースを節約するために集約されている。回路が入り組んでいながっらも、特定のアイテムを箱に入れるという明確な目的のために、決められた動きをする。コンパレーターが作動するときにも備え付けられたダイオードが動いている、この動きが特長的で今まで影だったところに一筋の光が差した。

かねてからピストンとスライムブロックを組み合わせた乗り物にスイッチや回路が付けばと思っていたが、1.14版から、スライムブロックの接着剤にトロッコレールがくっつくようになった。トロッコレールは透明なガラスブロックの上にも設置できるようになっており、透明な橋が掛けられるようになり、薄暗い空間でも灯りを節約しながら、トロッコの行方を見られるようになった。そこで乗り物にトロッコレールをつけて乗り物が発車したとっきにチェスト付きトロッコを載せて、アイテムの棚をそのまま移動できるようになった。するとアイテムの分類のニーズが高まりそうではあるが、植物が成長する間隔は、そこまで早くない、しばらくパソコンを手を放して継続稼働させてみる、するとどこからともなく猫の鳴き声が聞こえてきた、macBook版でも猫を手なずける方法はGoogleで調べればできるはずだけれど、描画が重くなることが心配になり、そういった余裕がなかった。Windowsではあらかじめカスペルスキーのセキュリティソフトをインストールした、macBookではフリーソフトのavastを使っていたが、展開がせわしなくなるタイミングで有料に切り替えっるというポップアップが出る、グラフィックボードをいたわるために画面を小さくしていたときにかなり堪えた。そこでヨドバシカメラでカスペルスキーの緑のクマのマスコットが気になったのか、また台数では5台分のライセンスにしてmacBookでもセキュリティがスムーズになるようにしようと思う。液晶ディスプレイには文房具の下敷きが、タッチパネルは若干鈍くなるが、指で一つずつ押してフリックすると画面を指定できる。このように、CPUそのものは作れないけれど、周辺機器を工夫することでwindowsOSとmacOSに共通した準備もできる。

続きを読む 透明なブロックと猫

どこにでもありそうでないアイデア

スマートフォンの画面をプロジェクターに映したり、ゴーグルに映して擬似3Dを体験させるアイデアや仕組みが、いくつか見られた。もし、スマートフォンレトロなテレビの枠に当てはめるとすると、擬似3Dの仕組みと似ている。スマートフォンがあたかも風景の一部に溶け込んだかのようなコマーシャルやイラストも印象的だ。そのためには枠組みが限りなく細いか、主張しないというデザインが効果的に見えたが、ある程度規則的な形で、黒い枠でも3Dゴーグルに当てはめることができる。特にスマートフォンの枠に色がついていなければ、もともと備わっているCPUとインターフェイスを実用的に運用することができる。ガラスは透明ではあるものの落とした時の強度が弱いとされてきたが、強化ガラスや、薄い保護フィルムもプラスチックからガラスに変わってきた。iPhoneXでは従来のiPhoneからホームボタンがなくなったモデルだけれど、androidではホームボタンが平面で目立たないようなモデルもいくつかある。
それでもスマートフォンを何台も持ち歩くことも、連絡用に持っている機種以外ではできないので、エミュレーターがパソコンに備わっている状態から、試行錯誤を試みる。パスを確認してコマンドラインから、SDKやXcodeだけでなく、単体でエミュレーターを起動させるところまではできたけれど、androidのhostファイルを上書きすることができなかった。エミュレーターやVirtualBoxのローカルアドレスはいずれも、10.0.2.2だった。VirtualBoxでwindowsを起動してUSBケーブルから書類を開いて、macOSに送って開けることができた時はパスが繋がった実感がもてたけれど、実際にはセキュリティ対策でUSBケーブルは、外部のパソコンに繋ぐことは難しいようだ。USBケーブルはスマートフォンやバッテリーの充電に使っているものの、用途が決まっていないところでは、持ち運ぶよりその特長を観察して、自分なりのアイデアや仕組みを考える時間を多く取った方がいいかもしれない。
続きを読む どこにでもありそうでないアイデア

心を繋げる仕組みが入る箱

ナビゲーションを作っているとどちらが影響力を持つかということになる。困ったときはお互いさまということがある。はじめはテクニックや機転を競い合っていてなかなか仲が良くならなかったけれど、進路が同じようになると共感できることもいくつかできるようになる。どのようなグループでも兄と弟のような関係が自然にできるけれど、そこを一歩抜け出すと、どちらでもないようになる。どうしても結果をみて判断する、つまづいたり滞ったものはお勧めできないという、その先入観の中にも、だれかの役に立てるところはあるのかもしれない。未来予測が話題になっているものの、他の人がそれを行おうとすると不安のなすり合いになる。不安はなくそうとしても細切れになって残っていて、どこかで具体的に対応するか、出来るところとそうでないところをじっくりと見分ける必要がある。
誰しも、台詞に力を入れていて、それに従わざるを得ないような状況にはなるものの、それで事態が大きく進展したことはあまり多くない。一般とそうでないものの狭間にも、実はこうした方がよかったということもいくつかはある。なるべくは面接などで出たとこ勝負になったときに、ある程度正常でないこともあるかもしれないが、あとあと振り返って見ると本心では実はこうしたかったということは見つかるかもしれない。とにかくこれからはリズムを整えて行こうと思う、今までが特殊な状況下で日々の考えを綴る機会が定期的に訪れなかった。こう言ったものもいつ書けなくなるかという覚悟は固めておいたほうがいいと思った。そこまで反射神経に優れるわけでもないが、書けるきっかけが一日に何度か訪れる。そのタイミングに乗っかっていると割合考えがまとまりやすい。しかしながら、相手を一言で黙らせる工夫を考えていると、おそらく判断材料が足りないか、またはミスを引きずっているかなどがあり、先々にあまり生産的ではなくなってくる。
続きを読む 心を繋げる仕組みが入る箱