joyStickの凹と凸

joyStickモジュールのボタンはキノコのような形をしている。親指で縦と横のレバーが組み合わさり、円形に動くようになっている。そのうちx軸を水平方向、y軸を垂直方向に読み取って、上下左右の十字キーのように操作することを目的にした。実際のものは、Nintendo SwitchのJoyConだけでなく、家庭用ゲーム機のプレイステーション2でも十字キーとは別に操作キーがあった。回路はタクトスイッチのようにデジタルでONとOFFにするものではなく、アナログで信号を検出する。デジタルとアナログが揃っているマイコンは、arduino Uno R3がある。デジタルピンとアナログピンが白い線で分かりやすく印字されている。Espシリーズは、デジタルのピンが主で、アナログに割り当てられている端子がエクセルの対応表を見ないと分からない。また、Esp32をWiFiに接続すると、電源の+極とVCCと-極に隣接するピンがアナログに設定していたものが、デジタルに変わるという現象があり、このあたりは、パソコンのwebブラウザがゲームパッドの十字キーのうち一方を認識しないという事例と関りがあるのかもしれない。

joyStickモジュールはスイッチサイエンスから、半田付けがシビアになると注意書きがあり、不器用な僕にできるのかと足踏みしたけれど、Esp-developer32を新調した折、モジュールと基盤を半田付けにチャレンジすることにした。joyStickモジュールの基盤は、microUSBのDIP化基盤と同じくらいの間隔ではあるが、DIP化基盤は横一列であるために、比較的半田付けしやすいが、joyStickモジュールは縦と横があるので、基盤に当たらないように半田ごてを付ける必要がある。大小19ヵ所の半田を付けて、joyStickモジュールが動作することを確かめた。実際のピンは、microUSBのDIP化基盤と似ており、電源の+極と-極、アナログのX軸とY軸、デジタル信号のピンの合計5本になる。

続きを読む joyStickの凹と凸