ファイルの読み書きと実生活

朝起きると、タオルケットだけでなく毛布がいるくらい気温が涼しくなっていた。日中にかけて気温が上がっていき30℃をやや上回ると、少し汗ばんできた。エアコンに頼らずとも過ごしやすい気候に変わってきた。ベランダの太陽電池と温度計センサーの組み合わせによる運用も引っ越してきたのが去年の8月からおよそ1年が経つ。定期的にベランダの温度と湿度を計っていてそれを継続することができた。ベランダの植物にも水をやっている。ベランダはあまり広くないので、今ある植物の鉢と種類はそのままに、なるべく手間が掛からないような組み合わせにしていきたい。多肉植物とオリーブの木が比較的水やりが少なくて済んでいるが、それでも毎日水をやる習慣が馴染んでいる。育てやすい品種を選んでいたつもりだったが、ベランダの気候に応じて育つペースが変わってきて、どれが合っているかは植えてみないと分からない性質もあった。

JAVAのプログラムではファイルとフォルダの操作を行った。テキストファイルを新たに作ってその中に文字列のデータを入れたり、テキストファイルにある文字列を読み取って行番号を追加したりした。参考書ではファイルパスがCドライブから始まる絶対パスに指定してあったが、プロジェクトファイルを起点にした相対パスにもできるようだ。どちらかというと記述が柔軟な後者のほうが使いやすかった。ファイルの場所はプロジェクトファイルと同じにしてあるが、場所は特に指定はないようだ。また、セーブデータのようにオブジェクトのデータをあるファイルに保存して、それを読み込むことで保存したオブジェクトを再現するというプログラムも試して見た。FileOutputStreamでデータを保存して、ObjectInputStreamでデータを読み取って再現する。保存されたデータのファイルをメモ帳で開いても、法則性は読み取れなかった。とはいえデータの受け渡しの仕組みを学ぶことができた。データのやり取りがエディタ内だけでなく、実際のファイルで再現されると、プログラムが具体的になってくる。テキストファイルへの書き込みはPHPのプログラムでwebサーバーにアップロードされたサーバーのフォルダの中でファイルの読み書きを行ったことがあった。JAVAの場合はそれが、パソコンのローカル環境の中のフォルダになっている。ともかくパソコンのソフトウェアのプログラムの仕組みを知ることで、今あるリソースでできることを見つけていこうと思う。またテキストファイルの中の行を一列ずつ読み込むプログラムなどもなにかに応用できればと考えている。

続きを読む ファイルの読み書きと実生活