動画の工夫と必要なスペック

雨が度々降っている、今朝も雨が降り、そのときは涼しくなった。かといって一日中降っているわけでもなく、雨が止んだ時を見計らって外に出歩くこともできた。気温は高くても30度くらいで、比較的涼しいと感じたときは26度くらいだった。いまのところ、扇風機だけで過ごしているが、夜になるとすこし蒸し暑くなる。かといって朝には涼しくなるので、冷房を付けたものかどうか微妙なところだった。

休日には、aviUtlを動画編集ソフトの代わりにできるかどうか試していた。文字のアンチエイリアスは優れていて、テキストの中央揃えはプラグインにて行うことになった。クロマキー合成では、filmoraより優れた透明度を持っており、タイムラインやインターフェースが朴訥という点を除けば、動画編集ソフトとしては効果的なツールになる。インストールした後も、プラグインを含めてもひとつのフォルダのなかに収まり、ストレージを圧迫しなくて済む。また音声のフェードインとフェードアウトによって、異なる雰囲気や場面のBGMを繋げても違和感がなくなった。テキストにフェードインを掛ける場合は、中間点を付けて、透明度を直線移動によって段階的に変える必要がある、テキストに動きを持たせるのはどちらかというとflashのaction sciptに近いが、当面のところ必要そうな部分では、テキストのフェードインとフェードアウトくらいだった。通常のフェードインとフェードアウトをセットで追加しようとすると、中間点が2つ必要になり、透明度の直線移動が動いている部分と、止まってテキストをハッキリと表示させる部分に分ける必要があった。これにはコツが必要なようだ。aviUtlでテキストのフェードインとフェードアウトでキーワード検索をしても見つからなかった。音声のフェードインのように前後の秒数を追加すれば反映されるものとは性質が異なるようだ。

また、H264出力でのmp4エンコードのプラグインが動作している方が、パソコンへの負担が少なく、5分以上の長い動画でも書き出せる。動画の前後のフレームをカットして、必要な部分だけを取り出すような、シンプルな編集もaviUtlでできれば試して見たい。既存の動画編集ソフトがインターフェースは整っているものの、動作がどれも重たく、動作が不安定なので、限られたスペックでも動作するaviUtlの重要性が高まっているようだ。

続きを読む 動画の工夫と必要なスペック

RTXの新規ワールド

プリンターをしばらく使っておらずホコリが積もっていたので、埃の部分だけ掃除した。布団は秋冬用にクリーニングを予約した、布団袋が届くまで布団は部屋に置いている。今日は朝と昼に雨が降った、雨が降っているときはレインコートがあったので涼しかったが、すこし昨晩からすこし蒸し暑いようだ。医者で採血があるので、どういうわけかそわそわと緊張していたり、気がかりだったりした。朝起きるのがすこし遅かったので、午前の診療は片方しかできなかった、採血は午前にあったが不思議とチクリともせず、看護師の腕が良かったようで負担が少なくて済んだ。もう一つのアトピー性皮膚炎の方は自分の手足にイボが少し残っていることもあり、なるべく常備薬を切らさないで置きたかった。どちらも三週間に一回の診療だけれど、2つ重なったので休日の内に検診しておきたかった、実際のところは午前9時半から10時くらいに足を運んでいれば、どちらも午前中に済ませられたかもしれない。ともかくその日のうちにどちらも通えてよかったと思う。帰りには雨が降ってきたもの自転車のカゴにレインコートを入れておいたので対応できた。

続きを読む RTXの新規ワールド

グラフィックボードの増設

グラフィックボードを増設することで、ファイナルファンタジー15のベンチマークが、1000未満の動作困難な状態から、6880の快適にまで向上した。付けた意義はあることを示している。MINECRAFTのベータ版のRTXでは、NVIDIA用のゲームドライバーというソフトウェアが必要という条件をレビュー記事でよんで、インストールすると真っ暗だった景色がレイトレーシングされて、ネオンの光や水に景色が映りこむ様子が再現された。松明の光もまるでLEDフィラメントのような温かみがある光源になった。星空の動きはデフォルトでは太陽や月と同じように周回する。JAVA版のOptifineでもBSLシェーダーによって星空の動きが再現された。またついこないだに公式からネザーワールドのマップを追加した1.16版がリリースされたので、現行の1.15は一つバージョンが遅れている。とはいえ、シェーダーパックが使えるOptifineがまだ1.15のために、しばらく1.15は実質的な最新版にはなると予想される。

続きを読む グラフィックボードの増設