マリオランのコースの変化

マリオランのコースが見たくなる。ゲーム機のニンテンドースイッチは持っていないけれど、スマートフォンを活用している。僕は正直マリオにそこまで詳しくはないけれど、続けていくと味が出てくる。小学校の頃はファミコンのドラゴンクエスト3と並んで、マリオブラザーズも外で走り回るだけでなく、家でも交流ができる架け橋だった。ドラゴンクエスト3は長時間こなしたセーブデータが、カセットを持っている人により、それをお茶の間で観戦するということが行われていた。その点マリオは、順番が比較的すぐに回ってくる。例えば野球では、ピッチャーがボールをたくさん投げて、守備の選手はそれを遠巻きに見ていることもある。その点サッカーはチームで協力しないとなかなか1点が取れないことや、また1点以上入れて逆転することが、連続ではチームが疲れてくる。その点ではマリオはその循環を、それぞれのグループで独自に作り出せるという特長があった。例えば、マリオブラザーズ1の1-1面をより最短でゴールしたり、より効率的にコインを集めたり、壁を使った三角跳びを試みるといったことも仲間内で行われていた。僕はそこまで早くはなかったけれど、だんだんとそのようなコースを繰り返して見たいと自然に興味が沸くようになった。

マリオブラザース3では、ガリバーの旅行のような様々な地域があり、同じアスレチックコースでも、奥行きや舞台袖のようなコースになっていて、コースを選ぶことで、展開が変わってくるという多様性があった。しかしながら、マリオブラザーズ1より、使用上は2人プレイになっていたが、どこかでそれができればいいけれど、自分と向き合いながらストーリーを進めて行こうと思うきっかけになった。とはいえ自分がなんでもできるわけではないけれど。マリオブラザーズ2は、ディスクシステムというオプションがついたもので、1で入り組んだステージをセレクトしたような、あまり知られていないバージョンだった。それでもそもそもファミコンをずっとやり続けるような真面目な人は、クラスに1人いるかどうかだったので、それがその人のスキルを磨くことにもなったのかもしれない。ファミコン版のマリオでは強制スクロールするようなシステムはなく、十字キーでいつでも引き返すことができる。スマートフォンのマリオランでは、マリオは常に一定のスピードで走っている。その中でも、三角跳びや、ブロックの角に引っ掛けるといった流れに変化を与えるような動きが鍵になることもしばしばある。

続きを読む マリオランのコースの変化