アナログとデジタルのペースメーカー

パソコンを使って文字を書いたり、絵を描いたりできるけれど、パソコンが電源を入れると回路が動いて、任意のパターンで動く事が元になっている。たとえ話では川から水を引いてきて、水が重力によって上から下に落ちる原理を使って水車を作ったり、それで小麦粉を臼で弾くことに応用される事がある。最近ではそういった工場での作業がどのような役割を持っているかを言葉にする事が難しくなっている。物事には正解があり、それから外れると間違えるとされることもあるが、その段階では飽和状態になっている場合が多い。

象の背中という本に、いいペースで蕎麦を食べるという習慣があると、作業効率が良くなるという。今日何食べたというメッセージから誰かを気にするかしないかがわかるということもあるけれど、そういったことはあまり考えたくなかった。もし手作業である程度何かを動かしたり直したりしたい役割をしたい場合は、自分がその担当でなかったとしても、一段階上の立場をシュミレートするとうまく行く事があるという。逆に遠慮しすぎると、理不尽な目にあったり、思った事が上手くいかないという巡り合わせがよくなくなる事もある。日本ではあまり取り立ててこの人がダメだというケースはあまりなかった。それでも、店に行っても欲しいものがなく、将来の目標を考えようにもどうにも計画が立たない。何かを作ろうにもすでに世の中に色々便利なものがあって、その上に何を付け加えればいいかと悩む。最近はあまり食事をとりたくない人もしばしばいる。僕もその時の気分では、全く食べたくない時もあるけれど、一定の周期で食事をした方がおそらく生産性がある。食べる事自体は消化する事だけれど、単語帳の文字を食べると覚えた気になると聞いた事がある。

高校の時はエクセルに書くことがなくて、とりあえず目に負担の少ない緑のラベルにして、教科書の単語を移していた事があった。できる人のノートはあまり具体的に書いていないのに、どうしてエクセルで家計簿のような型に整える必要があるのかは10数年たった今でも疑問ではある。当時は名前や住所を描く事が苦手で、できればワープロで読みやすいものにしたいと思った事もあった。携帯電話が普及すると、番号とテンキーからメールアドレスとポケベルのような文章を作る事ができるようになったが、会話文になるとパソコンを使わざるを得なかった。何か離れたところに対してメッセージを送ったりするには、携帯電話を持って何も伝えられずに悶々としながら、家かパソコンのある場所まで最短距離で帰るということをしていた。

パソコンを買ってインターネットに繋がっていないと、そのパソコンで何をしていいかのモチベーションがかなり下がる。ところがダイヤルアップでも何かと繋がると途端になんでもできるような変なテンションになる。パソコンの仕組みはまだわからない事も多いけれど、簡単なモデルを作ってそこに足がかりを作って、少しずつ登って行く、まちの道路はあらかた整備されているものの、パソコンのネットワークはジャングルのように未開の状態になっている。それがゆえに、フロンティアとしても可能性があるのか、または既にあった事がある人でも状況や変わったり、思わぬ転機が訪れたりするかもしれない。

続きを読む アナログとデジタルのペースメーカー