植生の連なり

親水公園の道なりの樹木が剪定されて、太い枝と細い柴に分けられていた。太い枝からは板が取れそうなくらい身がつまっている。街路樹は道路と住宅地の間に植えられている。地下は際限なく値を張れるわけではなく、水道管などの配管や道路などの制限がある。そのなかでも信号や道路を妨げずに、また景色に緑が残るようバランスが取れた園芸が為されている。街路樹のスケールをそのまま植木鉢にすると、枝ぶりが逞しく、かぎられた土と水に比べて瑞々しい景色になっている。

国土交通省によると花びらや落ち葉も回収する水面清掃船があるという。木場は江戸時代に筏で木材を運ぶための貯蔵施設だった場所で、東京東部では、その名残として水路が残っている。東京メトロやJRなどの鉄道が敷設される前は、東京都と千葉県は連絡船が水路をバスのように運航していたという。植木鉢を変えてもそこにすぐに作物ができるとは限らないということもあり、カップラーメンの空容器を植木鉢にしたところ、半年前くらいに道端で採取した苔から双葉が生えていた。ほかに育てるハーブなどがその鉢の中になかったので、そのままにしておくと双葉はヨモギのような葉っぱになり、そこからハーブなどと同じように水をやっていると、カップラーメンの容器が傾くくらい、土に比べて葉と枝が育った。道端にもしばしば生えている雑草で、調べてみるとアレチノギクという北アメリカ原産のキク科の植物のようだ。先日にはタンポポのような花が咲いた。茎は、引っ越したあたりを境に曲がっているが、引っ越す前のベランダではほぼ日光が当たらないビルの谷間のようなところで、それにくらべると引っ越したところは日光には恵まれている。半日陰の環境ではLEDランプが日光浴の代わりにもなった。そのため土と空のかかわりが本来どんなものか、関心が芽生えてきた。

続きを読む 植生の連なり