生活の中のオアシス

学生の時に中国に旅行に行ってとても新鮮だった。海外にはあまり行ったことがないけれど、なんだか元気をもらったような気がする。中国には売店があまりなく、本屋も屋台になっていた。飲料水は煮沸されたもので、熱かった。それでも生活に必要なことを身振り手振りで補って、日本が便利で恵まれていることに有り難みができた。
両親はよく旅行にゆく、父は読書量が多い分だけ、美しいものに関心が深い。クロアチアのドブロブニクでは、ドラゴンに似たトカゲや中世さながらの美しい町並みを見ることができたようだ。Amazonビデオで、ゲームオブスローンのドラマを見たくなり、そこで男性のチェロ奏者がクロアチアで演奏している様子が、その手の教養がある人にはとても関心があったようだった。僕はゲームオブスローンはイギリスとケルトや北欧の文化が織りなす、ファンタジーのように見えた。日本でも柳田国男による遠野物語などが、ニコニコ動画にもアップされている東方シリーズの背景になることがある。文化と言ってもとらえどころがないけれど、確かにそこにはあるかもしれない。よく、忙しい経営者は、そこまで忙しくないユーザーの気持ちがわからないというけれど、それも多少のねじれがあるかもしれない。とても忙しくなる状況と、そこから返ってその逆のニーズにアプローチできる視野の広さが垣間見える。
僕はRPGゲームから中世の町並みを見て、図書館やCMの合間にある世界の紀行番組に印象深い思いを持った。実際に取材班がカメラを用意して映像と音楽を合わせるものと、実際にその国や地域に赴くことは大きく異なるかもしれない。僕自身、そこまで視力も構図にも自信がない。例えばメカニックに詳しいことや、背が平均より15cmくらい高く、少年少女の表情を立体的に描くことができると言った取り柄がない。実際にコミケに行って見てもコスプレイヤーに圧倒させられることが多く、この分野では一眼レフカメラも持っていないので、あまりいい写真が取れそうになかった。それでも、とりあえずなんの予告なしにシャッターを押すのはなんだか気が引ける。プロのカメラマンは相手の笑顔やリラックスした表情を引き出すことに長けているという。一つそれに倣って見ようと思った。

家族では色々なところに旅行に行ったり、お盆には名古屋に車で揺られて旅行に行ったものの、なぜ千葉県に住むことになったかはあまり明らかにされていない。千葉県でも湾岸地区は、1980年代から町の様子が東京ほど都会ではないものの色々と変化があり、その時の様子を動画に収めているものを見ているだけでも懐かしい気分にさせられる。中でも歌川広重が浮世絵に残した堀江猫実の浮世絵は、かつてこの辺りが漁村だったことを想起させられる。現代では、通勤や通学の際に、江戸川を渡る必要があって、そこから都市部と郊外の雰囲気の変化が見られる。湾岸地域は江戸時代の頃は水が綺麗だったという。九段下あたりのお堀にも蓮の葉がゆらゆらと群生している。それに比べると港湾地区はそこまで綺麗ではなかったが、船橋では穴子が取れたり、海苔を作ったりもして、かつて漁業から工業やサービス業に移行した流れから、揺り戻しがあるのかもしれない。上流の吉祥寺公園では池の水を抜く「かいぼり」が近年定期的に行われ、東京の水質が目立って改善されてきた。それに比べると千葉はのどかではあるものの、そこまで洗練されてはいなかった。新宿では落合浄水場の水質改善によって中野から高田馬場まで、コンクリートでありながら水が透明になっている。目に見えるけれど、それが当たり前のようで、実はとても珍しいことに気づかされる。
トイレ一つとっても、自宅のトイレがTOTOになっただけで衛生面が一段と向上する、掃除も楽になる、最近行なっていることはおしっこを立たないて座ってしぶきを立てないことを習慣にするようになった。インテリアのショールームに行って水回りのトレンドの傾向を見ているとなんだか和む。ユニットバスにタンクの便座が設置できれば、狭いスペースを有効に使えて便利そうだけれど、設置費用がかさむ。それでも、ボウル上の容器と水道を合わせた仕組みは、どこでも画期的だと思われた。かつて予備校でデュシャンの泉というアートの作品から、発想の転換がもたらす影響について、聞いたことがあったけれど、以外とトイレには難儀していた。僕が便秘になることもあり、またなぜか閉じこもりたくなるときなどにはどうにも縮こまってしまう。かつては日比谷図書館や荻窪の下宿先は和式の共同トイレだった頃に比べると、足が疲れずに済んでいる。理想と現実はあれど、掃除は確実に綺麗にしてくれる。日本は多湿のために水が淀みやすい気候がある。それでも共同生活をする上で、どのような工夫が有効かを色々な視点で考えようと思った。僕自身あまり、衛性に気がつかないところがあって相手に迷惑がられているところがあるけれど、できるならちょっとしたことでも小綺麗にできればそれに越したことは無いように思われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です