ブログの様式

かつてブログを自宅サーバーで作っていたころの木目の画像はなくなってしまった。角丸のUIはベニヤ板が元になっていた。ブラウザの白い画面をベージュにしてテキストを読みやすくしたりと、それ自体は何ともなかったし、またデザインのセンスも必要ではなかったが、素養にはなるのかもしれない。movableTypeというPerlのCMSがPHPによるwordPressに比べて、HTMLファイルが実ファイルであるので、バックアップしやすいという仕組みも、サーバーやPHPのアップグレードによって、更新されていった。

キャタピラ式のモデルといえば、ジブリ美術館で買った、おもちゃの戦車のプラモデルを組み立てていたことがあった。プラスチックの爪を集めるとピアノの鍵盤のようなキャタピラになり、砲塔は中世の小屋が山に着いたような、まるでハウルの動く城の模型のようなものだった。プラモデルにはモーターは付いていないので自走することはできなかったが、動きだしそうな造形ではあった。そのプラモデルは塗装にラッカー系塗料を使い、ピアノのように白と黒に色分けしていたが、結局完成することはなく、数年後に中国から輸入したraspberryPiとモータードライバーに使ったキャタピラクローラーでその面影が蘇ることになろうとは思わなかった。森博嗣の科学読本というQ&A集に、キャタピラー式の乗り物がタイヤの自動車に比べて操作性が確保できるかという点で、2つのモーターを交互にコントロールできれば、科学的に道路を探索可能と記載があり、ブラウザ上にファミコンのように十字キーとブレーキを付けると、無線の伝わり方にもよるが、おおむね操作できそうだった。またキャタピラーはショベルカーなどの作業用車に使われることがあるが、バイクの前輪がタイヤで、後輪がキャタピラーという変わった乗り物もある。ともかくかつてはキャタピラーをひとつずつジョイントさせていたので、プラスチックのキャタピラーも、1ブロックずつ長さが調整できるようになった、とはいえ、微妙にベルトに撓みがあったほうがモーターに負担が掛からないようだ。森博嗣は、ジャイロモノレールのようにモーターの回転がバランスをとるのに有効だとしてその復刻を手掛けていたり、蒸気機関車を再現したりしているが、キャタピラー式の乗り物が意外にもエコロジーで、作業用だけでなく乗用車にも活用できることに着目できる観点があったことは想定されていたかはわからない。キャタピラー式のセグウェイがもしあったとしても、公道を走れずラジコンと同じ扱いになるけれど、自転車や自動車、電車だけが人や物を運ぶ乗り物とは限らないと考える。

続きを読む ブログの様式

慣習と雑学の関わり

Modern Slavery Act 2015 (現代奴隷法)はイギリスで定められた、どちらかというと慣習法だ。マスコミはメジャーな憲法改正を引き合いに出すけれど、法律は弁護士の為だけでなく、意見が対立したときにお互いが納得する妥協の手段として考案されたもので、それ自体に強制力があるわけではない。

とある編集プロダクションの結社でも、語り口こそ柔らかいが、家父長権限が強く、かつて早稲田大学の大隈重信が、欧米列強(というのは同時代の作家の森鴎外が子供に力関係を示そうとして手習いで書いたメモのようなキーワードで、どの国が強いかは流動的だったと思われる。)が、米国大使タウンゼント=ハリスとの会見のなかでそのようなことは国際法に違反すると、窮鼠猫を噛むようにして、まくしたてたという。彼自身、国際法という中立国家のオランダのグロティウスが提唱したニュアンスのような形のないものに、説得力があるかどうかは想像が許される。

草莽崛起というのは、明治維新のときに識字率の高さから、大日本帝国憲法の草案は教科書に載ってはいないけれど、高校ではタバコと携帯電話が校則で禁止はされていたが、タバコが禁止されたのは、明治時代に定められた民法によるもので、パッケージに健康へのメッセージとともに書いてあり、それがあたかも常識であるかのように僕らに刷り込まれている。

山口県にある松下村塾では吉田松陰に伊藤俊介という後の伊藤博文がおり、金子堅太郎らがドイツ風のロジックで植木枝盛らのフランスのルソーの人間不平等起源論から結んで開いてを和訳した慣習法を押さえつけて当時の皇室に上奏する形式を定着させた。こう言った書籍は大学に行く前に、神田の古書店に置いてある文庫本を拾って読んで得たヒントも含まれている。しかしながら、電子メールによって原稿用紙をなぞらなくても作文ができて、ジーグレーという版画のように写真をなぞったり着色するPhotoShopなどのレタッチソフトのように、消しゴムを使わずに書いたり消したりできて、共有もできる。高度経済成長期の一太郎のように、原稿用紙に近いものが外来の記録媒体になってしまったのは、漫画家のみなもと太郎の風雲児たちにページが多い杉田玄白らの解体新書のくだりにも似ている。

あるいは消費税が改定されればタバコも安くなり、嗜好品は比較的入手しやすくなることが予想される。僕はコンビニのPOSシステムで消費税の値札を一枚ずつ張り替えていたこともあり、農本主義という吉野作造が大正デモクラシーの機運で作った、日本版のマックスウェーバーとプロテスタンティズムの倫理から、離れることができなかった。それはちょうど、目玉焼きには醤油で、ウスターソースをかけるのは慣れないという染みついた感覚と似ている。とはいえ、醤油は味噌の上澄みだったけれど、明治時代から化学的に合成されて和風に落ち着いている。江戸時代では入り酒という料理酒で梅を煮詰めたものが主だった調味料だとされている。

続きを読む 慣習と雑学の関わり