楕円の球体

Blenderの造形で楕円の球体を作ってみると、意外にしっくりくる。ドロイド君の頭もロゴを確かめると半円からすこし平べったい楕円に近かった。しかしながらUVの球体を縮めて楕円にすると底の部分がベベルにならなかった。そこで底の部分を含めた回転体にして見ると、楕円のメッシュを作成できたものの、レンダリングすると影が不自然に出ていた。パーツを分けてベベルがある底の皿と、蓋になる楕円のやや平べったい半球体の位置をそれぞれ隙間が無いように隣に配置すると、影が自然にできた。造形の際には複雑な多角形を作らずに、シンプルな三角形と四角形のポリゴンで構成するという基本があるものの、レンダリング時にそこまで利点が表れてこない。また隣り合わせで重なったオブジェクトを統合する段階では影の形は変わらないが、頂点をマージすると、メッシュの見た目は同じでも影の当たり方が変わってくる。スムーズシェードをオフにすると不自然ではないので、レンダリング時にはコツがあるようだ。いつか角丸のベベルが付いた円筒と、楕円形の球体を形にしてみたかったことが実現した。また、パーツを別のファイルで作っておいて、後からレゴブロックのように組み立てることができる。パソコンも経済的な状況からハイスペック版を一度に揃えることができなかったので、CPUが含まれた小型のintelNUCと、次にラジエーターと扇風機の水冷ユニット、そして外付けのグラフィックボードのEGPUとそれぞれが連動してはいるが、独立して機能するモジュールのようになっている。

続きを読む 楕円の球体

キツネのポリゴンを作った動機

僕にできる工夫といえば、まず相手を批判せず、競合しないもので、これまでありそうでなかったことを追求することがポイントになる。変わり者だったり、引っ込み思案だったりすることもあるが、その分相手には親切にニュートラルに接したいと思っている。高校の数学でもそうで平均点を少し抜けると、ほとんど競争がなかった。僕としてはお互い切磋琢磨するということもモチベーションにはなりそうだけれど、お互いを認め合ったうえで、それぞれが個性を伸ばしていくという方法は今まで試されたことがないのかもしえない。それは僕の周りだけの知見で、外の世界ではまだ見ぬ可能性は探せばあるのかもしれない。

mineCraftのキツネのテクスチャーは、Googleで検索したところ、既存のポリゴンがなかったので、自分でテクスチャーから比率を定規で測って、blenderに雪だるまのように作ってみた。またチェストボックスの開閉などもポリゴンの原点移動によって作られた。ワイヤレスであれば便利ではあるが、テンキーがあった。かつてはボタンの配置がstepmaniaの十字キーに似ていたので、リズムゲームのインターフェースに使ったこともあった。また、聞きごたえのあるBGMを探しているが、メモしてみると日本の曲が4曲、海外の曲が2曲しかない。カラオケのレパートリーを電話帳からさがそうとしてもなかなか見つからない。自分で作った曲ではないけれど、聞き覚えのある曲は有名なで再生回数が多い曲でも、そうでない曲でも、繰り返し聞いていると何かが変わっている。たとえばDAMという通信カラオケの音源をMIDIというオルゴールのような音階にしたものは、街角のスーパーマーケットでも流れている。それを聞くと街を散歩したときの思い出を追体験できるという趣がある。同じようにゲームのBGMでも、それを聞くとゲームをプレイしたときの記憶を再生することができる。

キツネのキャラクターはマップ上でアイテムを与えると、口にアイテムを加えて持ち運ぶことができる。ところがアイテムのポリゴンは平面ではあるが、1ピクセルの厚みがあってカードの絵柄のようになっている。これをBlenderで再現するのは2Dの平面とはいえ、単純な四角ではなかったので、テクスチャーの貼り方が難しそうだ。またキツネは寝るときに瞼を閉じて、頭と尻尾を丸めるようになっている。

続きを読む キツネのポリゴンを作った動機

気候の変わり目と順応

気温が少し落ち着いてきたため、蕁麻疹が気にならなくなってきた。4月から5月にかけて急に汗ばむようになってくると、アトピー性皮膚炎の調子が悪くなる。これは毎年のことだった。こまめに風呂に入ったり、散髪をしたりしてケアしていくことが必要になる。またはアトピー性皮膚炎の軟膏をまとめておくのもアイデアだった。アレルギーを抑える錠剤は定期的になくなるのに、症状が軽かった時に軟膏を温存していて、診断のときに軟膏は手持ちの備蓄があるといってから、1週間ほどで蕁麻疹がでてしまった。いまのところ布団は血だらけにはなっておらず、関節より腿や手の甲など比較的湿疹が出にくいところが痒くなっている。これでも数か月前は収まっていたこともあったのだけれど、なるべくは軟膏を多めに、まめに塗ることが必要になってくる。寝ているときはそこまで痒くないけれど、起きているときはなるべく掻かないことを心掛けたい。気温は27℃から28℃でペルチェ素子では氷は作れないけれど、体感温度は比較的涼しい、サーキュレーターを当てると肌寒く感じるくらいで鼻水がでることもあった。もし気温がこれに2℃くらいプラスになると、室内は汗ばむくらいの暑さになる。天気がくもりだったことも涼しさには影響している。5月まではUSBのホッカイロが必要なくらい寒かったために、いまでは半袖で過ごせているが、今のうちにアトピー性皮膚炎を鎮静化させておきたいと思う。また髭もアゴが被れているので、シェービングジェルを付けるだけなく、風呂から出た後に髭が柔らかくなっているときに剃るなど、軟膏を塗るだけでなく工夫はしている。外に散歩にでるときにもマスクが必要なことから、アゴのかぶれは直しておきたかった。季節の変わり目で顔が痒くなってアゴが被れるようになったが、軟膏は一応塗っている。

続きを読む 気候の変わり目と順応

ブロックとUVマップ

mineCraftのプレイヤーのスキンを初音ミクのMMDのアバターとして動かせるようになると、ブロックも立方体ならばドットのデータを読み込んでUVマップとして反映できると考えた。windowsPCでも3DデータのUVマップや動画ファイルが画像ファイルと同じように開くことができて、それぞれ3Dデータであれば光源を調整したり、動画であればフィルムのシーンを止めてを画像として抽出することができる。現在PhotoShopのような画像編集ソフトのライセンスは持っていないが、ドットグラフィックならペイントソフトでなんとか張り付けができるかもしれない。また、mineCraftでオブザーバーは顔のブロックに面したブロックの変化を検知するセンサーではあるが、このブロックによって回路が一人でも組み立てやすくなったため、対話的な役割としてMMDに登場させるのもアイデアになると考えた。ドットグラフィックでは芝生のブロックが印象的だ。土色と草の色が調和してそのブロック一つだけでも景色が想像できるようだ。現実にクッションにあっても人工物ではあるが自然な要素を持っている。3D編集ソフトのSketchUpにて立方体のブロックが配布されていた。そこにサイコロの目を張り付けるようにBlenderでUVマップを対応させていく。複雑な形状のUVマップはまだ経験がないが、3Dデータの普及によって個人用のパソコンでも3D用の画像をやりとりする機会が訪れると予測を立ててみる。ドットグラフィックは以前のバージョンでは一枚の画像にパッチワークのように容量を節約するために複数のパターンが組み合わさっていたが、バージョンアップされたものではブロックの種類が増えて、個々の画像ファイルに分割されている。ドットグラフィックの1ドットは、画素のピクセルでは1pxにあたり、元のファイルは液晶画面では小指の先くらい小さいものになっていた。引き延ばすと画像がぼやける。ドットグラフィックは縦と横が16マスの正方形で、その中の模様によって、フォントや記号を表している。マス目であればエクセルの表組みを方眼紙のようにして、その中でドットグラフィックを再現する。表組みの背景色を色分けして、スクリーンキャプチャでUVマッピングに張り付ける方法を用いる。このようにしてオブザーバーとレッドストーンランプがMMDに実現した。

続きを読む ブロックとUVマップ

自律的な共同体

mineCraftの農場の面積をコンパクトにした方が、活用しやすいという裏付けを取ることはできなかった。建物の回廊を作る時に、同じ柱をクローンすることで均整を取るという建築方法があった。モノづくりは基本的にはチームで行う、僕の場合は妙に孤立してしまっているが、いつでも協力の可能性は否定していない。一人で行う場合はプレハブ建築を参考にする。作業場でコンテナを作って、現場ではレゴブロックのようにユニット同士を組み合わせる。すると限られたスペースにいかに効率的にモジュールを詰め込むかが量産するためにも必要になってくる。また農民のAIの壁を繋げることで、共用スペースにAIが散歩するようにした。縦5マス、横5マスの農場は初めの2つは左右対称に手で一つずつブロックをコピーした、cloneコマンドによって、2セットを2つコピーすると、合計4つになる。余った作物を入れるためのレールとパワードレールはcloneするとジョイントがちぐはぐになっていなので、線路を引きなおすことにした。作物やチェストボックスの中身は正確にコピーされていた。3Dでは奥行きがある。10cmの立方体には、縦と横と高さの3乗の容積になる。1㎝四方のブロックが1000個中に納まることになる。複製したブロックも合計1155個になった。もし農民のAIによって植え替えを自動的に行うことを前提にしなければ、農場は水溜まりで耕地を湿らせることができる最大の広さ9マスを目いっぱい使った広さになるが、その広さに一つずつ苗を植えていくことは効率が必ずしも良くなさそうだ。

鉄の資源は、地中深くまで掘り進める以外では、村人が住居の近くに召喚するアイアンゴーレムから取得する他に手段がないため、資源が溜まるペースは鉄が十分に取得できれば、食料は多少収穫の効率が悪くても、そこに適応したシステムの構成が妥当だと考えた。とはいいえ、ホッパー付きトロッコのアイテム吸着作用がホッパーにも備わっていれば、畑の下をガタンゴトンとトロッコが往復しているパターンはそこまで馴染まなかったかしれない。

小麦は雑草を収集するときにも種を拾うことができる。ジュールヴェルヌの神秘の島という小説では、ポケットに入っていた小麦の種を土に植えてそこから繰り返し作物を増やしていったという。mineCraftでも開拓の途中で偶然手に入った種を空いた土地に植えてそこから増やすという方法もある。現実には種から育てることは難しく、すでに育った苗を選り分けて挿し木や継ぎ木をして増やしていくことが多い。例えば桜の木も同じ苗木を接ぎ木して、それぞれの町の街路樹になっている。

続きを読む 自律的な共同体

習慣と仕組み

5月の連休では電車やバスを使ってはどこにも外出せずに、自転車で隣町に移動したくらいだった。コロナウイルスの感染者は5日連続で100人を下回って、緊急事態宣言の効果が数字になって表れ始めている。マスクは布マスクでは鼻のアレルギーで血が付くので白いいガーゼを洗う手間ができるために一時保存して、同じように洗って使えっるウレタン製のマスクに替えて過ごしている。シミが目立たないためだった。気候としては朝は少し寒かったので、布団が必要になった、日中は足が寒くなったので靴下をはいた。だんだんと蒸し暑くなってくる感じがする。青空は春から移り変わりつつあった。ベランダの雑草にススキのような穂がいつの間にか生えており、白い花が咲いている。

BliBli動画でコメントといいねが付いた。あまり人気はないけれど、自分のオリジナルの工夫がユーザーの思い出になってくれればと思う。これが日本国内のニコニコ動画やYouTubeではそこまで見ず知らずの人に親切にはしてくれないと思うと貴重ではある。とはいえどんな動画が話題になるかは僕自身にも分かっていない。およそ11人のいいねが集まった。国内では孤立しているのか、日常で呟くことがないのか、またはとくに友人がいないのか、理由は複合的であるようだ。自立はしていても孤立はしないようにしているが、以前にすんでいたマンションの隣のビジネスホテルが、都内のコロナウイルスの受け入れ先になるなど、普段から人を避けてきた経歴があるのかもしれない。

帳票をPDFで入力して、数があっている部分に蛍光マーカーを付けていく、証書は重要なもので1枚でも数え間違えるとやり直しになることもあり、念を入れてチェックした。帳票コードに数字で連番を付けることと、以前の数値を集計用のセルに転写する手順と、ページ数があっていれば、下から3桁目が合うことになっている。枚数と書損も揃っている必用がある。手書きの書類でも丁寧に清書された文字を、PDFの拡大ツールの目視で読み取っていく、自分に経理の素養があるかどうかは分からない、この手の仕事では早くで雑であるよりは、ゆっくりでも正確であるほうが信頼される。学校で習った計算ドリルには似ているが、社会人になってまた復習することになるとは思わなかった。ともかくも集中力を持続させる訓練にはなると考えて取り組むことにしている。

数字を扱うことに個人的に習熟した経験は、高校の時には数学でベクトルの公式を自分で作ったりもしたが、それでSNSなどでいいねが集まらないだろうと思われる。誰にも認められてはいないが、必要だと思ったことを続けていく。それがいつの日か日本語でも説明できるようになればと思う。僕の場合は哲学や文学といった抽象的に高度なもので相手と比べることはしないつもりだ。中国のように平仮名が通じなくて、筆談によって漢字で意味を推測しあうような関係でも、メッセージは届く。日本ではそこまで偏屈な性格ではないが、うまく話題に乘れていないところがある。

続きを読む 習慣と仕組み

ポンプとブロックの組み合わせ

なにかの調子が良くないとwindows10のOSのスクリーンショットが取れなくなる時がある、そういったときは再起動すると元通りになるが、なんとか別の手段でスクリーンショットを取れないかと思っていたら、windowsキー+Gを押すとスクリーンキャプチャが範囲を指定せずに取ることができる。一旦全画面でとっておき、windowsフォトで画像を切り抜けば、スクリーンショットの代わりになるようだ。

mineCraftのオブザーバーとスライムピストンの組み合わせで乗り物の回路を作る時に、新たにハニーブロックが追加になった。ハニーブロックにはスライムブロックと似た性質があるが、アイテムを吸着する点でスライムブロックと異なってる。またスライムブロックとハニーブロック同士ではくっ付くことがないが、それぞれが他のブロックをくっ付ける性質を持っている。スライムブロックと別のブロックを間に挟むことなく、連続して接着剤になるブロックを設置するパターンが可能になり、移動式の橋を架ける動画の事例などがあった。ハニーブロックとスライムブロックを同時にピストンで動かすことでブロックの隙間なく動かすことができるが、スライムブロックとハニーブロックではオブザーバーの信号の伝わり方が異なる部分もあり、すでに出来上がった事例からカスタマイズすることにはコツがいるようだった。スライムブロックとオブザーバーの組み合わせの乗り物は従来のスライムブロックの組み合わせだけになると、往復できるモデルは左右に互い違いに設置したものとそこにピストンで荷台を連結される必要がある。粘着ピストンは1つにつき最大で12ブロックをくっ付けて押し出すことができる。押し出す分には12ブロック以上は押せないが、引っ張る分には12ブロックずつになるために回路をシンプルにできる。ボタンの信号は一定時間をONになってからOFFになるために、レバーとオブザーバーを組み合わせる方法が合っていた。

続きを読む ポンプとブロックの組み合わせ

値のズレと想像

帳票の値を手書きでメモしていた数字は合っていたが、なにかの手違いでエクセルに入力した値が1だけ少なかった。これは原因が分からなかった。また、帳票の合計値を2で割った残数か、そうでないかは帳票を扱っていないために分からず、エクセルのリストの日付が合っているかどうかだけ確かめた。これには頭を悩ませた。エクセルに転記する箇所が重複していたものはエクセルのセルを見直すことで解消された。間違いがあってもその都度メモして、少しずつ精度を高めていければと思う。合計値の検算はまだ行っていなかったけれど自分でセルフチェックができていれば未然に防げたかもしれない。

動画ファイルをエンコードでは同じmp4の動画の拡張子でも、圧縮率と画像最適化の違いでH264とH265があった。動画ファイルをエンコードするとH264の指定にして、解像度を1280×720の画質にして3分程度のムービー出力をすると、パソコンが途中で止まってしまう。メモリの容量か、またはビデオカードのスペックが不足しているのだろうか、intelNUCにはビデオカードが省スペースになっている分、出力される画面のピクセル数を小型にすることで効率を上げている。スマートフォンのキャプチャではH264のまま、640×480に画質を落として対応していたが、H265の指定にすることで、現状のパソコンスペックでも1280×720の画質で動画を作成することができるようだ。ビットレートはH264のときに1280×720の画質にすると16Mbpsになり、エンコードが途中で停止した。H264のままで、640×480の画質にすると6Mbpsになる。H265では、1280×720の画質のままでも7Mbpsとデータ容量を節約しながら、画質を上げることができる。

続きを読む 値のズレと想像

回路と出入り口

mineCraftではプレイヤーが壁を通行できるように、扉にはボタンを外側と内側に一つずつ付けていた。スペースがコンパクトで済み、プレイヤーが建物の壁を通りやすくなることが挙げられた。扉はボタンを押すことで一時的に開き、その後ひとりでに閉まるようになっていたが、ボタンが信号を送る間に扉が開いている間隔がやや短いことがあり、Youtubeで作例を探していると、扉を外側から空けるときはボタンを押すと、開きっぱなしになり、建物の内側の感圧板を踏むと、扉がひとりでに閉まる。また内側から外に出る時は、そのまま感圧板を押すだけで開いて、ひとりでに閉まる。そのような便利な仕組みがあるかと思ったが、回路ではラッチ回路といい、ボタンを押したときのONの信号を保持しており、別に用意したリセット用の信号を受け取るとOFFになる。レッドストーン回路のNOT回路を2つ組み合わせたものと、信号を比較するコンパレーターとリピーターを並べたものがあった。作例では扉を2つ観音開きになるように開いていたが、ひとまずラッチ回路を活用して、鉄の扉を外側と内側で異なる方式で開け閉めができることを目指した。ボタンを押して信号が一時的に流れるものが、ONになる状態が保持されることが変わった現象のように思われた。回路の種類は、AND回路とOR回路を覚えていたくらいだったが、同じブロックの組み合わせでも性質が異なった組み合わせを実現しうることが分かった。

また、ゴミ捨て用の回路では、レバーを介して起動させる状態からチェストボックスにアイテムを入れたときに起動するように改善した。ドロッパーを動かしている動力ではオブザーバーを2つ向かい合わせたクロック回路でドロッパーを連続して起動させていたが、レバーでONとOFFを切り替える必要があった。改良版では、コンパレーターによってドロッパーにアイテムが入っていれば、信号を受け取り、ドロッパーの中身が空になるまでクロック回路として動作する。これを応用すれば、アイテムの輸送にもつかうことができる。チェストボックスにアイテムをいれるとコンパレーターとリピーターの回路の部分が光っているため、ガラスブロックで透明にして、回路を分かりやすく透過させることにした。扉の場合も、コンパレーターとリピーターが3つ並んでいる部分が回路の主要な部分になるため、あえてその部分だけをガラスブロックにすると扉の回路の仕組みが分かりやすいと考えた。回路自体はシンプルだったが、扉やチェストボックスの表面では回路がむき出しになっていない方が見かけは調和しているので、縦に回路を伝える工夫が必要になる。

続きを読む 回路と出入り口

隙間を補う仕組み

ミストモジュールを水冷モジュール用のタンクの中に配線させる、予めピンヘッダーをミストモジュールに2本繋げて+極と-極が接続できるようにした。ミスト発生器は、電気の周波数を設定する回路が必要なようで、それを単体で接続しても動かなかった。ミスト発生器は水の中に沈めると、霧がでてこないが、半ば空気に触れていると周りの水が細かい霧に変わる。水冷用のタンクはG1/4ネジで、プラスチックの端子でも接続できるようだ。細い口径にしたのはミスト発生器の配線を中に通すためで、パテで水が漏れないように栓をする。半田ごてはピンヘッダーに付けるには、30wでなく20wの半田のほうが半田を付けやすかった。自転車のLEDライトの半田が摩擦で外れていたので、こちらは30wの半田を付けて断線していた部分を再接続した。ミスとモジュールはお椀で試していたものが、透明な円筒状の水冷タンクになった。ラジエーターと扇風機を繋げたキューブ状の水冷タンクでは中にミスト発生器を入れられないが、円筒形のタンクでは蓋をネジで取り外しできるので、小さい円盤上のミスト発生器を間に挟むことができる。ミストモジュールとミスト発生器の配線は細く、タンクのそばに置く必要がある。タンクの中で霧を循環させることができたものの、気化熱による温度変化は計測されなかった。透明なタンクの中に霧が流れている様子は幻想的ではあったが、通常の水冷ポンプと機能的には変化は見られなかった。

引っ越しで段ボールをすべて開けて、DIY用品を整理する棚を間仕切りに設けたが、メモの付箋で分かりやすく用途を記入する必要がある。LED電球を机に直接置く形から、スタンドに替えると明るさが改善された。とはいえスタンドの固定クランプが机に直接付けることができず、メタルラックのパイプ部分にパテで充てんしてつけている。またマルチタップが多くなってきて、整理する必要がある。できればパソコンも机でなくメタルラックの棚に載せて、机を広く開けたほうが、使いやすそうだ。とはいえ、ラジエーターをコンパクトにして、以前よりは広く使えているはずではあったけれど。水冷ユニットのUSB電源の半田が古くなっているおり、時々断線することがある。USBケーブルからの接続をエナメル線の配線からシリコンケーブルに替えてもよさそうだ。

続きを読む 隙間を補う仕組み