作業のジョイント

土曜日は診療が2つあり、また証明写真を撮る必要があったので、作業ではないにしても体が空かず、平日とほぼ変わらなかった。用事がある中でも、メッセージを確認できるようにしておきたい。とはいえ、電子メールは派遣の勧誘メールがくるために、知人ができて空いた時間に送受信を確かめることに気後れしていた。Webデザイナーとして通信の手段としてメールや電話を使うことはあったけれど、実際に会わないと分からないこともある。勤怠をメールにするのは、その事務所に特有のことで、2012年から2016年まで祝日を除くほぼ毎日案件のメールをやり取りしていた。中国からのメールにはタイムラグはあったけれど、Gメールで送受信ができた。地下鉄に乗っているときは、メッセージの送受信が遅れることもある。ただメールを送った側からすれば、なるべくはメッセンジャーのように内容を理解して、できれば返信するのが望ましい。

朝の当番では、燃えるゴミの袋を半透明と透明のゴミ袋を取り違えてしまって、作業場を往復することになった。こういったところから気疲れがあり、項目をチェックしていても抜け漏れがある可能性があった。指示書は十数個あり、順番に要領よく取り組もうとした。進行の関係で、指示書がまだ届いていないものは、手持ちの指示書を消化しながら、項目を整理して、新たに並行してタスクが入ってもパンクしないようにする。とはいえそこまで効率がよくないために、無難な方法としては受け答えをマメにして、勘違いやミスをひとつずつ解消していくことを目指していく。その場をどうにかやり過ごそうして、不確かであったりあやふやな受け答えをすると、そこ部分だけで進行が滞ってしまって、その先の必要な確認項目の概要さえ分からなくなることもある。進行の途中から新たに届いた指示書の意図を読み解いて、次の担当者に引継ぎをするために項目を理解するのに、要点が把握できず手間取っていた。また、リストの項目を反映するのに、実行し残っているタスクがあり、業務用プリンターを再度借りなおすことになった。また担当の時間と引き継ぎが前提になっているとしたら、最初に一度に確認しておけば、進行が滞って困ることもなかったかもしれない。しかしながら、指示書の中には、通常の作業ができるものと同じ様式でありながらも、担当時間にはコマンドが実行できず、未着手のまま指示書を引き継ぐという珍しい事例があった。所々確認が必要になったとしても、特に力が入る部分は、確認すべき項目がその場では把握できず、あやふやな言動になっているときで、用件を言った言わないの議論になる可能性をはらんでいる。受け答えは基本的にはYESかNOで状況に応じた判断ができているかを問われていた。

続きを読む 作業のジョイント