仮想環境とレトロゲームと自炊

仮想環境のVirtualBoxにwindowsXPをインストールすることにした。セキュリティの関係上インターネットには接続できず、オフラインの環境になる。学生のときにプレイしていたレトロゲームで思いついたものとしてCivilization2をインストールする。Windows10の互換性モードでは動かなかったソフトウェアが、仮想環境で動くことができた。動作は少し重かったが、マウスカーソルは、現在のウィンドウと連続して使えるためスムーズではある。ポイントとしては、Civilization2のゲームを起動したときに、会議のビデオが映って、遺産の7不思議のアニメーションが動くこと、また外交のCGが表示されていることで、ゲームの再現性が確保されている。最新版はCivilization6でsteamというオンラインアカウントで動いている。FreeCivというCivilization2をベースにしたフリーソフトもあって、ブラウザ上だけでなくインストールしてデスクトップで実行することができるが、ゲームとしてのまとまりを考慮すると、civilization2がシンプルで繰り返しプレイしても、その都度マップが更新されて、ユニットの行動パターンが変わって新しい発見がある。

Civilization4はVirtualBoxにグラフィック用のDirectXがインストールできないので、steamのオンラインアカウントを使用する形になっている。windowsOSのバージョンが10になり、windowsXPだけでなく、windows7もサポートが終了してインターネットに接続できない環境になることが予想される。以前にはレガシーブラウザの表示確認のために、windows7とデフォルトのInternet Explorer7の仮想環境のイメージがあったが、アカウントの有効期限が90日になっていた。Internet Archiveという過去のログを収納しているライブラリから、windowsXP SP3日本語版のCDイメージがシリアル番号とセットになって保管されているため、その環境でのソフトウェアの再現には持続性があった。windowsXPに対応したOfficeXPのシリアル番号は有効でなかったので、日本語版だけでなく英語版も探してみようと思う。スマートフォンはmiHoyoのゲームの容量がやや大きいが、ファイル容量はまだ10GBほど空きがあり、カメラや動画を取ってGoogle Photoにアップロードすることはできそうだ。ゲーム機は持っていないためにパソコンまたはスマートフォンでできることを見つけられたらと思う。Civilization6でも現状のノートパソコンでも動作したけれど、グラフィックが2Dで一覧しやすいレガシーバージョンにも色あせない魅力がある。パソコンのゲームはスマートフォンよりわかりやすく、続けやすいための取り掛かれる要素が見つけやすい。

続きを読む 仮想環境とレトロゲームと自炊

布マスクと散策

布マスクが店頭にひとり一点だけ買うことができた、メーカーはシュガーフェイスというとなりの墨田区の衣服のメーカーのようだ。薄いガーゼを十数枚重ねたマスクで、使う前に洗って水に漬けると、ガーゼが水を吸って重たくなったようで、干して水を乾かすことにした。紙製のマスクやウレタン製のマスクは水に漬けてもそこまで重くならなかった。ともかくもともとは繰り返し使える布がミシンで塗ってあったものが街のスーパーマーケットに並んでいるという風景は少し前から続いてきた。

4月には紙のマスクを繰り返し消毒スプレーで除菌して、水で濯いで付けながら乾かして繰り返し使っていた。繰り返し使えるマスクをamazonで見つけて、数枚を購入しようとするが、政府のマスク給付と時期が重なるためかなかなか配送されないまま数週間待ち続けることになった。中国のjd.com京东で見付けると、日本国内への輸出は税関を通るために注文から数週間かかるという、商品のパッケージが日本語の表記があった。すると翌日には知り合いが、街を散歩しているとスポーツ用品店で、ウレタン製のマスクが売っていたというので分けてもらった。紙製マスクに比べて水で洗っても濡れにくくなっている。

続きを読む 布マスクと散策

素麺と片手鍋

ストーリーに感化されたというかもしれない、そうめんは美味しんぼの三輪そうめんを扱った涼風そうめんの逸話から、梅雨入りかっら気温が上がる夏にかけて、食欲が落ちる。それは僕が味覚というより、単純にお酒のアルコールが苦手で、また体力もバテ気味だったからともいえる。けれどそうめんの細い麺が、手延べという製法で丹念に伸ばされたものとアニメの逸話を見ると、そうめんがとても素朴で美味しいものに見える。スーパーマーケットでそうめんを買って、片手鍋で煮ると、涼し気でスッキリした後味が残る。麺を棒に編み物のように掛け巻きをする様子などは風景に調和して何とも言えない、それは味というよりひとつの文化であり風習なのだと思った。

また、大学の下宿先では、古本屋で美味しんぼを買ってきて、2巻のジャガイモのパンケーキを作ったりとしおらしいところがあった。正直あまり美味しくなかったようだけれど。行徳では、不動産屋がアパートの近くにあったので、東京都東部にあるスーパーヤマイチで買った大根餅を焼いているところを迎えたことがあった。

また一人暮らしのときに無印良品で動物の片を取ったパスタがあり、ブロンズダイスという鋳型で小麦粉を伸ばしているから、表面がザラザラでソースが絡みやすいという、竹の籠でもその存在感から、なにを入れるわけでもないのに買ってしまったりする。ともかくそこでその小麦粉の感触が同じパスタで、イタリアの雰囲気があるものとして、ディチェコのパスタがあった。蕎麦のようにゆで汁も飲むことができる。そこで美味しんぼではいろんな食材の中でも、いわゆる食通がたべるものでなく、一般家庭にも普及したものでとくに麺となると、おそらく僕がスマートフォンやネットカフェなどで空いた時間に調べるよりも詳しく自説を展開するだろうと予測された。ところが冒頭ではチェルノブイリ原発で汚染された小麦が輸入されているという、おそらくは深刻だと常識的には考えるが、突拍子もないものだった。パスタの茹で加減は多少芯が残るアルデンテがよく、メニューはニンニクの玉ねぎのパスタがシンプルで、それだけに鮮烈な印象があった。なにより鍋焼きうどんのように具沢山なものでなく釜揚げうどんのようにシンプルに味わうというのは、却ってバリエーションを豊かにした。自炊にそれほど興味が無く、立ち食い蕎麦でも食べてしまうけれど、献立の意味を感じた。

ディチェコは、郊外のスーパーマーケットでも、都心の成城石井でもイタリア風の素朴な麺として揃っている。応用としてはラーメン次郎という、野菜を山盛りに太麺の上にのせる若者向けのスタイルがあり、その麺は市販の中華麺や即席のチキンラーメンのようなものでなく、食感だけならディチェコのリングイネが近いという、腰の強い太麺と野菜炒め、別に食糧難でないのにも関わらずそういったメニューはありそうでなかった。ところが、ディチェコのリングイネがそこまで大食いでもないので、一人でいったころもない次郎の麺に食感だけは近いという、例えばボンカレーが給食の肉じゃがのようなカレーだったとして、ソフト麺という、パスタでもラーメンでもないようなノッペリした麺が、僕らが小学生だったひとつ前の世代では出ていたという。また揚げパンなども、たとえ栄養バランスが取れた現代でも忘れられない味になっていると先輩が話してくれたことがあった。

続きを読む 素麺と片手鍋

水とパスタと米の遍歴

太陽電池と蓄電池の組み合わせは、僕がインターネットで調べた中ではシンプルな実用的に収まってきていた。それとは別に、逆に水も、火も節約できる工夫として、水に漬けるだけパスタを試してみたかった。なんとTwitterで災害用に警察庁災害対策課もそのサバイバル調理法をお勧めしている。太陽発電の合間に、むしろ誰でもできる簡単な調理法でも意外に、コロンブスの卵のような発見があるかもしれない。コンビニエンスストアでうどんと蕎麦の乾麺を買って、それに合う容器を100円ショップで選んでみると、街のおばさんに話しかけられた。「蕎麦とうどんが入る容器を探しているんです」

と答えると、とても興味深げだった。

「なかなか見つからないものですね」

とはいえ、コンビニで買った蕎麦うどんが、収まるとそれが特にどうということもないが、身近なところに目的ができる。

「無かったら、半分に折っても水に漬けるだけなので、問題ないです」

「そんなことでお蕎麦ができるの」

「という風にインターネットの話題にはなっていましたが、保存するにも湿気が防げるので」

「いやいや、ここにお蕎麦があるのにもったいない、棚をはしごで大きめのタッパーがあれば手に取ってみたらどう」

そのようにして、A4くらいのタッパーが手に入った。確かにバッグに入れていた蕎麦を1kg分くらい、容器に入れられる。しかしながら冷蔵庫の広さをその時は考えていなかったので、やや行き当たりばったりというところもあったが、興味深いのが、この場合、調理方法はタッパーに麺を入れて半日くらい水に漬けるだけ、無為自然という感じだ。

続きを読む 水とパスタと米の遍歴

パスタと雨宿り

今年は雨が多いようだ。少し散歩に出るくらいなら少々ぬれるくらいだけれど、出かけるでも顔を出さない太陽にだんだん違和感を覚えてくる。気温は30度を超える時が少なく汗をかかずに済んだ。家に閉じこもっていると気分転換ができなくなる、家にいながらにして思索を巡らせるものを考えてみたい。
パスタはフライパンでリゾットを茹でるような感じで水を足していく。
パスタを使った焼きそばかと思ったら、リゾッタータという調理法がイタリアにあるようだ。スープを足しながらだんだん柔らかく茹でる加減を調整ができる。以前まではパスタを2Lくらいのお湯と大さじ2杯くらいの食塩で茹でていた。パスタは半分に折ると、フライパンに収まる長さになる。そこで、フライパン片手にグツグツとパスタと15分くらい煮えて柔らかくなるのを眺めていた。キッチンにipadを持って来れば、ちょっとした30分番組が観れる。ニンニクを油で炒めて、パスタを柔らかくして茹でる。そこに玉ねぎをみじん切りにして、パスタソースに絡めて出来上がり。というシンプルな調理法にしたかった。ところが玉ねぎを先に入れると、飴色になるまで炒めた方が甘みが出たり、玉ねぎを切ると涙が出たりと、フライパンとまな板だけで調理できるのに、いろいろと試行錯誤があった。パスタ一つとっても芯が残るアルデンテがいいのか、それともフライパンで焼きそばのように焦げ目をつけた方がいいのかとバリエーションが広がる。
続きを読む パスタと雨宿り

普段の生活に田畑を

水耕用に使うポンプが少し落ち着いてきた。電源を入れ直す時にバイクのモーターの様な音がするのはそれが直流電流だからだ。
ポンプには水を吸い込む力はない。これは、チューブの中の気泡が無くなった時に起こる。ポンプだけでも水は流れるが音はしない。配管に無駄なものがなく、適度に空気圧が掛かると電圧が低くても多くの水が流れる。何度か再起動しているとサイフォンの原理で水圧が掛って水を押し上げて川のせせらぎの様な音になる。外でバイクのペダルを何度もかけ直しているのも、仕組みと繰り返しの中で乗り手に合った整備になる。一度スイッチを入れれば、水が無くなる3日くらいまで連続で稼動できる。
並行して土植えでもミントを育て、保存容器で水苔を育てていた。
水苔は外に出すと乾燥して、乾いてしまう。上にビニールをかぶせるか、保存容器に入れれば状態が維持できて、数日していると緑の苔が増えてくる。
外では電気がなく、室内より乾燥しやすい。何か透明なものを植物に被せるといい状態がキープされる。例えば普段の生活で、残った晩御飯をサランラップしておくと、翌朝食べる時に乾燥しなくて済む。
作り置きも可能になる。作り置きすると手作り感が失われるので、愛情も足りないのではないかという考えもある。
僕も、学生でアルバイトがなく家族と食事をしている期間は、食事をする合言葉でも和気あいあいとコミュニケーションが取れたものの、自分で仕事がないので居場所がなかった。
何とか人づて手探りで生活協同組合と巡り会い、アルバイトをしてお惣菜も分けてもらえるようになってきた。
すると今度は、一緒にご飯が食べられないことを残念がられて、こちらもなんだか気まずくなった。
水苔の容器は、300ml,900ml,1L,1.7L,4Lと5種類に増えた。
どの容器にも水滴が沢山つくけれど、水苔の成長は1L前後が顕著だった。それでも、1Lでは、サラダの具にすると無くなってしまう。
見た目から、欲張りと思われるかもしれないけれど、自給自足の道を模索している。
なかなか、目減りしないものは世の中で希少だった。梅干しを漬ける保存容器が、水苔の保湿には手頃だった。容量と密閉性を満たしているけれど、瓶にすると落とした時に割れて破片で傷つく可能性がある。
デザインも赤が濃く、中性的な容器があると応用の幅が広がりそうだ。
そう思いついて、色々とスーパーマーケットで保存容器を眺めていると、蓋も透明でゴムパッキンで開けられる容器があった。細長いものはパスタに、4Lのものは米の保存にも使えるようで計量カップも付いてきた。米びつとしては小さいけれど、保存容器としては大きく、冷蔵庫にも持ち運びできる。最近は米でもパスタでも虫が付くので、冷蔵庫に入れて保存するニーズが高まってきた。冷蔵庫で穀物を保存するといつでも自炊できるようになる。
続きを読む 普段の生活に田畑を