水ブロックの透明感と波

水のテクスチャーが再現できれば、応用が利くと思っていろいろとBlenderで設定を試みると、なかなか透明感がでない、ガラスのような透明感はCyclesレンダーでしか出せなかったが、条件付きでeeveeレンダーでも透明感や反射が再現できるようになっていた。Cyclesレンダーでは、パソコンのスペックが足りずフリーズするようだ、なるべく造形の段階では、メッシュなどは変わっていないのでeeveeレンダーで透明感を出せた方が現実的だった。ドメインを使って器に入れるアニメーションは、ドメインの解像度にムラがあり、指定した範囲よりやや広めにとる必要がある。入れ物によくワイングラスの回転体を用いることがあるが、回転体は立方体の入れ物に比べると容器は透明でも厚みがあり、その厚みに流体シュミュレーションが適用された。そこで立方体に厚みを持たせて容器を作ると、水漏れが収まった。しかしながら容器をレンダリングしないと、水は一様ではなく、流体シュミュレーションの難しさがあった。または炎のアニメーションのように一定の平面のUV図面をタイムラインで操作するというアイデアを思い付いた、立方体の周りと下を半透明のPNG画像にして、表面だけ波が流れるアニメーションを追加する。一見水には見えないが半透明のブロックが再現された。IORを1.333にしたり、環境テクスチャーを追加すると、透明なだけでなく、半ば風景を鏡のように映して透明感が出てきた。とはいえ、環境テクスチャーは確度によっては不自然な影ができるなど、結果の画像と制作の途中で必要な要素が異なっていた。金属の場合はIORを1.45にすることで鏡のようになるが、水の場合はさらに半透明になっている必要がある。水冷ユニットや、mineCraftのアイアンファームなどでは水の流れを活用していたが、それを描画するとなると相応に準備が必要なようだ。流体のドメインの設定を一度に詳細な数値にすると、パソコンがフリーズするので段階的に組み立てる必要がある

続きを読む 水ブロックの透明感と波

パソコンとグラフィックボード

グラフィックボードについて、僕は詳しくなかった。今回それをあえて購入したのは、パソコンとは何か、自分なりに探求しようと考えたからだった。普段はスマートフォンを使っている。スマートフォンにキーボードを付けて、ワープロの代わりにしたこともあった。デジタルカメラはスマートフォンで間に合わせている。パソコンはグラフィックボードが無くても、wordやexcelを動かすことはできる。グラフィックボードは自作パソコンで映像出力を改善するのに使っている。mineCraftのRTXでは、一つのブロックのレイトレーシングで景観を形成するくらい数多くのブロックに適用させて、一つの風景を作り出す。ブロック一つであれば、グラフィックボードが無くても、intelのモバイルPC用のcore i7だけでも再現された。立方体に光が当たっており、色合いが変化してゆく。ノートパソコンにグラフィックボードを外付けで付けられれば、デスクトップPCとして成り立つと想定した。それを可能にするのが、ThunderboltケーブルというUSBケーブルだった。

僕の目的は絵を描くことでも、写真を撮ることでもないけれど、パソコンを使っている以上それらにも詳しくなる必要があった。mineCraftのJAVA版に慣れ親しんでいたことに報いるようにwindows版のクーポンが取得できればタイミングは良かったが、後で3000円から3990円に値上がりしてからソフトウェアを購入した。JAVA版にOptifineを加えるシェーダーパックを適用すると、水の透明度は表現されていた。中国のwisdom-shaderの作者は、まるでアニメの風景のような透明感のある風景を再現させていた。windowsPCでなく、macBookがメインのパソコンだったときは、wisdom-shaderの透明感のある水と空にインスピレーションを受けた。シフトレジスタ回路を作って、風景を録画すると太陽や雲だけでなく、星も周回していることを観測した。そのとき、mineCraftのwindows10のベータ版では、グラフィックボードのメーカーのnVidiaと連携して、デモ版のワールドマップを配っていた。その条件がかなりのハイスペックだった。以前にmacBookのスペックを奮発したのは、紙媒体のスキャンデータを効率よく表示するためだった。

続きを読む パソコンとグラフィックボード