畑とポンプ

机の下にハンモックを付けて、足に負担が掛からないようにしている。東急ハンズのDIYショップで金具と網を買ってリビングテーブルにネジで付けている。ハンモックを買うよりは金具と網で足がぶさ下がっていれば目的は果たせるために、DIYとしては安価で効果的な作り方をしている。金具の強度は十分だが、ネットの強度は引っ掛けるところを2重にするなどの工夫が必要になる。ホームセンターでも金具のコーナーでネジが付けられるパーツを見つけるとなんらか試して見たくなる。発電機の手回しレバーもネジとナットと金具で作った。

気温は22℃で比較的涼しくなった。昼間には一時的に気温が35℃になっている。ベランダの温度計に日差しが直接当たったのかもしれない。湿度は60%まで上がっている様子はなく、あまり蒸し暑くはなかった。去年にくらべるとこの時期では比較的温度が高くなっている。とはいえ季節としては熱くもなく、寒くもない状態が続いているため、いまのうちにアトピー性皮膚炎に軟膏を塗って予防しておきたい。軟膏はこまめに塗っており、予備もあるけれど、かゆみが収まるまでにしばらくかかる。これ以上悪化しなければ長い目で見れば治っていることになる。なるべく痒い所を気にしないようにしていきたい。

Windows版のmineCraftでも農民のAIが動作するようになった。苗付けが上手くいけば地下のホッパー付きより収穫効率がいい。スマートフォン版では屋根を低くしてみたものの、商人のMOBが畑にスポーンするために、畑が踏み荒らされることがあり水流での収穫がやや持続的でなくなっている。スマートフォン版では地下のレール付きトロッコでの収穫効率が最もよかった。農民のAIは屋根付きの建物に入れた方が持続するために他に工夫の仕様がなくなっていた。農民のAIの持ち物がJAVA版と比べるとすぐに一杯になるので、ホッパー付きトロッコが余った作物を拾いやすいことがあった。ハチミツはwindows版では回路は正常に動いているが空の瓶が出力されることがあるようで、原因は分かっていない。しばらく様子を見ようと思う。スマートフォン版ではホッパー付きトロッコが主になっているが、JAVA版とwindows版では、水流も効率よく使えている。その様子を動画に撮ってみようと思う。シフトレジスタ回路を2通りのカウントにして60分から40分のサイクルにしたこと、ハニーブロックをクッション代わりにして、畑が踏み荒らされないように工夫したこと、小麦だけでなくニンジンの栽培にも応用したことなどを順序だてて紹介できればと考えている。

続きを読む 畑とポンプ

風向きとGIFアニメーション

雨が降ると蒸し暑かった気温が春のように涼しくなった。6月は梅雨入りもあるので、太陽電池の発電が心配ではあるが、水によって体感気温は下がるようだ。雨が降る前の厚さは7月下旬並みで、実際に7月になっても最大気温はそれほど変わらないと予想される。マスクを付けたときに意外と体感気温が上がり、サーキュレーターとメッシュ構造の素材やタオルケットの通気性が涼しさのポイントとなっている。空冷システムも風通しを変えることで体感温度は少しずつ変わってくる。以前にはドアの開け閉めで部屋の隅の温度が変わることがあり、空調座布団が必要になったこともある。風の向きによって体感温度が変わることはこれから蒸し暑くなるにつれてちょっとした工夫が重要になってくる。

動画コンテンツの理解が得られなかったこともあり、要所を映したGIF動画なら先入観なく見てもらえると予想した。画像編集ソフトでGIF動画を作成するとフレームレートが23.8のままだったので、GIF動画にしてはサイズが80MBと重くなっていた。YouTube動画にアップロードした動画をGIFMAGAZINEというwebサービスで変換すると、最大6秒までのGIF動画を作ることができた。昆布養殖プラントで収穫して、水流のパイプを使って流れて収穫されるまでの一部始終をアニメーションGIFになった。レッドストーンリピーターを使ったクオーツ回路では、1マスあたり1秒として10秒のGIF動画があれば便利だと思ったが、6秒とするとすこし足りない。EZGIF.comというwebサービスで、短い動画をGIFアニメーションにすることで、大きさは幅が600pxで長さは10秒と、解像度と動画の長さを少し引き延ばせた。とはいえ、スマートフォンで開いてみるとGIFMAGAZINEの一回り小さいGIF動画のほうが表示は素早く、情報量は少ないが閲覧に負担は掛からなさそうだった。ペルチェ素子と水流が循環する仕組みは、注目こそされていなかったが、形としては珍しいようで伝え方を工夫すれば、これまで注目されなかったり話題にならなかった題材でも、ありそうでなかったコンテンツになりそうだった。水の循環は反復してサイクルにできることを示すために数秒の繰り返しでも循環のモデルになり得るということを形にできた。twitpicsというtwitterのAPIを使った画像共有サービスはAWSのクラウドストレージサービスを使っただったが、数年前にサービスが終了して、添付した画像はハードディスクに保存しないと見られなくなってしまった。スマートフォンで撮った画像はGoogle photoにてクラウド上にもハードディスクにも保存することができる、定期的にバックアップを取っていきたい。

続きを読む 風向きとGIFアニメーション

コンテンツと習慣

長い動画を作ることは、向いてないのかもしれない。タイムラインの調整などパズルを合わせるようにコンテンツを作っていったものの、実感がなかった。MMDの歩行のタイミングがズレていると微調整を施すことはある。実況もするつもりはなく、できれば平明に事実やアイデアを公表するための手段として考えていたが、あまりの雑談の元にならなかった。相手と会話して初めて得られる取引がなく、自分で用意したかまたはGoogle検索でダウンロードした素材を凡そ組み合わせてしまうので、相手の意見を反映することが難しいところがある。とはいえ、動画の切り貼りやテロップとの組み合わせは予定調和と言えなくもない。これはトークだけだったとしても、動画である以上一方通行の性格が強いメディアになる。かつてはYoutubeでangry birdのプレイ動画をアップロードすると数千回数の再生があったが、最近ではほとんどアップロードしても反応が無かった。動画を倉庫として置いておくオンラインストレージとしては機能しているが、正直なところ持て余していた。

mineCraftでは農作物の自動収穫と種植えをセットにした仕組みはありそうでなかったもので、なぜビルダーたちが半自動に拘るのかは分からなかった。アイアンゴーレムの召還を使ったアイアンファームはブランチマイニングの手間が省けるために重宝されている。村人が閉じ込められた形になるので、そこに扉や通路を付けることを試して見たかった。石炭が昆布の再生可能エネルギーや木材を加工した木炭に変わったことで、炭鉱を掘ることがゲームのなかでもそこまで重要でなくなった。かつてはmineCraftには作業を集約するための現場監督のような役割のひとがユーザーをまとめて、大がかりな建築を作っていた。昨今では、回路のコンパクト化なども手伝って個人のユーザーでも仕組みやサイクルを作れるようになった。すると次の段階では自動化をするかどうかで、団体が分かれるようになった。人をまとめ上げるのは、プロデューサーのような役割でヒカキンなどのYoutuberが代表的だ。水流による作物の収穫やアイアンファームも実際に作った様子が公開されている。この場合も一人で完璧なものや自動化した仕組みを作るというよりは、視聴者と協力してあれこれ試行錯誤しているようだ。レッドストーン回路も複雑な仕組みは省略されている。新しいアイデアを取り入れるためにあえて初心者向けであることは悪くないけれど、共通の目的を達成するために各自が工夫したことが認められなくなるのは困ったことだと思う。人気というより人望といった方が適切だと思われた。

続きを読む コンテンツと習慣

日常とDIY

政府の緊急事態宣言を受けて翌日になったが、産経新聞の夕刊はいつも通り届いていた。新聞は電子版で購読しているので、無理がない範囲で届いてくれればと思う。コロナウイルスの感染者が本日になって180人に達した。日本では感染から回復した事例もないわけではないが、検査数が海外に比べて少ないことと、退院しても再度感染する事例も考え得るために報道されていない。検査を集計した日時は現時点のものではなく、10日前のものをまとめているので、その当時はイベントの自粛も行われておらず、不要不急の外出が反映されたものではなかった。中国の武漢は2020年の4月8日をもって都市封鎖から回復した。中国では感染者数が日増しに増えていた状況からは収まりつつあるが、感染者がいなくなったわけではなく、ワクチンの開発も旧型のコロナウイルスには有効だが、新型のものは国際的にも開発中になっており、早くて来年になるという。

人間にとって呼吸が食べ物にも増して必須であることから、人工呼吸器の普及が題材になったが、医療機関では人工呼吸器と酸素吸入器には種類があり、用途に応じて使い分けているという。人工呼吸器は気管支にチューブを付けて、肺にたまった二酸化炭素を代わりに排出するもので、酸素吸入器は呼吸の補助ではなく、空気自体を入れ替えるものだった。呼吸の仕組みは横隔膜という肋骨の内側に付いた膜(ダイヤフラムという)が筋肉によって上下することで肺のなかに空気を取り入れる。たとえばマスクを付けていると、この時期では花粉などのアレルギーを起こす粒子がウイルス以外にも空気には含まれていることあり、フィルターを介して呼吸するといがらっぽくなりにくい。またはうがいをすると口のなかの食べかすなどが洗い流されるので、同じように呼吸が整えられることがある。しかしながら現状では、外出する前の朝と晩に歯磨き、それとセットでうがいや手洗いを行なうが、外出先ではうがいはともかく手洗いをすることは公衆トイレの洗面器でしか行えないので、日々の検温は習慣になっているが、それいがいの習慣は自宅の流し台で行おうとしない限り、他の場所ではできないことになっている。

続きを読む 日常とDIY

鼻詰まりとケア

急にくしゃみが出たと思ったら、鼻水が溜まってきた。昨晩はそれで息苦しくて布団についても寝付けなかった。あるいは、柚子の皮や生姜が入った暖かいインスタントスープを飲んだが、鼻が詰まった感じが取れない。とりあえず、風呂に水を貯めて体を温めようとするが、鼻詰まりが収まらない。息が多少しにくかったが、鼻が詰まりそうになったらベットから置きだし鼻をかむ、コンビニエンスストアは夜でものど飴上のトローチがあった、しかしながら風邪薬は薬局にしかないようだ。のど飴を2つ喉に含んでいるとスースーして呼吸しやすくなったが、以前として鼻は詰まっている。ほかに用事がなければ、睡眠は断続的だったが、横になっている時間がある程度あれば、意識はそこまで眠くならなかった。朝起きて鼻が詰まっているので、二度寝ができないのでもどかしい。GoogleMapで調べると、朝の8時に文部科学省まえのドラッグストアが開いているので、通勤の途中に立ち寄ることにした。ベンザブロックという風邪薬を買って飲むと、鼻詰まりは30分くらいで改善されてきた。薬局に用事があった手前、風邪で休んでもまた処方箋を取りに行くので、休みにくいという事情もある。鼻が詰まった感じがするので鼻をほじるのが、あまり衛生的ではないようだ。ティッシュペーパーを使うと、上手く鼻水がでない、なんとかコツをつかんで順応するしかないようだ。季節が台風が過ぎて急に肌寒くなった、その変化は風邪などではわずか1日あまりの間に起こった変化だった。電車に乗っていて先日はくしゃみが、その前の日は運転が急カーブに差し掛かった時に、スマートフォンの画面を見ようとして手すりをつかみ損ねてしまった。どういうわけかアレルギーの調子が思わしくなく、混雑した電車に乗るとくしゃみが急にでた。のどや鼻には痰がからんでいていがらっぽい。ふだんからうがいをしていれば多少は改善されたかもしれない。目から鼻に抜けるような感じは、もともとが鼻詰まりの傾向があるので、鼻に空気が通ったことのほうが珍しいのかもしれない。寝ているときも口で呼吸している。鼻にはフィルターが付いているが、口にはフィルターが付いていないので、マスクをすることで呼吸が多少楽になる。ベンザブロックを飲んでいても、痰や鼻水は少しずつ溜まってくるので、その都度鼻をかむ必要がある。睡眠時の呼吸はそこまで順調でなく、それが慢性的な寝不足になっているのかもしれない。鼻詰まりはようやく収まったが、マメに動く習慣をつけたいと思った。

続きを読む 鼻詰まりとケア

習慣を温める

トイレのLED電球を人感センサーに替えることで、用を足すときに電気の付け忘れを心配する必要がひとまず解消された。トイレは長らくユニットバスで、バストイレが別々だったので、お金に余裕があるわけで無かったが、照明の資源を有効に活用するための行動パターンを整えるために、LED電球と人感センサーを導入した、その分定期的にトイレを掃除したり、手洗いをマメに行うことを工夫していきたい。人感センサーはあわただしいひとときを改善してちょっとした落ち着きを与えてくれる。また、玄関にも人感センサーは戸締りを行なって、帰ってくると灯りが消えて真っ暗になっており、靴の位置関係が分かりにくかったが、扉を開けると訪問者を向かい入れるように灯りが付くので、これも励みになる。また保証書をジッパーに入れて保存しておく、購入して5年は有効だけれど、そのときには僕自身がどうなっているかは分からない。先行きの見えにくい時期でも、地道なアプローチが必要になるように思う。僕にはアトピー性皮膚炎もあって、あまり身の回りのことがソツなくこなせないところもあるけれど、必要十分なケアをして、すこしでも状態を良くしていきたい。トイレの小窓から使っていないときに、灯りがゆっくりとONからOFFになるのを見てホッとする。

台風が過ぎて季節がようやく秋に傾き始めた、秋雨前線が活発になり、これからしばらく晴れよりも曇りが多くなる模様。この季節に太陽電池が持つかどうか、晴れているときはモバイルバッテリーにも充電が可能になるが、曇っているとそこまで溜まっていない。自動販売機のセブンティーンアイスにもパッケージを使ったモバイルバッテリーがあるようだ。リチウムポリマー電池には軽い分、入れ物に被せるものが違うだけで、朗らかな気分になる。とはいえ、缶についている抽選マークを張り付けてもなお当たるかどうかは分からない、キャンペーンでなく、珍しい商品なら探した分だけその甲斐があるけれど、取り合いになるような場合は、そこまで執着はしないでおきたいと思う。

続きを読む 習慣を温める

人感センサーが照らす入口

玄関に人感センサーのLEDランプを導入した。引っ越す前は玄関に窓がなく洞穴のように暗かったこともあり、外出の有無に関わらず付けたままにしていた。玄関にはキッチンがあり、そのあたりは明るくなっていた。ハーブなどもLEDランプで育てることができた。玄関には靴の消臭スプレーやトイレやキッチンなどの灯りなど、戸締りをして外出して、帰ってくると、まず玄関の照明を付けるのに手間取ることがあった。そこで、人感センサーをつけたLEDランプが付いて、その間に靴を揃えたり部屋の位置関係を確かめられる。人感センサーは白い球体がLED電球にくっ付いたようになっている。LED電球の場合、出力が大きければそれに越したことはないけれど、自動でONとOFFが切り替わる場合は、灯りが付いた時と消えたときの移り変わりがスムーズであればいいと考え、40w相当型で試して見ることにした。電球は人感センサーの分だけ余分に付くけれど、誰もいないときに灯りが付いていると僕自身は問題ないけれど、不自然ではある。玄関のランプがスムーズであれば、トイレにも付けたいと考えている。人感センサー自体は防水でないので、浴室に使うことはできない、玄関やトイレなど普段良く使うけれど、使っていないときは消灯していたほうが望ましい部分に活用する。人感センサーを使ったリレースイッチなども、DIYの回路で試行するのも一案かもしれない。ともかく、どんなものかを体感しながら、日々の生活で判断やチェックにかかる負担や手間を節約できれば、考えが整理される余地も生まれると思った。電球のソケットを付けてから、電源のスイッチは壁面にあるパネルスイッチをONにしたままでも、そこから部屋側に移動すると、数分で消灯するようだ。キッチンにはセンサーが感知して電気が付くこともある。電気代で大部分を占めるのは照明ではなく、24時間稼働している小型の冷蔵庫や、エアコンが含まれる。夏季は引っ越しや来客のために冷房は長めに付けていた。僕は普段は多少いい加減だけれど、省エネのためにできることはと考えて試みた。

レンタルサーバーのmediatempleが、10月末にwebサーバーのapacheのバージョンを現行の2.2から2.4にアップデートするようで、その際にhtaccessなどの隠しファイルの設定にも影響するかもしれないという通知が今朝方にきた。こちらのサーバーで使っているのは、wordpressのリダイレクトとPHPのバージョン指定くらいだけれど、他には予想がつかない。とりあえずバックアップを取っておくことにする。

続きを読む 人感センサーが照らす入口

思い出の炊飯器

物置きから炊飯器が出てきた、2003年製造とある。丸っこい炊飯器で、元々は実家で米を炊いていたものを下宿先で一人暮らしをするときに使っていた。炊き上がるまで30〜45分くらいだったと思う。水は目安よりやや少なめにすると、型崩れしなかった。そのあたりの塩梅は今でも覚えている。

下宿先では、aiwaのラジカセと炊飯器がしばしば間違われていた。当時は、高円寺の雑貨屋さんで、掘り出し物を探しては、それを部屋に飾ることを試みていた。そこで観葉植物を持ってきたり、ツタヤでレンタルしたCDを、パソコンでCD-Rに記録して、選曲をやりくりしていた。それから、初めてホームページを作成したところは、デジカメと文章を組み合わせることを行っていたけれど、周りでは施設のカーテンの寸法をSQLに流していた。倉庫にサーバーがあり、そこでクエリという合言葉を作成するところが何やらアラジンのようで、僕は手作業とイラストなどの経験があったので遠巻きに見ているだけだったけれど、エクリプスというツールもどうしてメモ帳で書くことをフォーマットにする必要があるのかを想像するくらいしかなかった。それでも何かを記録したいと思ったら、データの元を作って、それを保存しながら、オープンソースでもデータベースを活用したいと試みることもある。

専門学校では通常のHTML作成に加えてMovableTypeという、法人でも事例があるが、個人のライセンスも無料というソフトウェアがGoogle検索で見つかった。それでもその時は、mixi日記にいろいろなことを書いていた。iPodの鏡面加工と食器のスプーンの加工技術は新潟市の燕三条で行われているということを手で触って確かめたという、パソコンで何重にも確認すればそれが確実なのにもかかわらず、どうして感触を確かめようと思うのかと疑問には思っていてもそれが腑に落ちることもある。また、沖縄ではデジカメの画像データを加工する講座が民間でも行われているようで、ブログにもその様子を見られた。

それでも自分の周りにはそこまでITに詳しい人は少なかった。それでもITに詳しい人同士のコミュニティに入ればそれで変わってくるのかもしれないが、よくいいように騙されてたり、口論や陣取りゲームになると勝てないこともしばしばあった。そういった中でもできることを続けていけることが、誰かのためになるのだろうと思いたかった。

続きを読む 思い出の炊飯器

アレルギーを抑えるための新しい習慣

うちに帰ると、ベランダーのシリコンチップ のセンサーのケーブルが断線していた。きしめん型のUSBケーブルを窓に挟んでいたら、いつの間にか電気が滞っていた。E-inkは何も表示されなくなっており、LEDランプの付いていない。そこに繋いでいたモバイルバッテリーのスイッチを押したりしていると、水ポンプのシリコンチップ とwifiの両方のLEDが何度か同時に点灯した。それからしばらくして、E-inkの表示状態になり、土壌湿度センサーが復旧した。こういったことは珍しいことではあるけれど、ベランダのセンサーは4日くらい連続稼働したところで再起動することになった。蚊が入ってくるというリスクがあるので、ベランダの扉をギリギリ閉めていたけれど、それがUSBケーブルの疎通を妨げているのだろうか、どちらにしても密閉したり、基盤に起こしたりすると想定しなかったような現象が起こる。
朝起きるとお尻が痒い、布団にダニがいるせいか、またはアトピーが治りかけになっているからか、どちらにしてもステロイドだけでなく、ヘパリン性のクリームで保湿したり、シーツを洗うことにした。皮膚科でイボはアトピーとニキビが合体したゲームでいうボスキャラのようなもので、コツコツとクリームやらステロイド軟膏やらを塗っていれば、だんだん効いてくるとアドバイスされる、はじめは皮膚が角質化したところを自分で剥いていたので、イボを利するようなことをしていたかもしれない。その上にニキビが重なって、どうにも困っているところ、薬剤師の機転で軟膏がチューブから高さと大きさが7cmくらいの容器にまとめて入れてもらった。容器が変わるだけで、どんどんと痒みがあるところに塗っていく。最初の1日で1/10くらい使ってしまっていたので、残りは痒い時だけにして節約しようと思っていると、ぶり返したように痒くなっていた。そういった中で、2週間くらいでイボが小さなシミになっていった。毎年、梅雨から初夏にかけて、足や脇にイボができるので、諦めかけているものの、ようやく今年はイボだけは回避できそうだ。それは自分のためというよりは相手のためでもある。洗濯したり、シーツを交換するには、自分ではとても手間がかかり、面倒ではあるけれど、まともに歩けるようになるための準備でもある。
続きを読む アレルギーを抑えるための新しい習慣

思いちがいから習慣を見直す

なんともうっかりして、iPhoneケースのサイズを買い間違えてしまった。Amazonでの返品はこれが初めてになった、とくにまだ破損していないのが幸いだったけれど、中古でゲームソフトを買ったとき、その保存状態の良さに驚いたことがあった。もし自分なら申し少し使い慣れているかもしれない、しかし元の持ち主にとって待望のゲームソフトが発売されて間もないのにもう誰かに譲ることが出来るのかとある種の畏敬の念を持っていた。
図書館の本でも、ほとんど新品に近いもので、唯一使い慣れたものは行きつけの古本か、海外のペーパバックのシナリオブックくらいだった。とは言え、いつものうっかりがではじめてしまったので、気を引き締めて行きたい。そうは言えど、そういったときには返って心の闇の声が響いてこないので、かなりホッとしている。孤独であることは慣れてくれば、あまり不足に感じない。そう思うと、闇の一面は、好調でも不調でも、突然やってくる。それでもマンネリがその人にとって良くないということは僕には難しい。
朝起きると、ブラウンの目覚まし時計からザーザーと音がしていた、昨晩に充電式の乾電池にUSBケーブルから充電できたので、電池を交換しさえすれば、数年ぶりに元どおりに使えるかと思ってみるものの、デジタル時計がやや薄く映るだけで、DCポートにケーブルを繋ぐと、デジタル時計の白がより濃くハッキリする。黒を基調にした角丸の外見から何かwebデザインと日用品を結びつけるヒントが得られるかもしれないと思って何年か前に買ってみるけれど、デジタル時計はパソコンの右下のツールバーをじっと見るような習慣が身についていた。かえって腕時計のような機能が限定されている方が活用しやすいのかもしれない。
Amazonでしか買えないものだけでなく、その体験が出来ることが、新鮮なことのように思う、通常スーパーマーケットにいけば、その場で用意できる品揃えの中から、予算と相談しながら必要なものを買い揃える。しかしながら、ネットショップでは必要な要素が現実に届いた時のことを想像しながら買う。それでも限られた情報の中で、逆にその必要性が強調されることもある。かつては無印良品で竹の籠が売っていて、それが必要とは限らなかったが、それが部屋にある時の雰囲気を思い浮かべて売り場に足を運んでしまったこともあった。また、なんとも注文した商品を間違えるこれまでは、数を揃えて購入した中に不良品があっても、そういうこともあると黙っていた。もし何か要望があるとしたら相手に負担をかけないように段取りを必要なことを準備して行きたい。僕の中にあるのが、少しでも損しそうになると焦りだして、よく調べれば自己解決しそうな質問もついつい聞いてしまうことがある。そういったときは場の流れを乱しやすい。何も喋らなければ、見逃してもらえたのにという圧力は多少なりともミスが呼び水になっている。
続きを読む 思いちがいから習慣を見直す