支援のキャッチボール

交渉は条件が伏せられて、経済的にも苦しく不利な状況ではあったけれど、今後の予定を立てることができるようになったことを感謝したい。医療費や社会保険がその間不安ではあるが、無為に日々を過ごしているわけでなく自立を目指して、努力していることがお金には代えられないが、協力を得るための手段になる。今月は変化がおおきかったが、習慣を変えるいい機会になった。とはいえ環境の変化は急激で、自分を責めて無理をして迷惑をかけるわけにいかない。素直にそう思った。手続きの概要が分かっていないので、訂正印を押していいかどうかを確かめることが頼りだった。そういったところでは協力頂いたので、待っていて良かったと思った。

朝起きてその日いつ帰れるかが分からないと不安になって散歩をして気を紛らわすことにした。新聞小説はそんな間でも書き写すことができる。先日の睡眠は不安で目を空けそうになったけれど、横になって目を瞑れば途中で起きることはなく、体力的にはある程度疲れが取れた、精神的な不安は残った。スマートフォンのショートメールを受け取った時にはとてもぎくりとした。一人で悩んでいたらパニックになりそうだったので、誰かに相談することにした。この場合は、多くを望めないので状況を伝えて、電話で確かめようにも話がまとまらず、再び退職勧告を受けた会社の社員と手続きのために会うことになったという旨の話をした。それを聞いてくれるだけで多少気は収まったが、相手が悪いとは思わないが、手続きをやり直す必要がある場合に、まずは体を空けておく必要があるということが先行して、ショートメールを唐突に感じてしまったところもある。業務の間を縫って退職の手続きが必要という事例が必要なだけであって、担当者が悪いわけではないと考えることにするには自分でも配慮が足りなかったとも思える。

続きを読む 支援のキャッチボール