今までの経緯と目的

朝起きて、新聞小説を書き写して、散歩にでると資源ゴミの日が今日でまだ8時前だったので、段ボールを梱包して出しておく、そのときに自転車ですこし散歩に出る。今年は2020年で、大学を卒業したのが2015年だったため、社会人になって15年目になるようだ。そのうち10年をwebデザイナーとして過ごし、4年を派遣社員のSEとして過ごしてきた。ちなみに社会人になって1年目では、専門学校に通って、そのスキルを活かしてアルバイトをしながら過ごしていた。2年目になって個人のプログラマの事務所に参加して、そのホームページを作ることを始めたが、社会保険などの福利厚生に加入しておらず、不安な日々を過ごしていた。続いて3年目ではITベンチャー企業に就職して、コーダーとして企業のホームページにコンテンツのデータを入力していた。社員の平均年齢が若く就業規則は比較的自由だったが、業務が深夜に及ぶこともあった。現在ではウェブサイト制作は行っておらず、スマートフォンのカバーを作る代理店になっているようだ。とはいえ、社員旅行に行く経験をして、レクリエーションをしたのもここでの経験が初めてだった。福利厚生も充実していた、専門学校で学んだスキルを活用すべく、転職エージェントと相談して、価格比較サービスのコーダーとして働くことになる。新卒のときはエントリーシートを書いても1次面接までしか進んだことがなかったが、エージェントの協力もあって2次面接まで進むことができた。

後楽園を歩いた道は、道の途中で東京ドームがあり、遊園地があってもそこに寄り道できずに、ただまっすぐ歩くしかなったことを覚えている。そこでの勤務は4年半に及んだ。初めの2年はコーダーとして、続いての2年はグラフィックも加工できるwebデザイナーとして勤務した。福利厚生が充実しており月々の手取りは前職に比べてやや少なかったが、積立をしていたので貯金を貯めることができた。また、自動掃除機のルンバやサイクロン掃除機、電子レンジを購入したものこの頃だった。アニメやゲームのコンテンツを購入することができたので、それを見て楽しむだけでなく、制作に参加したいと思うようになった。オンラインゲームで知り合った大学生とコミケに行くことができたのもこのあたりだった。この後にゲーム会社にも応募はするものの、webデザイナーの事務所で、企業のホームページ制作を請け負う業務につく。ブログをCMSとして活用してカスタマイズすることで、クライアントの要望を取り入れながら、個人でコンテンツを運用して作成することができる。海苔の商店のブログを年末年始に更新するのが、行事のようになっていた。

続きを読む 今までの経緯と目的