電子書籍と読書灯

ろうそくの明かりで電子書籍を読むことが一つの目標ではあった。LEDはそれに近い色再現性を持っており、とくに平面なLEDダイオードより、自然光に近いLEDフィラメントはかなりろうそくの光でありながらも、燃料を消費せずに電気で賄える。またマグネットケーブルが、なにかの端子と磁力でくっつくと、モバイルバッテリーが自動的にONになり、磁石を離すとOFFになることから、LEDフィラメントもUSBの5Vで、マグネット端子と合わせれば、モバイルバッテリーでもクランク発電機でも読書灯を使うことができる。月の明かりで本を読みたくなったこともある、本屋で漫画や小説の単行本を買って、電柱の街頭に寄りかかって続きを読むことが楽しみだったこともある。

今回は、kindleに青空文庫をインストールすることにした。著作権も気にならず、図書館にあるような一般的な書籍で、今まではスマートフォンでスクロールさせながらテキストを流し読みするのがもっとも効率がよく、ポケットにも収まった。デスクトップの液晶画面で青空文庫を移すと、確かに文章量は多く映るけれど、背景の白地にLEDの最も明るい白色が敷き詰められるので目がチカチカしてくる。そういったこともあり、設計図が紙媒体になることもしばしあばある。クラウドファンディングのINDIE GOGOでは、白黒のE-inkを活用した文章や図形を共有するモニターもあるが、カラーの液晶に比べるとコストがかかり、表示スピードもそれほど早くない。実のところ、電子書籍を読むのにiPhoneのsafariやGoogle Chrome指先をつかったフリップでの閲覧が最も一覧性が高いが、それでも読書に特化したkindleのE-inkの滑らかさを活用してみたかった。LEDバックライトを夜間でも読めるくらいに明るくできるが、できれば灯りを自前で用意して、バックライトを節約することにした。

クランク発電機にLEDフィラメントをつなげると、クランクを数分回すと、30分くらい点灯している。その間にkindleで数十ページくらい捲れる。まるで紙芝居をめくるように地味でもクランクを回すことが苦にならない。

ゲームではアクションゲームではキャラクターが動いたりシビアな動きをする。とくに白熱するのは、スーパーファミコンのマリオカートで、これは3D版で動きが滑らかな最新版がでてもなお、駐車場のようなブロックのステージでカートの周りの風船を割るルールと、上下にプレイヤーの視点が分かれているレイアウトが、プレイヤーだけでなく、それを応援する人にも没入感を与える。これがバーチャルボーイのようにゴーグルで個人の視点になったら、ドライバーの運転のリアリティやシビアさは増すけれど、そこまで感情移入しにくくなる。とはいえ、白熱していてもかならずしもそれが好きとは限らないが、それだけ一生懸命になれるなら、だれとでも友達になれそうな元気のもとになる。

かつて、アメリカのマークトゥウェインはまだ普及するとわかっていたわけではないが、グーテンベルクの活版印刷の未来の形として、パズルのようにアルファベットを組み合わせっるワードプロセッサーの原型を作ったという、講演ではそれが善意からだとしても、法螺やジョークも交えていた著者にはプリントの仕組みを作るのは意外なことだった。

ヨーロッパではゲーテがガラス管の中の水が、天候によって水位が異なることから気圧計を作ったという、フラスコからちょうどガラスのチューブが伸びていて、気圧に応じて水位が変わるという。19世紀でアナログがまだ主流であった時代にも文章は確かにコミュニケーションの手段ではあったが、物理的なガジェットを拵えることにも一定のニーズがあることが今から振り返るとかえって新鮮だ。

続きを読む 電子書籍と読書灯

あるものと必要なもののバランス

E-inkの省エネ用のディスプレーが背面に付いたYOTAPHONE3の故障の原因は分からなかったが、せめてスマートフォン本体を国内で埋もれされるよりは、故郷に還してあげたいと思って、ガラス面も傷つけずにフィルムを貼っていた。中国で何もかもできるとは思わないし、そこまで頼っているつもりもなかったけれども、意志の疎通ができないことはなんともやりきれない気分になる。郵便局に問い合わせても国内を出た商品には現品に保険が掛けられているくらいだとして対応の仕様が無い、またなぜか僕が体を張ったり、地域のコミュニティに密接した配送業者に引け目を感じていることを中国側が心配してくれたのか、思い切って購入して一年くらいが経つけれど、半年くらいは何処からもアクセスできないところにあった。通信設備を持ってもそれはインフラに依存しているので、個人が自由に持てるものではないのかもしれないが、僕個人は工夫があったとしても、誰にも真似できないような類でもなく、嘘も付いたことがない。

パソコンがないときは、学生寮にある携帯電話がITの全てだった。その時でも自分ではどうにも分からないことにぶつかっては、質問していた。MP3ファイルをCDにコピーしていて、それを物干し竿に束ねていた。リサイクルショップからガジュマルの鉢と木の台を部屋に置いて、同じ経済条件でも内容を少しでも充実させようと努力していた。秋葉原にゲームや家電を買ったりしているうちに、自分に興味のある分野には比較的詳しくなった。

名前と住所があっているかをドア越しに尋問されることもあり、本人はそれが事実でも怖がってしまう、怖がることは後ろめたいところがあるのでしょうと思われるので、できる限り毅然とした振る舞いをしようと思う。それでも、待っている時間がそのまま我慢時間になってしまう場合もある。

E-inkの画面は、商店の電子ポップなどに使われていたので、それを日用品に使えないかと思って、マイコンと土壌湿度センサーを組み合わせたり、温度計に使ったりと活用方法を考えた。英数字はフォントがパターン化されているが、漢字や絵文字は画像データとして取り込む必要がある。まばだきをモチーフにした、簡単なアニメーションなども実装したりした。今年の6月頃から、特に支障なく連続稼働している、時にはマイコンが電源を入れてすぐに何かのはずみで再起動することもあったが、その時にもエラー画面が出ることで事前に故障を予知することができた。E-inkだけであればシンプルだけれど、それでブラウザを見ようとするとケーブルやAPIが多くなり、今でもINGIEGOGOで試作品が数点あるくらいで、そこまでカラー写真や印刷物に関心がなくても、視覚情報が日本では判断材料になることが多い。あるいは映像やテキスト、画像を見たり聞いたりしている何かのタイミングで、E-inkを変化されるだけでも、ちょっとした相棒のように思えるかもしれない。

AndroidとE-inkの組み合わせは、多機能化が進んで、やがて競争過多になって、お互いにメリットがなく、進展がなくなると思ったからだった。特に電話をする知人にいないのに、月々のプランが高く嵩んだり、それはインフラを国でなく民間の組織が行う場合、例えば教育機関でも公立は両親にも負担が少ないが、私立の教育機関では授業料が家計を圧迫する。ならばせめてもの元を取りたくもなるが、それよりはその分野に詳しくなることで、可能性を伸ばしていこうという考えが現実的になる。僕はリーダーシップ型ではないので、人に強く当たれない、その分鬱憤やストレスがたまるが、それを自分でコントロールすることにしている。

続きを読む あるものと必要なもののバランス

過去の記憶をアイデアにする工夫

E-inkの液晶画面は留守の間一日稼働しても、バッテリーの消費量が少なかった。備え付けのLEDがバッテリーを少し消費するので、目標としては、wifiかメモリチップにプログラムをまとめてパターン化して、フリスクのケースくらいの大きさで特定の曲が聞けたり、温度や時間が図れたりするような仕組みを考えてみたい。現時点ではそれぞれのデバイスがどのように動くかを試している段階でもある。それでもなるべく自分のテクニックを磨くことも必要だけれど、シンプルな方法でそれが実現できるならそれに越したことはない。当面は、一つ先のことを考えてその手がかりとして専門用語を覚えるという段取りを踏んでいこうと思う。パソコンは不思議で絵を描こうとしていると、修正や調整になって線が細くなってくる。なにかを準備していると意外なところでアイデアが浮かんでくることもある。何事もだれかに承認されていると物事が進みやすいというけれど、いざそうなると、今度は思ったより自分の力がたいしたことないように思えてくることもある。何かにとうせんぼするような形で、ちょっかいを出されるとイライラすることもあるけれど、その時の不具合はそれとして、少し前後のタイミングで振り返ると自分の気持ちも客観的に見ることができる。意地悪された当時は、負担がかかっていてそれを防ぎたいという気持ちがほとんどだけれど、その点と点をつないで線にすると、それまでの経緯が明らかになる。しかしながら、噂を膨らませて、有る事無い事を話題にするのは、あまり気が進まない。
しかしながら、日本語より専門的な分野になると英語が多い、そう行ったときにも外人がそれを母国語にしていたときにどのように生活に取り言えるのかを想定しながら、普段の暮らしを再発見するという過程を取っていきたい。DIYとマイコンは相性がいいけれど、システム開発をもしグループでなく、そこに初めて携わる個人としてありのままに見て見るとどのような見え方あアイデアが浮かぶだろうか。アイデアも個人の知識というよりは、過去の思い出を現代や近未来にそのまま置き換えたようなものだ、なるべくは、昔やりたくてもできなかったことを繰り返し、メモに書いたり、つぶやいて見るとふと形になったとき、既存のものと同じところと違うとことがあり、それを少しづつ特長付けていくと、おおよその形になってくる。そこでカウンセリングのように誰かに相談しようとすると、それを実行しなければならないという固定した考えになるので、誰かに話すことはかなりハードルが高い。カウンセリングもそれが圧力をかけたものでも、そうでなくてもある仕組みについて言及していることがある。そう行ったときは、相手にも対価が必要になってくる。相談はなるべくはフェアな条件で行っていきたい。
ゲームのスコアや達成度を競うより、その作り方を学ぶべきという考え方もあるものの、それだけでなく習慣をプレイヤーなりに作って行くという方法でも、面白みがある。そのときは特に用事もなく延々と作業が上達するまで、辛抱して座っていたものの、ゲームにタイマーがついているので、少しだけならログインして見るかといい気分転換になった。その頃には、かつてのように長い時間のストーリーはなくなり、隙間時間をどのように活用するかという生活との関わりに気付かせるというさりげないものになっていた。そう行った中ではソーシャルゲームでも、あるジャンルは参加しているが、同時に自分がまだ知らない分野も増えて行く、ちょうどゆったりと腰を落ち着けるドラゴンクエストと、感覚的でスピーディーに展開が進むファイナルファンタジーが同時期に新作が出ることが多いけれど、両方同時にできないというジレンマに似ている。
続きを読む 過去の記憶をアイデアにする工夫

海外から届いたE-inkの小包から

宅配便が届くことでホッとする。中国から届いたものは一階のメールボックスに入るくらいの大きさで、留置にする必要がなくて、タイミングを気にせずに受け取ることができた。小包の中身はE-inkを使った液晶ディスプレイで、大きさは3cm四方のガラスの液晶画面で、電気を通さなくてもデフォルトの画面が表示されている。更新の時だけ画面が入れ替わる。これと同じ仕組みはコンビニやスーパーマーケットの商品名と値段が貼られたタグにも見られる。配線は7本あり、今までより多い、とりあえず3.3Vは赤、GDNは黒色と決めておくと、他の線も配置しやすくなる。ライブラリのインストールで手間取るものの、フォルダに名前をつけてzipファイルにして、ライブラリのあるフォルダにIDEを通して置くことにした。ライブラリの中身は全ては把握しきれないが、フォルダ名から当時のフォルダの用語から大体の位置関係が想像できる。本棚の見出しで本の内容を想像するようなものかもしれない。ライブラリの中身はおそらく専門的に学んでいないものは内容を把握しきれないこともあるので、より一層目的を持つことで筋道が立てられる。当面としては、これから小包にあるE-inkをせめて、正しい配線で表示を変えて見たい。帰り道でスマートフォンの隙間時間で行うミニゲームが、wifiの思ったより不調で、駅の間はずっと真っ黒なローディング画面だった。またminecraftのアイデアを歩きながら思いつくものの、それを実行できるパソコンがなく悶々とする。とはいえスマートフォンでシュミレーションゲームをするほど、腰を落ち着けることができず、ボタン一つでも選択の余地がある仕組みを考えることもありうるので、通信とインプットアウトプットの相関関係は考えていると飽きがこない。なんとかデフォルトの表示からHello worldと図形が表示された。そこからまたデフォルトの画面に戻り、arduinoを起動した時間がタイマーで白黒の液晶画面に表示された。ループが0.5秒ごとに動いている。ここで現時刻がグリニッチ標準時で現わされて、そこに任意の図形があわされば、スマートウオッチの雛形になりそうではあるものの、初めは7本の配線に絡まりがなく+-が間違いなかったことだけでまずは動作確認とする。続いて簡単な文章のライブラリがあった。ここにせめて@など任意の記号やアルファベットが追加できれば、簡単な文章などが表示できそうだ。こちらも何秒ごとのループになっているものの、デフォルトでは、page1が表示されたままで、タイマーで切り替わらない。おそらく動作が滞っている。Page2とpage3の短い英文の詩があった。Wordpressでもプラグインのテスト動作にジャズのhello dorryという詩が管理画面に表示される。それと似ているかもしれない。しかしながら、そこに日本語や全角の文字は追加することができなかった。フォントが設定されていないだと予想される。ともあれ@を任意の位置に追加して、テキストがループに合わせてページが2ページ交互に表示されることになった。
続きを読む 海外から届いたE-inkの小包から

大陸と日本の架け橋になるアイテム

去年のクリスマスから年始にかけて、思いきって中国で実際に使われているスマートフォンを輸入して使ってみることにした。秋葉原のヨドバシカメラから、ジャンク売り場までを見回していると、Sharpの経営再建とほぼ同時期に、中国でMIXという液晶画面の枠がそぎ落とされたタイプのスマートフォンが出回っている。語呂合わせで覚えたのはUMIDIGI、海の向こうの液晶というイメージ。また、去年に図書館で借りた、「シャオミ 爆買いを生む戦略」黎万強, 藤原由希 という本から、中国と日本の思わぬ接点が感じられた。シャオミがただ割安の商品を作ることより、日本の無印良品に倣って、ユーザーの手に馴染む物作りを始めた動機がイメージできてとても想像力をかきたてられた。このころはスマートフォンのバッテリーが外出中によく足りなくなるので、無印良品の日立マクセル製の円筒形で5000mAのスチールのリチウムポリマー製のバッテリーが小さくて頑丈だ。2015年頃には、モバイルバッテリーは、パナソニックのOEMに変わって、さらにプラスチックで角が丸くなったけれどどこかアイテムとしての実感は薄れつつあった。そういったなかで、シャオミのmiというロゴが小さく入った楕円形のバッテリーのデザインは、まるでipodとモバイルバッテリーのいいとこ取りをしているようにも見えた。Appleはmacbookやiphoneでは、高級感がありながらも機能が洗練されているので、損をしている印象は抱きにくいけれど、それでも普段使いというより、どこか自分ではない誰かにプレゼントするサプライズの方が大きいように思われた。すると、全ての周辺機器を純正部品で揃えることはあまり経済的ではないように思われた。しかしながら、機能的にはメーカーの相性がいい方が上手く行くことが多い。そういった中で、手持ちの予算でもこだわるところはできるだけ凝って見たくもなる。煩雑なところは多少前評判が悪くても実際に手にとってその仕組みに詳しくなりたいとも思う。
続きを読む 大陸と日本の架け橋になるアイテム