慣習と雑学の関わり

Modern Slavery Act 2015 (現代奴隷法)はイギリスで定められた、どちらかというと慣習法だ。マスコミはメジャーな憲法改正を引き合いに出すけれど、法律は弁護士の為だけでなく、意見が対立したときにお互いが納得する妥協の手段として考案されたもので、それ自体に強制力があるわけではない。

とある編集プロダクションの結社でも、語り口こそ柔らかいが、家父長権限が強く、かつて早稲田大学の大隈重信が、欧米列強(というのは同時代の作家の森鴎外が子供に力関係を示そうとして手習いで書いたメモのようなキーワードで、どの国が強いかは流動的だったと思われる。)が、米国大使タウンゼント=ハリスとの会見のなかでそのようなことは国際法に違反すると、窮鼠猫を噛むようにして、まくしたてたという。彼自身、国際法という中立国家のオランダのグロティウスが提唱したニュアンスのような形のないものに、説得力があるかどうかは想像が許される。

草莽崛起というのは、明治維新のときに識字率の高さから、大日本帝国憲法の草案は教科書に載ってはいないけれど、高校ではタバコと携帯電話が校則で禁止はされていたが、タバコが禁止されたのは、明治時代に定められた民法によるもので、パッケージに健康へのメッセージとともに書いてあり、それがあたかも常識であるかのように僕らに刷り込まれている。

山口県にある松下村塾では吉田松陰に伊藤俊介という後の伊藤博文がおり、金子堅太郎らがドイツ風のロジックで植木枝盛らのフランスのルソーの人間不平等起源論から結んで開いてを和訳した慣習法を押さえつけて当時の皇室に上奏する形式を定着させた。こう言った書籍は大学に行く前に、神田の古書店に置いてある文庫本を拾って読んで得たヒントも含まれている。しかしながら、電子メールによって原稿用紙をなぞらなくても作文ができて、ジーグレーという版画のように写真をなぞったり着色するPhotoShopなどのレタッチソフトのように、消しゴムを使わずに書いたり消したりできて、共有もできる。高度経済成長期の一太郎のように、原稿用紙に近いものが外来の記録媒体になってしまったのは、漫画家のみなもと太郎の風雲児たちにページが多い杉田玄白らの解体新書のくだりにも似ている。

あるいは消費税が改定されればタバコも安くなり、嗜好品は比較的入手しやすくなることが予想される。僕はコンビニのPOSシステムで消費税の値札を一枚ずつ張り替えていたこともあり、農本主義という吉野作造が大正デモクラシーの機運で作った、日本版のマックスウェーバーとプロテスタンティズムの倫理から、離れることができなかった。それはちょうど、目玉焼きには醤油で、ウスターソースをかけるのは慣れないという染みついた感覚と似ている。とはいえ、醤油は味噌の上澄みだったけれど、明治時代から化学的に合成されて和風に落ち着いている。江戸時代では入り酒という料理酒で梅を煮詰めたものが主だった調味料だとされている。

続きを読む 慣習と雑学の関わり

その場の営みとその育て方

どんな場にもある程度の緊張感が必要ということはあるかもしれない。しかしながらそれを維持して良い方向に持って行くための具体的な方法が思いつかない。それについて詳しそうな人がそこにつまづいてしまったとしても、どこをどう間違えたのかがわからず、ただ励ますことしかできなかった。もしレゴやパズルを組み立てたら僕よりうまくできるかもしれない、同じ作業でも経験がある人は無駄が少なく、理にかなっている。理にかなっていても産業機械のように無機質ということもない、その人なりに実現したいものや仕組みがあるように思われた。そう考えるとそれについて追求もできないけれど、手伝うこともまた取り掛かりが掴みにくかった。
インターネットが発達して、識字率とは別に、プログラムの理解も必要になってきた。それでも複雑なライブラリや、入り組んだコードを解読することが難しく、論理をまとめる仕組みが必要なように感じた。インターネットは、現代では安定して繋がっているが、もしもサーバーがメンテナンス中になったり、プログラムの変更箇所がわかりにくくなったりすると、ある一部分を復旧させることに注力することになる。困ったときはアナログから整えてデジタルに戻すことが必要になる。そんな時に、初めてチャットをして部屋の向こうの人に話ができたことが原体験にはなる。また、実際に編み物を編むようにページを作っていくコーダーという職種は、インターネットで広告を扱う仕事柄、何かを編んで集めるという編集という仕事に興味を持つことが多いようだ。編集側からすると、何かを集めるというより、自分で1文字でも確かなものを書くということもあり、もともとの意味合いで集めてそれを組み合わせるということがわかりにくくなっている。ある行程を期日に間に合わせて、一連の編集をしたと言われても、それがどのような作業かがわかりにくくなっている。しかしながら、ある程度その人自身にしかできないという役割も必要で、そこにはいろいろなものを組み合わせる増改築だけでなく、何かの拍子で元に戻ったり、壊れたりしないような守りの側面も必要に思われた。リスクはありながらも悪意が全面に出ず、言い方を工夫することでお互いに譲れないものがありながらも、協力できるようなきっかけになればと思った。それでも、複雑な計算や、精密な動きになるとそれを上手くこなすには慣れだけでなく、それに対する姿勢や覚悟も問われることになる。周りに負担を掛けたくはないけれど、誰かの足を引っ張りたくもない。そういった中で、ついつい焦ってミスをしたり、正常な判断ができにくくなったりすることもある。左右を振り向きながらまっすぐに進むことは案外難しい。それだけにフォームを整えれば、作業で無駄にすり減ることも少なくなる、一種の訓練のようにして改善していこうと思う。
続きを読む その場の営みとその育て方