joyStickの凹と凸

joyStickモジュールのボタンはキノコのような形をしている。親指で縦と横のレバーが組み合わさり、円形に動くようになっている。そのうちx軸を水平方向、y軸を垂直方向に読み取って、上下左右の十字キーのように操作することを目的にした。実際のものは、Nintendo SwitchのJoyConだけでなく、家庭用ゲーム機のプレイステーション2でも十字キーとは別に操作キーがあった。回路はタクトスイッチのようにデジタルでONとOFFにするものではなく、アナログで信号を検出する。デジタルとアナログが揃っているマイコンは、arduino Uno R3がある。デジタルピンとアナログピンが白い線で分かりやすく印字されている。Espシリーズは、デジタルのピンが主で、アナログに割り当てられている端子がエクセルの対応表を見ないと分からない。また、Esp32をWiFiに接続すると、電源の+極とVCCと-極に隣接するピンがアナログに設定していたものが、デジタルに変わるという現象があり、このあたりは、パソコンのwebブラウザがゲームパッドの十字キーのうち一方を認識しないという事例と関りがあるのかもしれない。

joyStickモジュールはスイッチサイエンスから、半田付けがシビアになると注意書きがあり、不器用な僕にできるのかと足踏みしたけれど、Esp-developer32を新調した折、モジュールと基盤を半田付けにチャレンジすることにした。joyStickモジュールの基盤は、microUSBのDIP化基盤と同じくらいの間隔ではあるが、DIP化基盤は横一列であるために、比較的半田付けしやすいが、joyStickモジュールは縦と横があるので、基盤に当たらないように半田ごてを付ける必要がある。大小19ヵ所の半田を付けて、joyStickモジュールが動作することを確かめた。実際のピンは、microUSBのDIP化基盤と似ており、電源の+極と-極、アナログのX軸とY軸、デジタル信号のピンの合計5本になる。

続きを読む joyStickの凹と凸

HUBのアイデア

どうしてそんなに急かすんだ、と聞かれると。ある人はそうでもしないとその瞬間が通り過ぎて行ってしまう気がしたからといっていた。わたしの話は長いけれど、うんうんって聞いて欲しいんだ。いや相槌を求められると困るかな、そういったことに辛抱が掛かることは実は話して自身が良く知っている。それだけに、この話が終わってくれないかなという素振りを見せると寂しくなる。寂しくならない方法があるとしたら、相手の不意を突いたり、気づかないところにささやくことくらいだ。とにかく気にかけてほしいようで、平日はともかく土日にも平日のようにふるまうグループもある。ペース配分を考えないとへたばってしまう、マラソンで伴走しようといっておいて、つたれた素振りに気が付くと追い抜いていくようなものだ。どうしても競争という形を取りたかったのだと思う。

毎日用事が交互にやってくる。その日にならないと分からないこともある。対応はしているけれど、バタバタ行動しているグループがあるのかもしれない。回路では引っ越しの際に緩衝材をつけて梱包しても、何本か断線があった。自転車のLEDにも擦り切れて、電気が付かなくなっていた。急いで半田ごてを取り出して、元通りに点灯することを確かめる。なかには半田が付いているけれど、数か月くらいの経年劣化で接触が不安定になっていたものもあった。ワンタッチコネクターは固定したと思っていたらひとりでに外れていた。そういったことがあっても、ひとつずつ確かめながら修復していく。回路に複雑な配線は無かったが、作り直すよりは不具合を直した方が手間が少なくて済むけれど、それでも修復からそのあるべき設計を思い付くこともある。普段から勘には頼らないけれど、間の悪さから勘違いやあたかも転んだようなこともしばしばある。そういったことも焦りもあるけれど、なんとかタスクをやり遂げたいと考えるからということもできる。

続きを読む HUBのアイデア