科学と物理を橋渡しする仕組み

銅は熱伝導性が金属の中で高いけれど、一般的には鍋にはステンレスなどの鉄やアルミニウムが使われている。銅では熱が伝わりやすいので、均一に熱が伝わりやすいが、熱しやすく冷めやすいという性質がある。アルミニウムではアルミ箔で包んだジャガイモなどは熱が銅のように通りやすいという性質をつかっている。自宅のベランダでも蓄電池からIHクッカーにアルミニウムの鍋を付けて、炊飯をしたりしていた。なかにはコメから白い煙がでる富山県産の無洗米でない米があり、味だけでない炊事の体験ができた。とはいえ、飯盒があればアルミニウム拍だけでも太陽光を集めて熱を作り、ソーラークッカーという電気を使わない設備でも調理は可能だという。直流の電圧が、パソコンの専門メーカーでも出力が家電ほど上げる必要が無い中で、キッチンで無い場所で乾燥ヌードルや水パスタなどに端を発し、手軽に机や空いた場所で調理できるのは、安心感がもたらされる。確かに設定を工夫して炊飯できるくらいの出力を確保することも労力を要するけれど、マクスウェルの電磁法則もフィールドワークで得られたという逸話があるし、可能性を探求することで、それが見つかった時に自分だけでなく誰かにも使えるようになる。ガスコンロの代わりに電気を使うことでも熱を生むことで温かみを確保できた。または銅やアルミは空気や水の流れと合わせると簡易的なクーラーにもなる。

銅やステンレス二重タンブラーを使った熱を集めるものは、科学というよりは物理学に属するのかもしれない、それだけ銅はコインなどでは比較的潤沢だけれど、パソコンなどを冷却するヒートシンクでは数が少なく珍しい。ペルチェ素子ではアルミニウムの水冷ブロックを使うことで、ペルチェ素子のブロックを小型化することができた、そこでさらに熱伝導率が高い銅の水冷ブロックでまた試して見ようと思う、また銅はアルミニウムに比べて参加しやすいけれど、酸化銅には毒性が無いので、水や空気を冷やすこともできる。もしその性質で銅の鍋があればと思ったがおでんの鍋や卵焼きパンのように、温度を均等に伝える用途で使っている。もしそれらですき焼きを作るように米を焚いたら、炊飯器より素早く調理できるかもしれないが、シチュエーションが思い浮かばない。また鉄は熱伝導性は高くないが、比熱という熱を保つ要素は高い。もっとも比熱が高いのは水で、お湯を沸かして、入れ物にいれるという行為も熱を形にして運んでいることになる。電気が無かった江戸時代にも、熱湯で魚を湯霜という加熱する調理法があるがこれも比熱を利用したものだ。または床暖房のようにパイプにお湯を通して床を温めるのも水が温度を保ちやすいという性質による。とはいえ。お湯が湯気をだして気体に変わると温度が冷めていく、冷蔵庫ではお湯のほうが水より湯気がある分氷になりやすい。ホッカイロを衣服の中にいれると中から少ない熱で温める。その性質から、USBの5Vから二重タンブラーなどの密閉した容器に熱を貯めたり、またはペルチェ素子を水冷ブロックと合わせて、二重タンブラーに入れると空気中の水分が霜になり、やがて氷になる。ペルチェ素子の冷蔵庫もあるようだけれど、ペルチェ素子自体は異なる二種類の金属に電気を流すと熱が低い方から高い方に移動する性質によるので、比較的静かだけれど、消費電力は比較的高い。規模自体を小さくすれば消費円力を節約することができるけれど。

続きを読む 科学と物理を橋渡しする仕組み